忠誠のファン

最近、北川景子さんがファンから質問に答えて、「女性ファンについてどう思われますか?」という質問があった。(投稿の下の方にある。)

北川さんがファンの中で国籍さえ問わないことはもちろん大変ありがたいが、ちょっと気になった点もあった。それは、男性ファンの心変わりがあることを述べたことだ。私など、北川さんのデビュからずっとファンであるのではないか。心変わりはないだろう。それは、多分若い男性の特徴だろう。本物の彼女ができたらファンではなくなるかもしれない。私は、そう言うことに疎い。

そう言えば、北川さんが年齢を問わないことも有難いだろうなぁ。

仮住民票記載事項通知書

昨日区役所から仮住民票記載事項通知書が届いた。それは、紙一枚に7月から持つ住民票に記載される情報だ。

今まで日本に在留する外国人には住民票はなかった。その代わりに外国人登録証明書という証明書があった。しかし、前にも投稿した通り、今年から制度が変わることになった。法務省から在留カードをもらって、そして日常生活のために日本人市民と同じように住民票を持つ。7月9日に住民票が作成されるので、住民カードももらえるはずだ。この改正法によってのメリットは、日本人と同じような証明書を出せるようになるので、手続きがもう少し簡潔になるかな。参政権などが伴うわけはないが、少なくとも住民税を収める義務の報いとして住民票がある。

在留カードの交感は具体的にどうなるかよく分からないが、法務省から発送されるかな。

ところで、通知書をゆり子に見せたら「えっ、帰化することになった?」と驚いて言った。ただ法律の改正だと説明したら、代表者会議のお陰でか訊かれた。私たちにはそれほど影響力はないけれども。

久しぶりの森林公園

真由喜が公園でピクニックを食べている。昨日真由喜の幼稚園はお休みだった。運動会の振替休園だった。それに、ゆり子には仕事があったので、私が一日中真由喜の面倒を見ることになった。一日家で過ごすことは私にも真由喜にも良くないし、天気はよかったので久しぶりに森林公園に行くことにした。実は、それは真由喜の提案だった。真由喜は、自分の自転車に乗って公園まで行くと言ったので、そうした。折角の自転車だから、使わないともったいない。

だから、必要な物を集めて、途中でコンビニでおにぎりなどを買うことも決めて、出発した。真由喜が自転車に慣れてきたので、公園まで問題はなかった。おにぎり、お茶、お菓子のお昼を買ってから公園に着いたので、日陰にレジャーシートを引いて食べた。それから、ボールでサッカー練習した。私のプレーは下手だったが、その度に真由喜が「もっと練習は必要!」と言ったり、「ダディーはずっと負けだね」とも言ったりした。

もちろん、森林公園に言ったら、自動販売機のアイスを食べなければならない。今日、真由喜が食べたがった味は売り切れだったが、文句を言わず潔く別な味を選んだ。そして、私がアイスを選んだら、私のほうが美味しそうと思ったようだから、交換させた。結局楽しく食べられた。

森林公園には遊具がある子供広場もあるので、そこで真由喜が遊びたがった。ブランコで興奮しながら楽しんだし、滑り台でも遊んだが、ほかの子はいなかったので自由にできた。

ほかの子はいなかった理由の一つは、近づいた雷だったはずだ。公園を出たが、途中で大雨に襲われ、雨宿りした。幸い、雨は長くなかったので、濡れずに帰れた。

ほのぼのの一日だったが、このような日を真由喜と一緒に過ごすのは久しぶりだったので、本当によかった。

審議の始まり

昨日川崎市外国人市民代表者会議が開催された。今期の運営の基本の形を決めたが、かなり時間がかかったし、結局前の第8期とほぼ同じだった。それに、第7期も第6期も代表者会議の始まりまで遡ってずっと同じだったそうだ。

これは基本的な問題だ。代表者会議の運営は毎回代表者によって決められる。これはいいことだ。私たちが自主で、事務局などに牛耳られるべきではない。ただし、毎回代表者の半分ぐらいは初めてなので、毎回ゼロから始まらないといけない。そして、審議の時間は本当に限られている。16回あると言っても、2回はもう終わったし、最後の4回ぐらいは低減のまとめに費やされるので、もう10回しかないと言うべきだろう。今日思ったのは、最初から「今までこの形でやってきたが、理由はこうだ。特に変えたほうがいいところがあれば、言ってください。」と言ったら、より早く済むかもしれない。重要なのは、審議するテーマを自由に選ぶことだ。今までの運営の形にちょっと強いられても差し支えないし、審議の時間を増やすので、審議の自由も増す。

それに、今までの形は、実にいい形であるからこそ続いてきた。現実を考えたら、よりいい形はないかもしれない。小さな変更をしながら進めばいいと私は思ってきた。

一方、活発な議論があったことはいいことだ。次回からの審議を楽しみにする。

ところで、委員長にならなかったからまたニューズレター実行委員会に参加した。敬虔を活かせる役割だから、貢献できる実行委員会だと思う。