真由喜と遊ぶ一日

今日、真由喜と遊んだ。最近、仕事は忙しいので平日に遊ぶ機会は少ない。だから、昨日でも真由喜が「明日は仕事を休むよね?だから遊ぼう」と言っていた。

だから、今朝のアメリカとのチャットが終わったら、真由喜と遊んだ。まずは、幼稚園ごっこだった。真由喜は先生で、私は補佐の先生で、ぬいぐるみは園児だったが、私が問題になる園児を演じた。朝の歌でも勉強の時間でも言うことは聞かなかった。

真由喜が公園でおにぎりを食べるこの遊びが終わったら、真由喜と一緒に用事をしに行ってきた。コンビニや郵便局で入金してから、白幡八幡大神へお参りした。そして、近所のスーパーで買い物して帰った。用事していた間に午後の計画も決めたが、真由喜が「なんて良い一日なの。ダディーと遊んで、そしてピクニックする」と言った。

帰ったら、もう少し二人の遊びした。今回、真由喜は人間に化けられるウサギで、私は人間に化けられる猫。日常生活のおままごとした。

そして、ピクニックの準備して、家族三人で公園に向かった。公園に着いた時刻はもう午後三時過ぎだったが、ピクニックして、フリズビーなどで遊べた。そして、近所の公園だから、知り合いを会うことは多かった。日曜日で、天気の最適だったので、人は多いことは驚くほどではなかった。

ほのぼのの一日だったが、家族で一日過ごせたのは本当に良かった。