和装の日

今日、ずっと前から計画した着物の注文をしに行ってきた。着物と言えば、実は黒紋付の着物の一式だった。今秋、真由喜の七五三を祝うが、その御祈祷で着物をきるつもりだ。白幡八幡大神の神職に聞いたら、黒紋付は一番適切だそうだから、それを用意することにした。なぜ買うかというと、まずレンタルは高いし、御祈祷の場合、正装として良いとも神主さんに言われたので、何回も使える。それに、日本の文化だから、着たいと思うが、毎回4万円のレンタル代がかかったら、きる機会は非常に少ないだろう。所有すれば、着る練習もできる。最後に、購入したら、自分の家紋をちゃんと入れてもらえる。

だから、神奈川県の厚木市にある着物屋さんに連絡して、今日行ってきた。家族で行ったが、真由喜はいい子で、袴のデザインについてのアドバイスもしてくれた。結局、そのアドバイスに従ったが、お店の社長のアドバイスと同じだった。私は背が高いので、誂えの着物でちゃんと私の身長に合うものが入手できるのも良いだろう。今日、反物を選んだり、寸法を測ったりしたので、出来上がりは8月中旬までにだそうだ。十分余裕があるので良い。楽しみにしている。

そして、夏に祭りに参加することになったが、そのためにも日本の祭りの服装は必要になる。股引などの独特の服装だそうだから、それも整えなければならない。これで、私の身長がちょっと問題になる。「超特長」の長さで大丈夫だろうと思うが、やはりお店の選択肢も少ないようだ。しかし、現代の日本の若者を見たら、もう少し待ったら、適切な大きさの和服も洋服も、入手し易くなるのではないかと思う。10年後、私がもう目立たないだろう。背の高さの側面で。

ところで、着物屋さんの社長が私が作った家の家紋を丁寧に褒めてくれた。もちろん、悪口はできないが、それでも嬉しかった。