ブログを書く余裕

北川景子さんは、映画の撮影とプロモーションの真っ最中でも、長い投稿をアップできた。私は、一般人の普通の忙しさの中でも、自分の投稿をちゃんと書く余裕はもちろん、北川さんの投稿を読む余裕さえない。

そして、昨日の夜、もう少しちゃんとした投稿を作成しようとしたら、疲れていたので、何も浮かんでこなかった。その場合、数十分が経っても、詠歌は一切ない。それでうんざりになって、さらに話題が浮かんでこなくて、悪循環に入ってしまう。毎日の更新の問題点だ。時々更新したら、そのような日に何もしなくても良いが、明日の投稿を用意しなきゃと思ったら、仕方ない。

実は、投稿で書きたいことのリストがあるが、昨日何も投稿に納めることはできなかった。リストがまだ残るのは良いことだが、今日の投稿はつまらない事実は、申し訳ない。