2012年を振り返る

2012年には、私は数え年で42歳なった。つまり、厄年だった。一番大きな怖い厄年だった。

現在の一般的な解釈で、厄年で人生が崩れるではなく、大きな分岐点に遇うことだ。重要な一年間で、踏み間違えれば落ちるが、正しくすれば飛躍する時期だそうだ。男性がこの年齢になったら、そのような環境におかれることは多いので、特に驚くべきことではないと言われる。

そう考えたら、見事な厄年だった。

日本論理検定協会に勤め始めたのは、厳密に言えば2011年末だったが、本格的に生活に影響を及ぼしたのは今年だった。生活に大きな変化をもとらしたが、結果がすごくいいか、悪影響か、私の対応によって決められることだった。年末から顧みたら、最悪な結末を避けたのは明らかだが、計画はまだ一年しか経っていないので、最高の結果に咲くかどうかはまだ判断出来ない。しかし、今の状況はいい踏み台になっていると言えよう。この一年間で皆の努力でいい基盤を敷いたし、比喩を変えたら種をよく蒔いたので、来年の芽生えや稔りを待つことはできる。耕作と同様に、努力はまだ必要だし、天災にあったらもうおしまいだが、今年を惜しむ必要はない。

家族のことを考えれば、大きな変化はなかった。真由喜の成長はまだ順調だし。しかし、家族と元気に過ごせた時間は希望より遥かに少なかったので、反省しなければならない。今年、維持出来たと言えようが、推進したかった。例えば、真由喜の英語がちょっと進んだが、私がより積極的に接したら、より進むのではないかと思う。同じように、真由喜の日本舞踊のお稽古が続いてきたが、ゆり子の負担になったので、私が一部を担ったら、より円滑に行くのではないか。夫婦の時間は足りなかっただろうが、幼い子供がいる家庭にはそれはいつも難しい問題なのようだ。だから、今年は特に問題はなかったが、改善したい点は多い。

日本論理検定協会以外の仕事は、ちょっと抑えられた。必要な水準を保持できたが、積極的に進めることはできなかった。11月に新環境の問題を一応解決できたと思うし、それ以来Ars Magicaの編集などがよく進むようになったので、これは来年の問題にならなさそうだ。Ars Magicaの本がほぼ予定通りに出版されたし、評判もよかったので、来年積極的に尽力すればいいと思う。

TRPG以外で、『英語教育』に載せていただいた記事は、初めて日本語で執筆して出版してもらう作品だった。意味のあることだと思いたいが、将来に活かせるかどうかは決め手だろう。

今年の旅行はよかった。一人で復興に微力を添えるために東北に行ってきたが、楽しかった。東北が好きになるだろう。家族でカリフォルニアと長野の旅したが、よかった。カリフォルニアで真由喜が英語を使ったし、また行きたいと言っている。貯めなきゃ。そして、長野で家族で楽しめた。その上、私が真由喜と二人で一泊の旅行も、私と真由喜には楽しかったし、ゆり子にはちょっと休憩を与えたので、来年もやりたいと思う。

厄年だったので、一概に「いい年だった」とは言えない。とはいえ、問題を克服したように感じるので、結果から考えれば、将来のいい土壌になったと思える。この時点で、落ち着いて振り返ることはできる。

自由と私有財産

私有財産が自由と深く関わるとは思わないだろうが、実は密接な関係だ。

人生の計画を自由に組んで実現するのは私が提唱する基本の自由だ。計画を実現するために、財産はいつも必要だ。持っている財産と計画を照り合わせて、もう少し集める必要があるかどうかも考えられる。しかし、他人が勝手にその財産を使ったり持ち運んだりすることはできれば、計画が何回も白紙に戻されてしまう。多くの計画には、独占できる財産は欠かせない基盤だ。

それに、人生の計画を変えるのは自由だ。後日にまた論じるが、いったん決めたら二度と変更出来ない計画は自由ではない。自由に計画を変更しても良かったら、自由に使える財産はないとだめだ。財産の使い道は制限されたら、計画も制限される。

つまり、他人には使えない、自由に使える財産は自由に必要不可欠だ。これは、私有財産だ。私有財産を認めない社会は、自由を認めない。

一方、社会の財産の配分はこのように決めることはできない。政府でも、勝手に財産を剥奪してはいけない。剥奪したら計画が白紙に戻るからだ。それでも、税金を禁じる原則ではない。税金は前に定まって公表されたら、収入を見込むときに計算出来る。前もって公告すれば、財産の一部を没収することもできるだろうが、割合は少なくないとだめだし、富裕層に限らなければならない措置だ。(財産に余裕があれば、小さな剥奪にあわせられるが、余裕はなかったら微量でも崩すからだ。)

そして、配分を考えたら、一人が財産の大半を独占したら、それが殆どの人の自由を厳しく抑圧するので、その状態を防ぐ措置をとるのは国家の責務だ。

詳細を決めるのは容易ではないと思うが、原則は次の通りだ。まず、私有財産の存在を認めなければならない。そして、私有財産は絶対的な権利ではない。人の自由を保つために配分に関与するのは、行政の役割だ。

真由喜の絵本

投稿したばかりだが、親ばかでまた真由喜のことを書く。

先に述べた通り、朝に予防注射を受けるように説得した。そして、待っている間に、真由喜が絵本を作った。この絵本の主人公はモコちゃんという女の子。お母さんに「予防注射に一人で行きなさい」と言われたら、泣きながら病院に向かった。(絵で泣いているモコちゃんがいた。)しかし、途中で思いついた。「注射を海に捨てたらいい!」。病院に行って、注射の針を集めて、そして海に行って捨てた。

という話だった。しかし、真由喜が追伸を加えた。翌日に幼稚園で「予防注射を受けた方がいい」と言われたので、また病院に行った、と。

これはアメリカで有名なモコちゃん(だそうだ)の2番という、明日1番を作るとニコニコ言いながら、真由喜が病院に向かった。

真由喜の健康

子育ての大変の一つの側面は、子供の健康維持だ。最近、話題になった。

まず、先からあった問題で、真由喜があまり食べない。朝ご飯でちょっとだけ食べて、お昼も晩ご飯も同じだ。今大好きなおやつはみかんだがら、一応体にいいものだが、より豊富な栄養を食べてほしい。もちろん、叫びながら「食べろ」というのは無効だから、戦略を考えなければならない。

そして、風邪で咳が続く。クリスマスの日の後の夜中に数回も吐いたが、軽い病状だったし、翌日はまた元気になった。でも、今日も咳があるし、昨日の夜ちょっとあった。幸い、吐かなかったし、夜中には目覚めなかったようだから、大きな病気ではなさそうだが、まだちょっと心配になる。風邪のせいでテレビを見ることも多いので、それも心配になる。

その上、日本脳炎の予防接種がまた必要になったので、今日受けるつもりだ。この前に説得するには三十分以上がかかった。5歳だから、痛いのは嫌だそうだし、痛くなることは否めないので、将来に病気にならないように必要だと必死に説明した。結局納得してくれたが、どのぐらい分かったかわからない。とりあえず、協力して注射を受けたらいい。

最後に、大人の歯が生え始めた。前の下の二本がもう現れた。子供の成長はすごいよね。

大きな問題はないが、親心が心配することはいつもある。それは子育てだよね。