家族カラオケ

昨日の午前中は代表者会議の正副委員長会議だったが、午後になったら家族三人でカラオケに行った。お正月に名古屋でカラオケしたが、真由喜は楽しそうだったので、家族でしようと思った。

やはり真由喜が楽しんだ。好きなテレビ番組や映画の主題曲を選んでもらったら、画面の前に出て、歌ったり踊ったりした。大変盛り上がったので、最初の予定した2時間を30分延長した。それでも、時間になったら真由喜は号泣した。

「ずるい!マミーとダディーばかり歌ったのに!」と訴えたが、もちろんそうではなかった。むしろ、真由喜の方が頻繁に歌ったのは決まっている。

最後の訴えは楽しさの証拠として捉えて、また一緒に行くことにした。今回のカラオケ屋さんはちょっとタバコ臭かったので、別なところを試す。溝の口には多いので、他の選択しを探すのは難しくない。

そして、夕方に幼稚園ごっこで節分の豆まきした。

楽しい節分になった。

通勤時間

どの社会でも、有力者が負担を弱者に課す傾向は強い。現在の社会の例の一つは、通勤だと思う。特に最低賃金をもらう労働者に、短期間の勤務のために長く通勤させることは多いそうだ。それに、残業の後で通勤がある会社員も少なくない。だから、法律に変更があるべきだと思う。

その変更は、通勤時間は勤務時間の一部として見なされる変更だ。

通勤時間というのは、実際の時間だ。就職する時点の住所と職場の間に計るが、通勤手法は、労働者にはある手法に限る。つまり、会社が車を与えない限り、公衆交通機関だ。そして、勤務の開始時刻に到着するために使わなければならない手法や、勤務の終了時刻で出発すれば帰るために必要な手法だ。つまり、勤務時間が午前6時から始まったら、タクシーしか使えない可能性は高い。就職以降、労働者が引っ越しても、就職時点の状況が計算ベースにする。一方、勤務先が変われば、変わる時点での居住との通勤で再計算する。つまり、労働者が自己負担で職場から遠く引っ越してもいいが、雇用側が勤務先を変えたら、新しい通勤時間を取り扱わなければならない。

通勤時間は勤務時間の一部だから、まず交通費の実費が雇用側の負担になる。職場の光熱費と同じだ。(税制上、会社の経費の一部になるのはいうまでもない。)

そして、収入は、通勤時間を含めて最低地銀を上回らなければならない。基礎地銀は最低賃金に近ければ、上乗せなければならない。一番弱者になるサービス業で働く労働者に労働条件の改善につながると思う。例えば、東京の都心にあるファストフードのレストランで働く人は、近所に住む訳はないだろう。だから、通勤がある。この制度で、通勤の時間の賃金をもらうし、交通費ももらう。でも、この点で、会社員には影響はほぼない交通費をもうもらうし、通勤時間を入れても収入が最低賃金を大きく上回る。だから、貧困の人に一番利益を与える。

一方、週の勤務時間の制限を導入すれば、(そして導入するべきだと思う)会社員の残業が制限される。これで、会社が都心で集中することが非現実的になるし、会社員には平日にもちょっと自由に使える時間ができるとも思える。両方はよいことだ。

この変更は、労働者を適切に待遇する会社には影響を殆ど及ばないと思う。問題がある待遇の改善に殆どとどまる。法律の需要な役割は、弱者を有力者から守ることだから、この政策を薦めたい。

心游舎

最近の『神社新報』には、心游舎についての記事が載っていた。心游舎というのは、日本の伝統文化を子供に体験の形で紹介する組織で、本当に最近立ち上がったようだ。それでも、石清水八幡宮、太宰府天満宮、北野天満宮の有名な神社で活躍している。一つの理由は、発起人の一人は神社本庁の総長の田中恆清しであることと思うが、石清水八幡宮の宮司も兼務しているので、石清水八幡宮での行事は当たり前だろう。しかし、主な理由は心游舎の代表は彬子女王殿下であろうことだと思える。それに、代表として組織の活動に参加するようだ。神社新報の記事からの印象は、名誉の代表ではなく、本格的に組織の活動を進めている代表なのようだ。

そして、今までのイベントは、石清水八幡宮で造花作りで、太宰府天満宮で和菓子作り、北野天満宮で辞書引きだった。真由喜を参加させたい内容だし、日本の重要な伝統文化だとも思う。つまり、堅い文化ではなく、子供が楽しくできる文化が中心になったようだ。真由喜に日本舞踊のお稽古をさせていることから推測できるように、私は日本の伝統文化を重視する。一つの理由は、イギリスの伝統文化が希薄になって、失いつつあるからだ。しかし、日本の伝統文化がまだまだ生きているので、死なないうちで活性させるべきだと思う。

心游舎の今年の活動はまだ決まっていないそうだが、幼稚園児向けの首都圏のイベントがあれば、真由喜と一緒に参加できればと思う。仕事や代表者会議と重なる可能性は高いので、ゆり子と真由喜を参加させることになるだろうが。

眠い

今日も昨日も5時に起きたので、今大変眠くなった。昨日は、日本論理検定協会の会議のためだったが、会議がうまくいったので、それはよかった。今日はレッスンを行うまでに日枝神社のおついたち参りに参列するためだった。祭祀も、レッスンもよかったので、今日も満足。でも眠い。

実は、去年のストレスからやっと脱却できたような気がする。仕事のやる気が戻ったし、進行している感じは強い。これから早寝して、明日も仕事を沢山しよう!