選挙無効判決

昨日、広島高等裁判所の岡山支部で、去年の衆議院選挙は憲法違反で、無効である判決が言い渡された。一昨日、広島高等裁判所で同じような判決があった。広島で執行猶予があったが、岡山ではそれはなかった。他の裁判所で、選挙は違憲だった判断が言い渡されたが、無効にしなかった。

最高裁判所に上がるのは明らかだ。政府があきらめて「じゃぁ、選挙をやり直そう」というはずはない。

しかし、どうなるだろう。岡山支部の判決で、国会は厳しく批判された。前回の選挙も、最高裁判所で違憲状態として判決されたが、それは選挙のほぼ二年前だった。選挙までに改善しなかったことは、国会の怠慢や司法の甚だしい軽視といわれても、異論できないだろう。最高裁判所でまた違憲状態であると判決されるに違いない。前回より一票の格差がさらに深刻になったので、最高裁判所が前回の判決を取り消さない限り、そう判決するほかならない。それに、取り消す理由はない。

今回も違憲状態の判決でとどまれば、司法を無視しても何もないことを表明する。それに、高等裁判所で無効の判決は二つある。だから、最高裁判所が選挙を無効とする可能性は十分あると思わざるを得ない。ある程度の是正が間もなく立案されるようだから、最高裁判所が選挙を無効にしたら、新しい選挙を行うことになる。

一票の格差が2.5倍に迫る状態は確かに民主主義の原則に背くので、裁判所の判決を批判できない。しかし、司法の機関が立法の機関を解散することは、憲法の根源から考えれば、好ましくない。

前の国会の怠慢が本当に深刻な問題を大多数産んでしまったといわざるを得ない。今の国会には解決する能力があると確信できたらよかったが、まだ疑わしい。どうなるのだろう。国の撲滅とつながらないのは確かだから、展開を見るしかない。

この世は、像の人形

今日真由喜の面倒を見て、日本舞踊のお稽古に連れて行った。その道の途中で、真由喜が急に話を始めた。

「この町はね、像さんの人形だよ。人もお店も会社も、全て象さんの人形だ。象さんはね、まず空を開けて、お店などを置く。このタワーはカラオケとか、これは洋服屋さんとか、ここはパン屋さんなど。そして、一番人気な人形は、真由喜だ。真由喜人形は一つしかない。一つで売り切れになったので、毎回じゃん拳で遊ぶ像を決めるんだ。

象さんはね、三つ子だ。女の子は一人、男の子は二人。真由喜と同じ誕生日だが、一つ下。だからまだ年中さんだ。そして、今は冬休みだから、まだまだ年中さんだ。四階建ての一軒家に住むので、この人形はおもちゃ部屋にある。女の子の名前はMilly。日本だが、英語で書く。あそこのホテルの看板のように。そして、男の子の一人は、たまきという。もう一人は、にはら。名字はひなさわ。」

感動した。真由喜が自発的に話を発想したし、積極的に展開した。自分を一番人気の人形にするのは幼児らしいし。たぶん、自分の人形遊びから連想されただろう。

ところで、お稽古で二時間弱を待って(プリキュアの塗り絵やお猿さんの話のお絵描きをしながら)、そして上手に踊った。まだ続けそうだ。

教育の平等主義

今朝のNHKラジオニュースで、安倍内閣の教育改革案が報じられた。英語の教育を重視して、TOEFLなどの一定の点数を大学への入学の条件にする方針を導入するつもりだそうだ。TOEFLは、TOEICと違って、いい試験だから、その点で賛成する。しかし、TOEFLなどというのは、IELTSも認める意味であるように望みます。なぜなら、一つの試験を基準にしたら、一つの企業へ過剰な影響力を与えるからだ。二つはまだちょっと少ないが、TOEFLとIELTSは主な試験だから、他の選択肢は見つけにくいだろう。英検の準1級と1級もいい試験だが、2級以下はちょっと実力と離れるような気がするし、1級の水準はかなり高いので、大学入学の条件にしない方がいい。

そして、もう一つのコメントが気になった。それは、「教育の平等主義から脱出して、エリートを育てる」ようなポイントだった。

ある意味で、これにも賛成する。才能がある子供の才能を導きだすべきだ。他の子の補給のために放置するのはよくない。しかし、このような方針は、人を捨てる方針になりがちだ。特に才能がある人に教育を集中して、平均を下回る人を放置する傾向がある。これもしては行けないことだ。

教育を充実にするために、費用は厖大な金額で必要になる。それは、教師の人件費だ。教師の収入は低かったら、教師に必要な才能を持つ人は教師のキャリアに行かないので、金融界ほど高くなくてもいいけれども、ある程度のちゃんとした収入にしないとだめだ。そして、教育を個人差に合わせるために、教師は沢山必要になる。技術などでちょっと抑えられると思うが、限界は明らかにある。

限られた教師や教材の場合、才能を持たない人を重視するしかないと思う。なぜなら、本やネットを提供すれば、才能を持つ人は自分で進むことはできるが、才能はない人には助けなないかぎり、何もできないからだ。だから、安倍内閣は教育へ財源を注入するつもりなら、いいと思うが、そうではなければ警鐘を鳴らすべきだろう。

動画好き

今日は、アートフェア東京の最後の日だから、ゆり子がアートフェアへ出勤している。そのため、私が真由喜の面倒を見ている。朝は、ピックニックしたいと言ったが、まだ行く気配はないので、その話が後回しになるだろう。

今の遊びは、スマホで私に自分の動画を撮ってもらって、そして自分の映像を何回も繰り返して見る遊びだ。真由喜は、自分の動画を見るのは大好きだ。赤ちゃんのころからそうだった。私は、逆に、自分の動画は見たくない。録音も同じように聞きたくない。しかし、真由喜はまだ若いので、恥ずかしがらない。一方、幼い頃から自分の動画に慣れたら、大人になっても気にしないだろう。これは、私の子供の頃には無理だった遊びだよね。音が付く動画を撮ることさえできなかったし、その場で即座に再生するのは到底無理だった。テレビ局の生放送のための道具はなかったからだね。でも、今の子供たちは、このような遊びを当然のようにする。すごいと思う。

ところで、まだまだ疲れた。他の病気を特に感じないが、この数日よく眠れたし、必要な仕事の間に憩ったので、何かの特別な原因があるに違いない。幸い、ストレスが殆どなくなったし、治りつつあると思うが、やはり完全な回復はまだだ。