神社検定参級

先日、私の神社検定の結果通知書が届いた。合格した。得点は、100点満点で98点だった。『神社の基礎』という部分で満点だったが、『神話の基礎』で2点を落とした。それは、やはり、島根県の神社の祭りの名称だと思う。

通知書によると、最高点は100点だったので、金メダルを逃したようだ。でも、木曽檜作りの絵馬型認定証をもらったので、嬉しい。

受検者は5556人だったそうだが、認定者は4606人だった。平均得点は80.8だったそうだから、やはり興味がある人であれば難しい試験ではなかった。だが、それは検定の導入編の役割だ。興味で成功できて、そして難しくなる。来年弐級が開催されるそうだが、テーマは『神社と遷宮』だそうだ。できれば弐級も受検したいと思う。