年金保険料完納

やっと平成15年度後半と16年度前半の年金保険料を納付できた。だから、未納期間が無くなった。最近導入された国民年金保険料の後納制度を使って、情報提供が不十分であった為に納められなかった分をやっと納付できた。9月に申請したし、納付書が先月中旬に届いたので、この部分が言われた通り進んだ。

この制度が存在する自体は、制度の情報提供は不十分だったことを証明する。切り替える必要があることが分からなかった人は多かったので、年金をもらわない恐れが発生したため導入されたそうだ。だから、この制度について、対象になれる人に皆お知らせを送付したそうだ。少なくとも、私にお知らせが届いた。(申請してから一ヶ月位が経った時点だったけれども。)これは、年金定期便と一緒に、有意義な措置だと思う。現代社会は正直に言えば複雑すぎるので、一般市民に行政制度の調べる義務を転嫁することはもうできない。行政が積極的に知らせようとしないと、問題が起これば、倫理的に責任は行政にある。幸い、私の日本での経験から見たら、そのことは分かっているようだ。手続きのミスがあっても、行政が妥当の結果に辿るように措置をとる。しかし、簡単な問題ではない。代表者会議でも審議する重要な点だ。

ところで、風邪が治りつつあるようだ。やはりピークは三日間だよね。

今日も

今日熱が出た。大変高くないが、37.9度だから、だるい。まだ仕事に行っていないが、今夜講義があるので、夜までできるように休養している。もうすぐベッドに戻ると思う。

今日は朔日で、日枝神社のお一日まいりに行きたかったが、やはり無理だった。風邪は本当にめんどくさいよね。もう少し休む。