自由と戸籍

イギリスで同性婚を認めることになった。(もう認められているように報道されたが、法律はまだ執行されていないようだ。)

私は賛成する。自由を重んじれば、賛成するしかない。しかし、ただ同性婚を認めるだけで問題を解決するわけはない。

結婚というのは、何だろう。二人の間、一番近い家族の関係を作成して、戸籍を同一することだ。家族の基盤を敷くことだ。多くの場合、これは男性と女性で、そして二人の間で子供を産んで家族を築く。それは伝統的の結婚のイメージだろう。しかし、家族はそれだけではない。家族を重んじてもよいが、形を自由にするべきだ。従って、何の二人でも、法律上の結婚を認めるべきだ。同性でも、血縁が近くても、会ったことはなくても、認めるべきだ。性的な関係を前提とするべきではないので、血縁関係を持つ二人が結婚すれば、それはただ家族のなかの関係を改善することにすぎないだろう。たとえば、祖父が孫を自分の当然な後見者や後継者にする方法として使ってもいい。

結婚と言うのは、二人の間に特別な相互権利を設けるので、法律の役割を考えたら、二人とも成人で、三人以上は認められない。子供には権利を担う能力はないし、三人以上が関われば関係に矛盾が生じるからだ。

しかし、三人以上の恋愛関係の上で家族を築く人もいる。それを認めなければならない。結婚は形としてできないので、別な形を認めてもよい。兄弟の関係は近いが、子供との関係に優先する関係は相応しい。この関係を持つ人はお互いに平等な立場にあるが、その相互関係が他の家族関係に優先する。(相続の場合など。)つまり、兄弟より近い。

そして、親子関係は、法律上後継の流れを決める措置にすぎない。特に、子供も成人になったら、養う義務がなくなるか逆転するかが、後継関係が残る。だから、これを自由に設けさせるべきだ。自分より年上の人を後継者として指定することは可能にするべきだ。

このようなことを認めたら、確かに今と著しく違う家族が現れるが、普通の家族は今のままだと思う。現行の制度は、過半数の人が望む形に沿って作成されたので、制度を緩和しても、過半数の希望が変わらない。子供を産んだら、親の子として当然認めてもよい。要するに、出生届だけで親の子供として認める。その関係を変えたかったら、手続きを義務にしても自由の制限ではない。法律上の効果がある事実は、法律上定めなければならない。しかし、届け出の制度で、許可を求める制度ではない。

離縁も自由にするべきだ。一人が縁から離脱したかったら、届け出でできるようにするべきだ。手続きには一ヶ月程度の時間を要してもよいが、認めなければならない。ただし、縁が切れても、責任が残ることもある。自分の行動の費用や損害を他人に課しては行けないが、それは絶縁の場合も変わらない。

つまり、法律上の家族関係を分析して、必要な関係を抽象的に定める。そして、人が自由にそのような関係を結んだり解けたりできるようにする。自由に家族を構築するために、国家の認可は必要だが、国家の関与は認めるべきではない。

真由喜と近所のスーパー

家に近いスーパーがあった。スーパーやまだと呼ばれ、チェーン店ではなく、地元のスーパーだった。ほぼ50年営業したそうだが、先日閉店になった。もちろん、私たちがこの周辺に引っ越してきたころ、もうあったし、真由喜が生まれて以来あった。真由喜と一緒に買い物に行ったことは多い。だから、閉店になると、なんか寂しい。

真由喜も寂しいそうだ。

「スーパーやまだがなくなると嫌だ。沢山買い物したし、沢山踊ったし」(そうだ。スーパーの中の鏡の前で踊ったことは多かった。)「学んだことも沢山あった。なくならないでほしい。」と言った。最近、新しい情報が入って、新しいスーパーが同じ場所で開店するそうだ。ゆり子によると、確実だそうだ。だから、便利なスーパーがまた現れる。ゆり子がそういうことを真由喜に伝えた。

「新しいスーパーができるので、よかったね。」

「私にとっていいじゃない。スーパーやまだじゃないと嫌だ。」と真由喜が半分泣きながら言い出した。忠実な子だね。

私は、寂しいけれども、新しいスーパーを楽しみにする。いいスーパーになったら、真由喜にも変化の結果はいい場合の体験になるので、よくなるように祈ってやまない。

必要になる人

この数日、ゆり子がインフルエンザにかかった。振り返ってみれば、火曜日の夕方から始まったが、しんどくなったのは水曜日の午後だった。今朝ほぼ回復したし、真由喜も元気なのようで、私が幼稚園に見送ったところ全然病気の気配はなかった。それでよかった。私は、風邪気味の程度でとどまった。

しかし、それでもちょっと恐い。なぜなら、ちょうど今延期もできない代行してもらえない仕事があるからだ。私が病気になったら、大変なことになる。

方針として、そのような状況をなるべき避ける。私の仕事には想像力や個人の見方が主役になることは多いので、代行してもらえないことは多い。別なプロジェクトを実現できるのは当然だが、企画されたプロジェクトは、私抜きに白紙に戻ることは少なくない。このような業界に働いたことのない人には自慢に聞こえるだろうが、ごく普通だ。中心的な人物になったら、必ずそうなる。一方、人生は波乱万丈だから、何かが起きるのは決まっている。管理する側として、スケジュールに余裕を設けて、入れ替えられる内容を考えておく。その二つの対策で、よほどの問題ではないかぎり済める。プロジェクトには変更があるが、外側に気づかないことは多い。

あいにく、今の状況はそうではない。他の急務で余裕がなくされたし、代行できる部分をもう代行してもらっている。代行で私が代行してもらえないところに集中できるようになったので、病気にならない限り問題を回避できたようだ。しかし、これからの2週間は勝負。3月中旬の病気は嫌なのだが、ただ休む。その前の病気は、本当に問題だ。頑張る。

自由と嫌な思い

自由の実現を考えれば、問題がすぐに思い浮かぶ。例えば、私に欲しいものを取る自由を与えたら、他の人のものを持つ自由がなくなる。私に暴力する自由を与えたら、他の人には怪我が発生する。このような行為を許すべきではないと思うのは当然だ。詳細にはかなりの検討は必要だが、ここで別な問題と取り組みたいので、二つの原則を提唱する。一つは、他の人の自由を縛る行動を抑制してもいい規則だ。もう一つは、自分の行動の費用や損害を無理矢理他人に課すことも許すべきではない。この二つで窃盗や暴力を禁じる根拠が出ると思うが、ここで詳しく説明しない。

ここで考えたいのは、周りの人に嫌な思いをさせる行動だ。結論から始まったら、このような行動を許すべきだと思う。いや、許さないと本当の自由を保っていないと思う。

理由を一つ挙げよう。宗教者の間に、別の宗教の教徒を見たら、嫌に思う人は少なくない。しかし、これで宗教を禁じるか、宗教的な行動をこっそりする義務を課すかは自由ではない。また、働いている女性を見ると、それとも自分の上司に黒人がいると嫌な思いを抱える人も少なくない。これを根拠として女性の働きを禁止したり、黒人の出世を禁止したりするわけにはいかない。

簡単な反応は、「いいことを許して、悪いことを禁じるべきだ」ということだが、自由を重視すれば、この答えはない。働く女性を嫌に思う人の苦しみが自由の束縛の理由にならなければ、働く女性が嫌に思う行動を禁ずる根拠もない。極端な例で強く言えば、軽蔑されない権利はない。揶揄されない権利はない。そして、自分の一番大事にする模範に違反して軽蔑する行動に晒されない権利もない。

軽蔑が脅迫に及べば、自由を束縛するので、抑制するべきだ。実際のケースで、軽蔑か脅迫かを決めることは簡単ではない場合も少なくないと思う。それに、いい人になるために、思いやりは必要だから、周りの人を嫌がらせないように行動するべきだ。相手の立場に強く反対しても、嫌がらせないほうがいい。しかし、これはマナーだ。マナーは権利や法律の範囲に入っていない。

だから、単に嫌であるから何かを抑制することは許すべきではない。反論してもいい。反論しなければならない場合もあるだろう。しかし、禁制を求める訳にはいかない。