在留カード

今日、川崎市の入国管理局の出張所に行って、外国人登録証明書から在留カードへの切り替え手続きを行った。

外国人登録証明書の有効期限はもうすぐだが、それは切り替え時期と無関係である可能性は強い。外国人代表者会議の事務局の方が入国管理局に問い合わせたら、そう言われたそうだ。一方、代表者の一人が問い合わせたら、外国人登録証明書の有効期限の前に手続きを済ませなければならないと言われたそうだ。だから、今のところ事実は不明だ。代表者会議の事務局に再確認を依頼したので、確実な答えが得る筈だが、いつでもできるし、今足りる余裕があったので、念のために済ませた。

自分で入国管理局に行かなければならないし、規則に則る写真も持参するように書いてあるが、手数料はない。それに、入国管理局にいた時間は僅か30分だった。それは、在留カードの再発行を含む時間だ。なぜ再発行になったかというと、住所の表記がちょっと外国人登録証明書と違ったからだ。(在留カードでマンション名が省略された。)住所の表記が証明書と完全に一致しないとだめになる経験があるので、この前に登録した住所が証明書と違って来ないように指摘した。問題にならなかった。さらに、外国人登録証明書を返してもらった。穴が開けられたので、無効になったのは明らかだが、記録として保管する。

いつもの通り、入国管理局での経験はよかった。効率的に、丁寧に手続きを行って、すぐに出られた。そして手数料はなかった。それは素晴らしい。前にも述べたが、日本の入国管理制度は正規滞在者に対して優しい。基準はアメリカなどより厳しいと言えようが、基準を満たしたら協力的に扱われる。アメリカやカナダへ移住した家族の体験談を聞いたら、日本のお持て成し心というか、思い遣りというか、素晴らしい。

ところで、永住者ではない外国人は、滞在資格の更新と一緒に切り替え手続きを行うことになるので、特別に入国管理局に行く必要はない。永住者であれば、最終的な締め切りは2015年7月8日だ。(16歳以下の方は、16歳の誕生日だ。)今でもできるので、入国管理局が混雑する12月、3月4月、そして9月10月の時期を避けて行ったほうがいいと思う。2015年7月に大変混み合うと見込めるからだ。

皇室制度と 「皇室の伝統を守る国民の会」

昨日、皇室の伝統を守る国民の会が私の家族を奇妙としたことについて書いたが、今日またその見解についてちょっと述べたいことがある。

先ず最初に、皇室の伝統を守ること自体に賛同する。伝統は重要だし、世襲する皇室を維持する理由は伝統以外何もないので、伝統を守らないと廃止してもいい。しかし、見解の論点には重要な欠陥があると思う。

第三点で、女性宮家が憲法違反になる可能性を指摘する。その根拠は、法律での平等を保障する14条が華族や貴族制度を禁じることだ。皇室は、皇位継承と関わるので例外とされている。しかし、見解によると、女性宮家は皇位継承と関係はないので、例外に該当しない。従って、憲法違反になるという。

確かにその可能性もある。最高裁判所が決めることだが、法律上の可能性に見える。しかし、現在の未婚の皇族の女性も全く同じ状態だ。今の皇室典範で、女性の皇族は皇位継承と全く無関係だ。子供にも継がないが、自分も皇位に就くことはないからだ。婚姻で皇位継承との関係がちっとも変わらない。だから、女性宮家は憲法違反であれば、現在の女性の皇族も憲法違反だ。しかし、最高裁判所がまだ廃止を命じていないので、憲法違反ではない可能性はかなり高い。だから、この「問題」が問題にならないと思ってもいい。少なくとも、現行の制度に何も問題を加えない。

そして、第四点で、女性宮家の配偶者が皇族になったら、史上初めて一般国民の男性が皇族になることになるので、伝統を守らないと訴える。これは確かにそうだろう。少なくとも、私も前例を聞いたことはない。でも、第七点で「旧皇族」の「復帰」を推薦する。旧皇族というのは、戦後一般国民にされた宮家のことだ。つまり、もう65年前に一般国民になった。当時皇族だった人がまだ生きていると思えるが、皇位継承にはならない。皇太子より年上だし、久仁親王殿下より60以上年上だし。つまり、この「復帰」は、一般国民として生まれた、さらに一般国民の子として生まれた人を皇族にして、皇位に就かせることだ。これは前例のないことだ。宇多天皇は確かに皇族から一時離れてから皇位に就いたが、皇族として、それに天皇の子として生まれたので、本当の意味で復帰した。女性宮家の配偶者が皇族になる案に反対するために皇室の伝統を守る国民の会が「馴染みのない一般国民の男性が急に皇族に入るのはよくない」と訴えるが、旧皇族の「復帰」はその通りだ。

つまり、女系の天皇の前例はない。同じように、一般国民として生まれた人が皇族になる前例もない。今の皇族の危機は、伝統を完全に守って避けることはできないだろう。もちろん、久仁親王殿下には男の子四人が生まれたら、問題が自然に解消されるが、それは将来のごとだ。今のところ、その危機を避けたかったら前例のない行為を冒すしかない。それで、男系か皇族か重視するのは、簡単に決められることではない。必要が本当に迫る前に皇室の伝統をぶっ壊さないほうがいいと私は思うので、旧皇族の復帰を先送りするべきだ。

今のところ、皇族の女性に、結婚しても皇族に残して、皇族の活動を立つだっていただいたほうがいいと思う。それに、配偶者や子供が皇族に入らないようにしたほうがいい。女系の皇族や女性の配偶者が皇族になる前例は確かにないからだ。

奇妙な家族?

皇室の伝統を守る国民の会によると、私の家族は奇妙だそうだ。

もちろん、どこかで「チャートの家族は奇妙だ」と述べたわけはない。私の存在さえ分かるはずはないし。しかし、「政府が発表した「皇室制度に関する有識者ヒアリングを踏まえた論点整理」に関する見解」の中で、そういうことを意味する内容が明記される。(その見解の全文は、10月29日の『神社新報』に記載された。)

問題は、今の皇室典範で皇族の女性が結婚したら、皇族から離脱することだ。周知の通り、現在の皇族の若い世代の大半は女性だ。今は見込んだが、もうすぐ婚姻なさる年齢になっています。だから、皇族の人数が近い将来に激減する恐れは懸念される。そうなったら、皇族の役割を果たせなくなる恐れがあるので、制度の改善を考えている。今のところ、皇位継承の制度の改革を考えていないそうだ。なずなら、久仁親王殿下がお生まれになったので、取り敢えず現存の制度で数十年間の継承が見込まれるからだ。しかし、十数年以内皇族が3人になる可能性に直面している。

政府の案の一つは、皇族の女性が結婚しても、皇族のままで残って、皇族の活動に参加することだ。その場合、女性の配偶者や子供が皇族になるか、ならないかと選択肢がある。皇族になれば、前例のない一般の男性が皇族になる現象が現れる。皇室の伝統を守る国民の会はもちろんこれに強く反対する。では、もう一つの選択肢は、配偶者と子供が皇族にならないことだ。それはどうだろう。

皇室の伝統を守る国民の会によると

夫婦や親子の間で「姓」も「戸籍」も「家計費」も異なる奇妙な家族になってしまう

そうか。

私とゆり子の姓は、正式に異なっている。私の姓は「Chart」で、ゆり子の姓は「チャート」だ。発音も異なりますし、表記は明らかに異なる。なるべく同一にしようとしたので、私が姓を片仮名で表記すれば「チャート」と書くし、ゆり子の旅券でのローマ字表記も「Chart」だが、厳密に言えば異なる。

そして、私とゆり子と真由喜の戸籍も異なる。私には戸籍はない。外国人には戸籍はないからだ。戸籍上、私が存在しない。

家計費といえば、私の仕事とゆり子の仕事が異なるし、真由喜の子供手当もあるので、異なると言える。しかし、姓と戸籍は重要な点だろう。

だから、私の体験を踏まえて言えば、姓と戸籍が異なっても、家族が奇妙になることはない。

従って、皇室の伝統を守る国民の会の見解のこのところは、失礼である上、説得力は全くないと思わざるを得ない。

真由喜の写真

友人のその江さんが最近真由喜の写真をブログにアップしてくれた。先月末のゆり子と真由喜のプチ旅行で撮ってくれた写真だが、とても可愛いと私は思う。当然だろう。

先日、幼い息子さんがいる生徒さんと話して、生徒さんが最近高級カメラと買った話になった。その目的は、いい写真を撮ることだったのはいうまでもないだろう。家の戦略は、素晴らしいカメラはおろか、優れた腕も持つ友人に委ねることだ。私が数十万円のカメラを買っても、それほどの写真が撮れるわけはないしさ。いい戦略だろう。いつもありがとう、その江さん。

ただし、真由喜はもう5歳だよ。