神社界と政治

現在の神社は、政治との直接はつながりは持っていない。一つの神社は、一つの独立した宗教法人であるし、神社本庁も一つの包括宗教法人に過ぎない。民間団体だ。それでも、神社の関係者は政治への関心を持つことは少なくないだろう。指で数えられる例外を除けば、国民だから、民主国会の日本で参政権を持つし、理想的な国柄も持つだろう。だから、当然のことながら、神社関係者の政治への干与を歓迎する。

しかし、上記の論は個人的な干与についてだ。神職としての干与ではない。「神道政治連盟」という組織が存在するが、神職だからといって神道政治連盟を支援するのだろう。

個人的に、そう思う理由はないと考えている。神職の間半数は、社家に生まれ、先祖の神社を受け継ぐ。つまり、神社の仕事を選ばなかった。むしろ、選ばれた。もちろん、もう江戸時代ではないので拒めばしなくても良いので、それでも神職になる人は伝統や家族を重視すると思える。ただし、神道そのものを重視するとは限らない。さらに、78年前に廃止された国家神道を重視する保障は全くない。皇室に対して特別な思いを持つことは多いだろうが、必然的ではない。自分の家族を大切にすることは保障されているが、自分の家族は皇族ではない。

だから、殆どの神職が共有する政治的な意見は限られていると思える。神社の運営と直接に関わる法律や制度は関心になるはずだ。そして、伝統や家族を重視する可能性は高い。鎮守の森の保存も気になるだろう。神社界を一丸で発起したければ、このようなテーマは適切だと思う。しかし、神道政治連盟の重視する課題を見たら、これと離れている。皇室の継続は伝統の一部だから、一応入っていると言えるが、領土問題や靖国神社への総理大臣の正式参拝は関係ない。自主憲法はさらに別な話だ。

こう考えれば、9月2日付の『神社新報』で神道政治連盟の幹部が一般神職の消極的な態度を喚くのは驚くほどではない。一般的な神職には、神道政治連盟の製作に関心を持つ理由はないからだ。もちろん、そういうふうに考える神職はもちろん存在するし、組織を組んでも構わない。「神道政治連盟」という名称を持っても差し支えない。ただし、神職全般を代表しない。だから、神職の消極的な態度を受け止めて、有志を持つ神職で進むべきだと思う。そして、同じく神職で、別な製作を推進する組織を組んで、「神道政治環境連盟」だとか、「神道伝統文化政治対策本部」などの名称を持っても、神社本庁に認めてもらうべきだ。

神社界が政治的な問題に対して一体になると思う理由は見えないので、多様性を認めてほしい。

白人の更衣室

殆どの温水プールやジムで男女別の更衣室がある。(男女混沌の更衣室を持つ混浴温泉もあるが、混浴温泉にも更衣室は別である場合もある。バスタオル巻きを禁じる素っ裸で入らなければならない混浴温泉にも男女別の更衣室がある場合もあるが、それは正直に言えばちょっと不思議。)当然だろう。

人種別の更衣室を持つ施設はない。日本にはないし、欧米にもない。あったら、「人種差別」のレッテルが付けられるだろう。

でも、根本的な相違点はあるのだろうか。

人種を分ける理由は、別な人種の裸を見るのは嫌で、見られるのも嫌だからだ。外人は危ないとの噂もあるだろうが、偏見に過ぎない。殆どの外人は日本人と同じ程度合法で親切だ。だから、この嫌な気持ちは、社会が認めない。

では、男女別の理由は何だろう。主に、女性は男性に裸で見られるのは嫌だということだ。男性の大半は平気。例として先日のテレビ番組を挙げよう。大学の男子寮で浴室で湯船の端を裸で一周する習慣があったそうだが、テレビでこれを見せた。もちろん、男根が見えないようにモザイクをしたが、お尻は丸見えだった。習慣は女子寮にあったら、番組はあり得ない。女性はなんで嫌がるのか。男性に襲われると恐れるだろうが、それも偏見だ。殆どの男性は、女性を襲わない。考えもしない。ただの根拠のない嫌な気持ちだ。

そうであれば、男女別の更衣室は男女差別の現象だと言わざるを得ない。認めるべきではないか。

私は、認めるべきだと思う。しかし、人種別の更衣室も認めるべきだとも思う。理由は同じだ。人間の不合理な気持ちは、原則として認めるべきだ。更衣室を別々にするのは、大きな問題を課さない。ある人種や性別に劣等な施設が設けられることを恐れたら、交代制を義務づけても良い。男女別の温泉ではそのような制度はよく見られる。認めるべきであると思うが、促進するべきではない。義務づけてはいけない。不合理的な気持ちを持たない方が良いので、否定的な立場を取るべきだ。他方、不合理的な気持ちを完全に払拭することはできないので、認めるべきだ。不要に人に嫌の思いをさせてはいけない。

確かに、この問題がややこしくなる。ある更衣室から排除されていることを嫌に思う男性(もしくは外人)もいるだろう。この問題の完璧な解決策はないと思うが、なるべく軽くするために、平等に施設を配置するべきだ。「平等」というのは、女性のみの更衣室があれば、男性のみの更衣室も男女混沌の更衣室も設けるべきだ。男性のみの更衣室があれば、女性に見られたくない男性がそこに入れる。混沌の更衣室があれば、気にしない男性がそこに入れる。女性が殆ど入らないかもしれない、男性にとってそれは女性の個人的な偏見であり、施設の偏見ではないと受け止めるので、傷がちょっと軽くなる。

それでも、素っ裸で入らなければならない混浴湯船には、別々の更衣室を設けなくても良いだろう。

伝統芸能と創作芸能

9月2日付の『神社新報』に「全国こども民俗芸能大会・伝統文化継承フォーラム」からの報告が載る。これは全日本郷土芸能協会が主催するイベントで、全国の伝統芸能を継承する子供達が演奏するし、伝統文化の継承に関わる問題について論じる。

継承することにあたっての問題は、二つあった。一つはもちろん少子高齢化のための後継者問題だ。もうひとつは、創作芸能の位置づけだそうだ。伝統芸能や民俗芸能の保存会は、創作芸能を擁護することはできない。それは当然だ。しかし、伝統芸能に創作の何かを付け加えた場合もあるし、一回創作してから継承させる芸能もあるので、適切な対応は明白ではないそうだ。

確かにそうだ。創作芸能を禁じるべきではないが、民俗芸能や伝統芸能を保存する組織の管轄外のことだ。しかし、伝統芸能の全ては、最初は創作芸能だった。史料から創作の時期や創作者が分かる場合さえある。だから、新しい伝統芸能を認めるべきだが、基準は必要。

たたき台として、私の考えを書かせていただく。伝統芸能になるために、二つの条件は設けたい。

一つは、相変わらず継承することだ。昔のままで演じなければならない。もちろん、思わず微妙な変化を導入するが、それは人間が行うことの上の避けられない現象だ。ただし、方針として昔を形を保存して受け継がせることだ。時代の変遷に伴って余儀なくされた変化も認めなければならないが、なるべく本来の姿を永遠まで持続させることだ。

この条件で、殆どの芸能が「伝統芸能」の定義から離れる。新しい内容を常に入れ替えるからだ。しかし、これは充分ではない。

もう一つは、創作者を知り合った人はもう生きていないことだ。つまり、世代交代が少なくとも二回行ったことだ。創作者が弟子に伝えたし、その弟子がさらに弟子に伝えた。そうであれば、芸能はもう伝統になっていると言えよう。現在の平均寿命を参照すれば、40代で芸能を始める創作者であれば、80歳で亡くなるとしたら、これからさらに70年が経たなければならない。10歳で創作者と接して芸能を身につけた人が70年後なくなるからだ。計算すると、創作から110年が経つことになる。100年以上前に始まった芸能は、「伝統芸能」と呼んでも、異議を言う人はいないだろう。ただし、時間より世代交代のほうが重要だと思う。だから、平均寿命がさらに伸ばせば、定義を修正することになるかもしれない。創作者がまだ生きていれば、弟子の弟子が継承することになる。つまり、創作者と直接に関係を持つ人はもう現役から去ったこと。

伝統芸能に新しい要素を加えれば、原則として同じ基準で判断するべきだと思う。伝統芸能に基づいた新しい芸能であるからだ。

このような基準をはっきりさせたら、伝統芸能の構築を目指すことが可能になる。伝統をさらに豊かにする人が現れることは、期待できる。

友達同士の遊び

昨日真由喜の幼稚園の友達が遊びにきてくれた。ゆり子と友達のママが買い物に出かけたので、私が子供の面倒を見ることになった。

楽になった。

夕涼み会ごっこにちょっと参加させてもらったり、幼稚園先生役をさせられたり、真由喜が姫様になるために着替えさせさせられたりしたが、その間私のやりたいことができた。(ところで、「着替えさせさせられる」と言えるかな。日本語ではなくても意味が通じるだろう。)真由喜も友達も6歳になっているので、隣の部屋で遊ばせても問題はない。聞こえるし、度々様子を見ることもできるし、飲み物など用意も簡単だ。

6歳になって、もう大人の干与なしに友達と遊びたくなったようだ。しかし、まだ私の参加を求める。もう少し成長すると、私の参加を嫌がるだろう。ダディーはいない状況で遊びたいと思ってくる。だから、ある意味で今は最高の時期の一つだろう。

ところで、遊びの一部は真由喜は姫様で、友達は召使い。それはちょっと・・・どうかと思ったが、二人とも楽しそうに遊んでいたので何も言わなかった。ずっとそのような遊びだったら心配するが、夕涼み会ごっこで真由喜がかき氷担当で、友達はケーキ担当だったので、平等な立場だった。真由喜が遊びをリードすることは多いが、ただ性格だろう。何回も触れたと思うが、私の社会性は弱かったので、真由喜が楽に楽しく友達と遊べるのは嬉しい。