入場券はディナーの後で

先般北川景子さんの写真集の発売についての投稿をアップした。この写真集の発売にあたって、握手会も開催される予定だが、握手会の入場券は今日から受付されることになった。

受付方法は三つある。一つは、今日東京と大阪の指定書店の店頭で申し込むこと。もう一つは、明日の10時からローソンのチケット予約サイトで予約すること。最後は、海外に住む外国人であれば、直接にメールで申し込む方法。私は海外に住んでいないし、東京の書店は渋谷の文教堂であるので、ネット上の予約は遠方の方に譲るべく、店頭で申し込むことにした。

北川さんのスタッフによって、前夜や早朝から並ばないように指摘されたので、開店直前に到着するように行った。到着すると、大勢の人が集まったが、整理券が配られていることに気づいて、受け取った。そして、待とうとした。私は、9時45分に到着したが、それから5分以内整理券がなくなったような気がする。少なくとも、10時前になくなった。それでも、人がまだまだ続々と到着したので、関係者には「申し訳ないが、もう定員になっている」と繰り返す仕事があった。それは大変だと思う。がっかりする人と次々に対面するのは、精神的には負担になると思う。そして、本当に仕方がない。

私の整理券の番号や見た人数からすれば、東京の規定は千人程度だったと思う。(詳しい情報は秘密だそうだ。)明日のネット上の枚数は同じ程度であれば、合計は2000人になる。握手のイベントは4時間で予定されている。それより長くするのは、無理だろう。北川さんの負担はもう4時間で重いし、続々とファンと明るく対面するイベントだから、休憩も取りにくいだろう。計算すれば、4時間で2000人としたら、一人当たり7秒になる。握手と交代の時間で、7秒より縮小することは到底無理だ。つまり、枚数を増やすことはできないし、用意した枚数はもう受け取られたので、希望にはもう応じられない状態になった。それでも、スタッフさんがなるべく丁寧に応じるようにした。受付に来た人が予想を上回ったような印象は強かったが、対応は良かった。

整理券を持って、レジに進んで入場券を購入ことはできたが、1000人ぐらいが待っていたので、数時間がかかる見込みだった。それほど待つことはできなかった。実は、午前中レッスンを行うはずだったが、生徒さんに連絡して、時間の繰り下げをお願いした。ブログをご覧してくださる生徒さんだから、本当の理由でお願いできて、そして許可を得られた。しかし、そのまま待てば、変更していただいたレッスンにも間に合わない恐れがあった。だから、一旦帰ることにした。整理券を持って本日中レジに行ったら、購入できると書店のスタッフさんに言われたので、そうする。しかし、午後に入ったらレッスンが殺到するので、渋谷に戻れるのは21時以降になる。幸い、書店は深夜2時までだから、間に合うのは間違いないが、やはり、入場券はディナーの後で。

店頭で待つ人を見たら、過半数は男性だったが、女性は4割ぐらいかと思う。年齢層も様々だった。私より年上の方は少なかったようだったが、私ぐらいの方とそれ以下の方は色々な年齢だったようだ。やはり、北川さんのファンは多くて、幅広いよね。当然なのだが。

ところで、私が見えた限り、白人は私一人しかいなかった。この場でも目立つよね。

では、整理券を大切に保管して、これから教える。そして、渋谷へもう一回行ってくる。

動機になる構成

行動するために、理由は必要だ。何かを得るとか、行動自体は楽しいとか、他人の助けになるなど。特に努力が必要となる行動を行う動機はない限り、しない。

人間は、自分の動機を作ることはできるのは確かだ。余談だが、このブログを書き続ける動機は、今まで書いてきたので止めるわけにはいかない気分に過ぎない。ただし、ブログのおかげでテレビ出演があったので、もう長くなったことだけではない。やり続ければ、更なる動機が発生することもあるのも、事実だ。

それでも、そのような動機で尽力するのは難しい。休む誘致はどこにもある。行動を考えるとき、三つの基準がある。一つは、行動自体は楽しいかどうか。テレビを見ることは、楽しい。だから、テレビを見る動機を見つけるのは難しくない。経験を楽しくさせればさせるほど、動機が強くなる。もう一つは、行動から何かを得るかどうか。大きな利益を得ることはできれば、努力する人はいる。そして、最後に、利益の確実性だ。それは、確率だけではなく、すぐに利益を入手できるかどうかということだ。確率は高くても、10年間以上待たなければならない場合、動機は強くない。十年間の間に何かが起きる可能性は高いので、確実性が欠ける。

この事実を踏まえて、人を動かすために強い動機を与える制度や構成は必要だ。

極端な例だが、生活保護から収入の全額を引けば、働く動機はない。収入が上がらないからだ。だから、制度として、働き始めたら収入が必ず上がるように構えるべきだ。

私は、罰に反対するので、やる気を引き出す動機を好ましく思う。つまり、すぐにいいことがあって、継続すればより大きないいことがあるような構成は一番なのではないかと思う。社会構成で、富裕層に入れる可能性があったらよいが、その前に生活の水準を段々引き上げられるような構成は必要だ。その場合、結局富裕そうに入れなくても、一生の努力の賞を得たように感じるのではないか。

確かに、このように工夫しなくても、頑張る人もいるが、少数だ。社会のために、そして個人のために、幅広く頑張ってもらった方が良い。頑張った人には、達成感や満足感があるので、生活を豊かにする。普通なやる気を持つ人が安易に頑張れるように社会を構えれば、一般人の能力にびっくりするのではないかと思う。

頑張っても意味はないと思わせる社会であれば、悪循環に陥る。一般市民が消極的になる、そして社会の水準が衰退する。それを見て、頑張る意味がさらになくなったと感じるので、さらに消極的になる。他方、頑張ったらすぐに利益を得て、継続すると大きな利益を得れば、やる気が湧いてくるので、社会の陽気が高揚される。

ただし、このような制度の構図を作成するのはかなり難しい。実現するのはさらに難しい。安易な目的ではないが、遠い将来には過大な利益を得ることは望める。

マクロの両面性

昨日の職場で、ソフトのマクロと戦った。オフィスに到着したとき、五分以内マクロを立ち上げて、報告書に必要なグラフの図を作成すると思った。図は合計で216枚だから、手動で整えたくなかった。しかし、そう簡単にできるわけではなかった。図の一部しか書き出せなかった。マクロと取り組んで、ウェブで糸口を探して、やっと成功に至った。

もうお昼の時間になっていた。「手動でしたら良かった」と思うぐらいだった。216枚なら、2時間以上がかかるのは確実だが、4時間以内できるはず。ちょっと悔しかった。

ただし、昼食を食べてから報告書にずを挿入しようとしたら、問題を発見した。報告書で読みづらくて、提供できるレベルではなかった。だから、グラフの作成を修正して、もう一度書き出すしかなかった。

もうできたマクロのおかげで、30分で完成した。

マクロを保存して、次回以降も使えると思うので、長期的には有益であるのは最初から確実だった。しかし、今回の問題を解決したため、今回の短期的な効率にも貢献した。

そして、Microsoftのマクロを作成できるようになった。将来に役に立つ能力だろう。

では、材料は整備されたので、今日の目標は報告書の完成だ。ぎりぎりできるかな。