太陽光発電の普及

最近日本で太陽光発電の普及を促進する制度が導入された。これを評価して、さらに普及させたら良いと思う。理由は複数ある。

まずは、気候変動対策として効果的だと思える。太陽光発電が二酸化炭素を発生しないからだ。もちろん、設備の政策に排出された二酸化炭素も加算しなければならないが、それでも火力発電より遥かにましだろう。

そして、エネルギー資源の確保にも重要だ。現況で日本は石油や天然ガスを大量で輸入して、外国に頼らなければならない。中東で大きな戦争が勃発すれば、日本は大変な状況に陥る。(原子力発電所の全てを安全調査なしに再稼働されるのは確実だ。)太陽光発電の資源は、国内に浴びてくる太陽光だから、外国での戦争が問題にならないし、円安でコストが上がらない。経済的な安定感に貢献する。

その上、日本に特に適す要素もある。太陽光発電は、その場で発電され、その場で使用できる設備も多い。大きな施設から電力を発することもあるが、建物の屋根に太陽光発電設備を設置して、その建物の電力需要の一部を補うことも多い。災害のとき、電線が途切れても、その場にある発電で何かできるはずだ。だから、避難所になる学校などに太陽光発電を設置するのは特に重要だと思う。

防災の戦略の一部として、自治体は避難所毎に、その避難所の地区の太陽光発電によって避難生活に必要な電力が発生するように設置したら良いと思う。普段、二酸化炭素排出量削減に大きく貢献するし、いざとなると生活や復興を大きく支える。確かに、様々な試算を見れば、楽観的な計算でも太陽光発電は需要の3分の1しか補えないような結果がでるが、それは大きな貢献だし、災害時には3分の1は充分な役割を果たす。沢山の人が避難所に集まれば、冷暖房の必要な電力が減るので、環境の保護が可能になる。共有のテレビも使えるし。実は、学校であれば、教室毎に違うチャンネルを見せるテレビを設置することもできる。(精神的な支えとして軽視すべきではないことだ。)

風力発電や波力発電などの設備は、災害から被害を受けることは多いだろうし、需要の場所に設置できないので、環境問題には重要であるものの、防災の役割は期待できないだろう。だから、太陽光発電は日本に特に適していると思ってきた。

楽しいお泊まり

先日、真由喜の幼稚園の親友がここでお泊まりした。真由喜の同い年の幼稚園の友達がお泊まりするのは初めてだったが、成功だったようだ。泊まりにきた子供はお母さんを寂しがることはなかったし、子供喧嘩も殆どなかったようだ。少なくとも、私がいた間に仲良く遊んだ。一緒にお風呂に入ったり、一緒に絵本を読んだり、一緒に寝たり、興奮で一緒に早く起きたりした。可愛かった。

この後、真由喜が友達の家でお泊まりするとよい。中期的な目標は、真由喜が一人でゆり子のご両親と泊まることで、長期的に一人でイギリスやアメリカで私の親と泊まることだ。海外に行くのは高いが、真由喜が一人で行ければ、英語の練習もできるし、海外の家族との絆も深められるし、経験も豊富にできる。

お泊まりの間、二つ印象的なことがあった。

一つは、真由喜はやはり主導権を握るタイプであることだった。厳しい命令を出すのではなく、遊びの提案を挙げて、その提案の通りの遊びを実現する傾向は強い。優しいなら良いと思うので、ただの性格として受け入れる。真由喜の社交性は私のを遥かに勝るようだから、それも嬉しい。人間関係は難しくて、私が苦しんだ期もあったので、真由喜にはもう少しやり易ければ私も喜ぶ。

もう一つは、真由喜が友達に私についての話を伝えたことだった。二人が私のオフィスで英語の本とちょっと遊んだが、真由喜が本が多い理由を説明した。それは、私の子供の頃、遅くまで絵を描いて寝なかったので、母によって絵は禁じられ、読書は許可されたことだった。その結果、遅くまで読むようになったが、その習慣はまだ身に付いている。

この話は、数ヶ月前に英語でしたが、真由喜が日本語で正しく伝えた。記憶力にも問題はないように感じた。

親バカの投稿になっているね。ファン馬鹿よりましだろうなぁぁ。

歯の妖精

イギリスで伝説がある。それは、子供の乳歯が落ちると、枕の下に置くべきだ。そうすれば、寝ている間に歯の妖精がきて、歯を持ち帰る。歯の代わりにお小遣いを置いてくれるという話。イギリスで誰でも知っていると思う。

真由喜は、乳歯が落ちる年齢に達した。(子供の成長は早いよね。)イギリス人でもいるので、この話を教えた。落歯を枕の下に入れて、寝た。

翌朝、私とほぼ同時に目覚めた。

「ダディー、見よう!」と枕を外した。100円玉が現れた。

「本当だった!ただの話だと思った!本当にお小遣いがもらった!」と相当喜んだ真由喜。

私の気持ちはちょっと複雑だった。一方、真由喜が大変喜んだし、イギリスの子供の文化の重要な一部も体験した。それは良いことだ。他方、枕の下で乳歯と小銭を交換したのは、もちろん私だった。歯の妖精はただの話だ。つまり、嘘ついた。クリスマスには、靴下の中にサンタさんからのプレゼントも上げるが、それもちょっと悩むことだ。

とりあえず、はっきり「歯の妖精はいるよ」と言わない。真由喜はそう思うが、次回かその次の歯で、他の説明を考えるように促すかもしれない。この周辺の問題は本当に悩ましい。伝統文化を体験させたいし、喜ばせたいが嘘つきたくない。子育ては大変だよね。

私も猫である

名前はにゃん。

昨日は真由喜との一日だった。ゆり子は仕事に出かけたので、朝から晩まで真由喜と遊んでいた。途中で日本舞踊のお稽古に行ってきたが、それ以外おもちゃを使って、人間に変身できる猫とウサギを演じて遊んだ。動物の世界の幼稚園に通っていたが、女子のウサギが私男子の猫のところに泊まってきた。動物の世界で、女性はみんなウサギだそうで、男性は猫。だから、食事を作ったり、お昼寝したり、買い物に行ったりした。

それに、先日も同じようなことがあった。その場合、真由喜は花咲真雪{はなさきまゆき}というサクランボの妖精だった。フルーツ王国からきて、人間の世界を探検した。フルーツ王国のご飯は、甘いそうだ。そして、サクランボの妖精は末っ子で、他のフルーツの妖精と一緒に高層家に住んでいるという。人間の世界に遊びにくるが、フルーツ王国のご飯の方が美味しいという。

これほどの創造力を屈指する遊びで楽しむ真由喜なら、すぐにTRPGに導入するべきだろう。一緒に楽しめる趣味になるし、ちょっと大きくなったら私の作品も楽しめるようになると期待できる。実は、真由喜のためにTRPGは作りたいけれども、今そうする余裕はないので、既存のTRPGから適切な作品を選ぶ。今のところ、『ゆうやけこやけ』を考えている。日本語の原作は持っていなが、英訳は持っている。一見で適切のようだから、より詳しく調べる。