TRPGの基本

TRPGという遊びは、基本的に現実と違う事物と設定を想定して、その想定した環境の中の人物を演じる遊びだ。「人物」と書いたが、演じる存在は人間ではない場合は少なくない。魔法や怪物がある世界が舞台になることは多いし、未来の著しく発展した技術のなかで演じることも多い。普段は、二人から8人ぐらいが集まって、想像力を駆使して、協力しながら架空な世界の中の物語を創る。作る物語には共通点は基本的にない。事実上、戦いの物語は多いけれども、日本製のTRPGにはその傾向は欧米のTRPGほど強くないようだ。なんと言っても、この傾向は偶然な歴史から発生した現象で、TRPGと必然的な関係はない。

五、六人ぐらいで物語を創る為に、想像力以外何も必要ではない。しかし、TRPGの本を出版して、生活費を賄う人もいる。(少ないけれども。私はそうではない。)一体何を出版するのだろう。

想像力のみで物語を創ることは、簡単ではない。だから、出版物でその遊ぶをサポートする内容が入っている。この内容を大別したら、二つの種類がある。

一つはルールだ。ルールというのは、架空の世界の中で演じられる存在が何かの行動を行ったら、その結果が発生するかを決定する方法だ。よくある例として、演じる存在が架空の世界の中のもう一つの存在と戦ったら、どうなるかを決めるルールだ。このようなルールはない既存のTRPGは極めて少ないのだ。しかし、自分を隠そうとすれば、演じられる存在が本当に見えなくなるかとか、相手を納得させようとすればどうなるかなどのルールもある。

ある行動の種類のためにルールがあれば、演じる人がそのような行動を良く選ぶ。そのような行動をとる為にどうすればいいかは明らかだし、結果を決める方法もはっきりされているので、無難な選択肢だ。だから、何についてルールがあるかがゲームの雰囲気を大きく左右する。

それだけではない。ルールの形にも影響力がある。よくある形は演じられる存在を描写する数値を計算して、そしてサイコロの結果とあわせて結果を決めることだ。このようなルールがあれば、どうなるかはいつも不明だ。確率を予想できるが、失敗する可能性は極めて低くても、失敗する場合もある。しかし、これは唯一のルールの形であるわけはない。例えば、カルタを持って、そのカルタの中から一つを選んで結果を決めるルールもある。このようなルールで、成功になるかならないかを決められる場合は多いが、重要なピンチにいいカルタを使うべきなので、戦略を考えることは多い。もう一つの形を紹介する。それは、演じる存在が失敗すれば、その時点の後の行動に有利になるルールの何かを得る形だ。つまり、物語の前半に失敗を重ねたら、後半で逆転できるようになる。

出版物の内容はルールだけではない。架空の世界の描写もある。その世界を描写すれば、やりたい行動がすぐに思い浮かぶ。だから、架空の世界の詳細もゲームの雰囲気を大きく左右する。殆どのTRPGの世界は地獄に近い。なぜなら、地獄のような世界で、何をしたらいい物語ができるかは明らかだからだ。身近な例として、日本が占領軍で支配されたら、自由を取り戻すために戦ったらいいのは、分かりやすい。同じように、日本が残虐な独裁者の下で苦しんだら、独裁者を倒して自由を取り戻したらいい。戦いがTRPGの中心になったら、戦うべき相手を描写することも当然多い。だから、描写された世界を読めば、誤解する虞れがある。ゲームの目的は、演じられる存在がこの暗い状況を克服することだ。出版物には克服する存在はない理由は、ゲームを遊ぶ人がその存在を創造するからだ。

これから、TRPGについての投稿をアップするので、この説明に基づいて私の意見を紹介する。

教える力

今日書きたいことは、前にも書いたと思うが、今週特に感じた現象だから、また投稿にしたいと思う。

今週、最初から大変疲れた。月曜日から火曜日への準徹夜のせいで出勤する前にはもう疲れたし、火曜日には150分の講義は二つあったし、水曜日には一つ、昨日も夜九時までの一つ、そして今日4時間のレッスンがあった。それでより疲れてきたのは当然だ。

しかし、教え始めたら、どこかから力が湧いてくる。教えているときに疲れは殆ど感じない。授業が終わったら、感じるけれども。だから、今感じる。授業の間に休まなければならないが、今週末ちょっと休めると思うので、来週の為の力を蓄えよう。

冷たいか

最近、私のメールはストレートで、ちょっと冷たい感じだあると言われた。レトリックはないとか、メールの主旨以外の内容もはいなどということだ。本当にそうだろう。不要な内容を書いたら、ただ相手が言いたいことを読みそびれる虞れを加えるからだ。そして、余りにも間接的に主旨に近づけようとすれば、分かってもらわない虞れもある。

何だろう。メールは、コミュニケーションの道具だから、装飾を加えないかな。でも、コミュニケーションの一部は相手に辛い思いをさせないことだから、ちょっと考えなければならない。メールを書くための時間も問題になるけれども。

地震研究は犯罪か

昨日、イタリアで科学者6人に有罪判決は言い渡された。禁錮6年のことだ。罪は、数年前のイタリアで、行政の顧問の委員会の科学者が発表で「今、特に大地震を予想する根拠はない」との結論を抱いたことだ。六日後、地震で数百人が亡くなった。

この判決は許し難い。先ず、せい先として愚かな判断だ。イタリアの顧問になった科学者がもう辞任した。行政の相談に応じたら、起訴され、禁固数年の罰に当たる可能性は高いので、応じないのは当然だ。もちろん、それが国益を損なう。科学者のアドバイスはないと、間違った政策を取ることがさらに多くなる。

そして、主な理由は正義に大きく違反することだ。裁判官を更迭して起訴するほどだ。検察側は、疑わしいだろうが、検察側の責務は起訴された人を追究することだから、許すしかないだろう。しかし、裁判官には言い訳はない。発表を纏めた時点で、情報や科学的な知識の上で妥当な判断だった。妥当な判断を発表するのが罪になったら、もう社会はだめだ。それに、科学者の結論で「地震の可能性はまだあるが、この現象があるからといって特に高い確率になったとは言えない」のような内容があったそうだ。地震が起きたが、それは科学者が言った通りだ。科学者が基本的に責務を果たした。罰するべきではない。

罰するべきなのは、アクイラという町で耐震性のない建物を建てた建設業者などだ。この判決は、悲劇があれば、犠牲者をさらに創らなければならない人間の狂った精神から発生したに違いない。悲劇な誰かのせいにしないと、人は落ち着けないようだ。しかし、事実は違う場合は少なくない。それに、犠牲にしようとする人は間違っている場合も少なくない。東日本大震災の場合でも、東電を迫るが、例えば津波に晒された土地に住宅を建てた建設業者に対する一切批判はないようだ。少なくとも、私は聞いたことはない。東電にはこのような津波に配慮する義務があれば、建設業者にも当然ある。一つの獲物が足りるようだから、イタリアで科学者、日本で東電が焦点となった。これも、正義にあわないと思う。

しかし、日本の場合、東電には責任があったのは事実だ。東電だけではなかったが、迫られた組織は無罪ではない。イタリアは違う。無罪な人が犠牲になったので、許せない。