カリフォルニアの真由喜

真由喜が車に座って、サングラスをした行く前から真由喜がカリフォルニアへ行くことを大に楽しみにしていた。到着すれば、楽しみが無くならなかった。カリフォルニアの生活やスタイルには、私が着くまでに溶け込んだ。食べ物が日本と大きく変わらなかったが、いつものように楽しく食べた。

真由喜がちゃんと英語を喋るかどうかはもちろん一番関心になった点だった。幸い、問題はなかった。大人と英語を話すことはまだ少なかったが、短い会話ができた。他の子供や飼い犬の場合は、英語で沢山喋った。理解には問題は一切なかったので、私も心配する必要は全くないのを確認できた。ゆり子もちょっと安心したようだ。

父の家の裏庭には温水プールがあるので、真由喜がプールでよく遊んだ。大きな出来事は、何も掴まずに泳ぐようになった。もちろん、まだ沈まないような物を着ているが、水の恐怖が無くなっているので、これから何もなくて泳げるようになるまで、時間と練習しか必要ではない。私とゆり子が二人でお出かけしていた間に、父がプールで真由喜を水泳に導いた。先ず、父の手を掴みながらプールの縁に近く泳いだ。そして、プールの掃除の為の道具に掴んで、プールの真ん中に行った。そこで、道具を一秒放して、また掴んだ。それから二秒。十秒をしたら、また掴まなかった。

真由喜がプールの中で泳いでいる私とゆり子が帰ったら、真由喜が駆け込んで、「見せたいことがある!」と言って、プールまで連れて行った。私たちの目の前でプールに入って、一人で真ん中に向かった。「泳げるようになった!」と。

面白いことに、真由喜の同い年の従弟が今までそう言うことを怖がったそうだが、翌日泳いでいる真由喜を見たら、即座プルの真ん中に飛び込んで、一緒に泳いだり遊んだりした。やはり従姉に負けない意志は強い。

アメリカは楽しかったが、帰国になったら、真由喜が惜しまなかった。なぜなら、「日本には友達は沢山いる。アメリカには従兄弟達だけだ」からだそうだ。それも可愛かった。

『マイ・ベスト教材〜「英文解釈力」を磨く』

大修館書店が出版する『英語教育』という英語の教師向けの雑誌の9月号には、私の書いた記事が載っている。タイトルは『マイ・ベスト教材〜「英文解釈力」を磨く』。詳しい内容は、雑誌で是非見てほしいが、言葉や文法だけではなく、英文の本当に意味まで至る為の教材を紹介する。私の見本が昨日届いた。

この記事は私にとってのビッグ・イベントだ。なぜなら、英語のバージョンは存在しないからだ。最初から日本語で原稿を書いて提出して、そして雑誌に載せてもらって、原稿料もいただく。初日本語出版だ。もちろん、私の日本語をそのまま雑誌に載せるわけはないが、編集作業はそれほど大変ではなかったようだ。つまり、日本語で出版のために編集者が磨く日本語を執筆できるようになった。本当に嬉しい。

実は、この記事も薬袋さんという人のご紹介のお蔭だ。薬袋さんが修正役も務めてくれたので、この場を借りて謝意を申し上げます。(というと、この場は私の場だから、借りる必要などないけれども。)

初の英語の出版を見たのは、もう20年前のことだが、この日本語を見る気持ちはほぼ同じだ。本当に嬉しい。

旅の疲れ

今日疲れた。驚くほどではないだろう。ベッドに入ったのは、12時過ぎたし、時差ボケのお蔭で5時前に起きてしまった。そして、出勤した。早めに帰ったが、荷物の整理も待っていた。だから、やっとこれから寝る。ゆり子も眠かったが、真由喜が一人で遊んだりしてくれた。真由喜の成長をこの度実感した。飛行機の中でも、帰ってからも、私たちにいつも甘えるわけはなかった。もちろん、まだ甘えるが、用事があれば、用事ができるように気をつけてくれる。自立だが、私との遊びも多くしたい。複雑な気持ちだね。

この投稿の内容は特に整理されていないような気がするので、今日はここまで。