流出の写真

最近、西洋のメディアで所謂「復讐ポルノ」という問題が取り上げられている。典型的な形は、女性の元交際相手が交際していた間に撮った裸の写真をネットにアップし、女性の家族や職場に写真の場所を知らせることだ。その行為で、女性の生活を混乱させたり、解雇させたりするのは目的だそうだ。だから「復讐」という。それ以外、メールに不正アクセスして、裸の写真を盗んで、そして同じように公開する行為がる。最後に、盗撮の写真を公開することも同じ範疇に入るだろう。

このような行為は許せない。わざと人の生活の破壊を図るのは悪徳な行為だ。少なくとも、写真の削除が命じられるような法的な措置は必要だし、違法行為にするべきだろう。盗撮と不正アクセスの場合、簡単に違法行為にできると思うが、交際中に撮らせてもらった写真の扱いはもう少し難しい。写真を撮った時に許可あったし、著作権も持っているので、違法のことが意図によるので、法律で定めるのは難しい。その場合でも、削除させる権利を法律で保証するべきだと思う。

しかし、根本的な問題は、防止策や法律対策ではないと思う。根本的な問題はこの行為の結果である。

客観的に考えよう。女性の裸体が披露される。これで公開される情報は、その女性には乳首があること。これはびっくりするほどではない。体の形も、服越しより詳しく分かるが、服を着ても一応分かることだ。その点で、問題になるべきことはない。そして、写真の存在だ。盗撮の場合、女性が悪いはずはない。撮られたことさえ分からなかったからだ。しかし、他の場合でも、恋人同士で裸の写真を楽しむのは悪くないだろう。実物の裸体を楽しむのは恋人の定義だから、写真が存在することで悪くなるとは言えない。不正アクセスで盗まれた写真の目標は、健康維持などの性的な行為と無関係なこともある。それに、自分の裸体の写真を撮ってもらうことはただの趣味であるとしても、悪い趣味だとは言えない。他人に損傷は愚か、迷惑さえかけないからだ。

だから、「最悪」の場合、このような写真の公開がちょっと変わった趣味を公開するに過ぎない。それは確かに恥ずかしい。でも、7歳の時に牛の仮装でパーティに参加した写真も、大学生には恥ずかしい。そして、弁護士として成功を納めようとする女性には、中学生時代のチアガールの写真は、職場でもてあそばれてほしくないだろう。でも、牛の仮装やチアガールの写真が公開されても、結果は短期間の恥ずかしさにとどまるでしょう。解雇にならないし、離婚にもならない。裸の写真の流出の結果は、このレベルにとどまるべきだと思う。

実際にそうではないのは明らかだ。幼稚園の先生であれば、解雇になるだろう。一般的に先生であればそうだろう。他の仕事も危うくなるし、結婚も危ぶまれる。実例で保障された推測だ。このような結果があるからこそ、この行為が人に大変な傷をつける。だから、人を防衛したかったら、社会的な問題はこの反応だ。

反応を合理的な程度に抑える方法はよく分からない。女性に、裸で見られることは悪いという概念をつかないのは基本だろう。そして、社会的に女性の体や性的生活をそれほど重視しない方が良い。仕事の決定は、仕事の成績で決めるべきだ。犯罪や詐欺の行為は関係するが、裸の写真は違う。このように社会の態度を変えるために、複数の変化は必要だろう。一つは女性の社会的な地位を向上することだ。役職に就いている女性が多くなれば、体しか見ない傾向が弱くなる。そして、裸であることについての過剰反応を抑えるのも良い。日本で、温泉の存在がこのことに貢献すると思うが、裸の写真集を出した女優や芸能人への態度を考えれば、まだ完璧ではない。

行動自体を撲滅することはできない。どうしても、悪徳な人をゼロにすることはできない。だから、犯されても波紋が少ない社会情勢を整えるのは重要な対策だと思う。社会で、人の不要な傷を設けるべきではない。