遊動生活

前にも述べたが、国家の役割は国民の実質的な自由をなるべく増やすことであるのは私の立場だ。ここで、その一例を取り上げたい。

「遊動生活」というのは、安定した住所を持たずに国の所々を転々する生活を指す。一つの自治体で三ヶ月以下滞在することを仮基準として使えよう。遊動生活の一種は、三つか四つの場所を輪番に回ることだ。例えば、夏に札幌に住むが、冬になったら那覇に移動する生活は、遊動生活の簡潔な形である。春は京都、夏は仙台、秋は東京、冬は鹿児島でも、遊動生活だ。そして、計画なしに、所々で一泊しかせずに国を転々回ることも遊動生活だ。歴史を見れば、宗教の教祖がそのような生活を行った例は少なくない。

ただし、現在の日本では行いづらい生活だ。まずは、戸籍には本籍は必要だ。そして、住民票もある自治体のところで作成しなければならない。住所はないと、就職するのは大変だし、銀行口座も難しい。インターネットの利用も無理に近い。つまり、社会に参加できない。だから、現行の制度で、国民の自由の一部が奪われる。現在、遊動生活を禁じるために制度があるわけではない。歴史的にそう言うつもりで本籍などを導入したかもしれないが、現在はただ制度の副作用に過ぎない。その場合、制度を改善すべきである。自由を制限するのは、必要性を慎重に考えた上で許されるが、制度の副作用として発生する制限は許されない。

遊動生活を固定住居生活と同じぐらいな選択肢にするために、いくつかの改善は必要だから、ブログでその中の数点は取り上げたいと思う。ただし、今日で全てカバーできないと思う。まずは、行政で基本になる登録の制動を取り上げる。

市区町村で登録する住民票は遊動生活には基本的に向いていない。ただし、マンションなどに住み着いている人にとっては相応しいので、廃止する必要はない。平行する遊動する人のための制度を導入すれば良い。遊動生活は、全国を旅することになるので国の管轄にならなくてはいけない。本当なら、国際組織が管轄するが、国境を越えて遊動生活を行うのは、現在の世界では無理に近いと言えよう。とりあえず、一つの国の中で可能にするための政策を考えよう。

登録の基本の形で、住所は入っては行けない。遊動生活を行う人には住所はないからだ。だから、名前と遊動であることのみで済まなければならない。戸籍も住民票も同じだ。住民票は様々な手続きに使われているので、発行すべきだが、住所なしになる。この登録は国の管轄だが、各地の役所で届け出きるようにするべきだ。住み着いた人よりめんどくさい手続きを課すわけにはいかないからだ。

登録と関わるのは地方税だ。遊動で免税になりたい人もいるかもしれないが、それは許せない。特定な場所に住み着かないとしても、今にいる地域の行政サービスを使うので、そのための税金を納めるべきだ。だから、国に全国の平均的な地方税を納めて、それは国から地方に割り振れたら良い。その割り振りは、遊動する人の居場所と関係する場合は、ある地方に明らかに集中する場合に限った方が良い。遊動する人にはこまめに居場所を行政に知らせる義務も課すべきではない。毎週転出・転入届を提出するのはかなりな負担だ。でも、そのような情報はなければ、正確に割り振れることはできない。もちろん、この制度で地方税の高い自治体に住む人は、書面上の遊動生活にする恐れがあるので、一ヶ所での居住が3ヶ月を超えたら、住み着いた制度に自然に切り替えるような制度は必要だ。

もちろん、このような制度は、現行の制度より行政の手間がかかる。しかし、国民の自由を行政の便宜のために抑制するべきではない。国家や行政は国民のために存在する。国民は行政や国家のために存在するのではない。

このテーマに着いて、明日もちょっと書きたいと思うので、つづく。

多文化と豊かな文化

今日、川崎市外国人市民代表者会議関係で川崎市の外国人市民の実態調査のワーキンググループに行ってきた。調査の調査票の案がよく進んでいるので、来年度の予算が出れば、実現できるようだ。この調査で、外国人市民の生活のあり方を把握しようとしている。その一面は、文化的な暮らし方だ。

最近、「多文化社会」が取り上げられている。例として、ヨーロッパの諸国がある。しかし、私は多文化社会に対する疑問を抱くようになった。可能であるかどうか、そして可能だとしても、良いかどうかという疑問だ。まず、多文化社会を定義しよう。

「多文化」というのは、一つの社会の中には複数の区別できる文化が共存する状態だ。ただし、日本には関東人と関西人がいるだけで多文化社会にはならない。関東の文化と関西の文化は両方日本の文化の一種であるからだ。関東人も関西人もそう思う。一方、中世のヨーロッパで、ユダヤ人の文化とキリスト教徒の文化は二つの文化だった。両方はそう思ったし、文化を区別するように両方が努力した。もちろん、一線を画すのは難しいが、双方が文化を別々に見做して、区別をよりはっきりさせようとすれば、多文化になると言えよう。

この定義で、多文化社会は常に不安定だと思うし、少数派になる文化が必ずと言って良いほどの確率で弾圧の対象になる。なぜなら、二つの文化が違いを強調して隣で暮らすが、人間は別の文化を排除する本能は強いからだ。別の文化が別の国にあるとしても、戦争の原因の一つになることもあるが、一定の距離を置いて共存できる。家は隣同士であれば、それは無理になる。

具体例の一つは言語だ。国の中で二つの言語が二つの文化の母語となれば、そしてお互いに他方の言語を流暢に話せるようになることを評価しないか、抑制するかとすれば、この二つのグループが文字通り相互理解できない。問題があれば、話し合いで解決できないので、簡単に軋轢になって、暴力に展開する。

だから、多文化共存を目指すべきではないと思ってきた。

一方、豊かな文化を目指すべきだと思う。豊かな文化というのは、重層的な文化で、多面的な文化で、多様性を満ちている文化で、多種多様な要素を含む文化だ。言語が複数生きている文化は豊で、宗教も、音楽も、料理も、服装も多種多様である文化は、豊かである。

豊かな文化を作り上げるために、主に二つの方法がある。一つは、市民の創造力や想像力を自由に駆使させることだ。もう一つは、外国からの移民を促進することだ。日本で、移民のおかげで肉まんやラーメンがあるし、漢字も渡来人によって持ってこられたそうだ。しかし、多文化社会は危ないので、渡来人が日本の文化に溶け込むように措置をとるべきだ。多様性がある文化を用意すれば、溶け込むために特徴のすべてを失う必要は全くない。実は、必要条件は一つしかないと思う。それは、日本語を身につけることだ。日本語はできないと、日本の文化に溶け込めない。

日本語能力だけでは足りないが、日本語に加える要素は自由だ。もちろん、日本の伝統文化は良い。生け花、茶道、歌舞伎などを制覇すれば、日本の文化に入るだろう。武道も同じだ。ただし、現代文化でも良い。アニメや漫画、アイドル、大笑いなどもそうだ。食文化も候補になる。日本語ができる、生け花と茶道を趣味とする人は、日本の文化に浸かっていると言えよう。この人はイスラム教徒であるとしても、多文化ではなく、豊かな文化に貢献していると言えるのではないか。

この立場から、移民を歓迎するべきと同時に、慎重に審査するべきだ。

『27+』

『27+』というのは、北川景子さんの写真集の『27』のメーキング映像だ。先日発売されたので、ファンとして当然予約注文した。しかし、家族が日本にいるために、しばらくの間見られなかった。楽しみにしていたし、がっかりしなかった。

先ず以て、既に北川さんのファンの人向けの作品だ。この作品で北川さんのファンになるはずはない。ただし、ファンであれば、満足すると思う。写真集のメーキングに加えて、インタビューもあるし、握手会の様子の映像もある。サプライズ誕生日パーティの様子も納められているので、実は私のシルエットも登場する。だから、個人的な価値もあるが、イベントに参加できなかったファンにも、この映像には充分な価値があると思う。

内容だが、写真集のメーキングはその通りだ。写真撮影の現場も、その間の移動も収録されているので、北川さんの素顔が見える。実は、今までの印象を考えれば、写真集より素顔になるかと思う。もちろん、明るいときの素顔だが、ファンを楽しませるために計画した作品には自分の落ち込んだ姿を収録するわけにはいかない。その上、この写真集は本人の計画だそうだし、本人が好きなパリーで撮影したので、本当に楽しい気持ちで動いたと言われても驚くほどではない。もちろん、役者の仕事は感情を偽ることだから一般的に疑うことがあるが、ここで本当のことがあると私は思う。

証拠はもう一部ある。写真集の中で、複数の北川さんの姿の写真が載っているが、殆どの姿の撮影が映像に登場する。唯一の例外は、セクシーの半透明洋服の写真だ。現場をそのままで撮ったら、北川さんは見せたくないところが露になったはずだから、そのままで撮影したことを前提としたら当然だが、ビデオの撮影も工夫されたら、この姿も収録できたと思える。

撮影の過程を簡単に収録したので、特にストーリーもないし、思わぬ展開もない。ファンではないと、つまらないだろう。ただし、ファンには、北川さんの普通の姿を見る貴重な機会になっている。だから、ファンのみに薦めるが、ファンにはぜひ見てほしい。

インタビューにも興味深いところがあった。北川さんによると、ファンとの隔たりを感じた時はあったが、大学卒業以来、ファンとのつながりを感じてきたそうだ。一人一人との繋がりを感じるはずはないが(Facebookでは「いいね」が6万件に上ったし)ファン全体との繋がりを感じるかもしれない。そして、握手会で「自分のファンのみが集まる場所は初めてで、緊張している」ともおっしゃった。このブログで前にもファンが妄想で有名人とのつながりを感じることに触れたが、対象となる有名人も繋がりを感じたら、本当に妄想であるかどうかが疑わしくなる。もちろん、個人的な絆はないが、ある意味つながっていると言えるだろう。

『27+』を買って良かった。他の北川さんのファンも、ぜひ。

特定秘密保護法案の交渉

現在、国会で特定秘密保護法案の審議が行われている。ニュースによると、与野党の駆け引きが続くそうだが、私はこの交渉の過程を高く評価する。

与党の自民党と公明党には、衆参両院には過半数を占める。だから、野党が反対しても、法案を国会を通らせられる。与党の立場から、交渉は不要であると言えよう。それでも、野党の意見を聞いて、なるべく多くの支持を得ようとしている。ニュースによると、野党の提案に応じるために法案を修正したそうだ。そして、野党も、法案に賛成できなくても、与党の譲歩を認めている。この交渉によって、法案が改善されたと思うし、国の運営に重要な問題でなるべく広い支持を得たとも言える。

これは、民主主義のあるべき姿なのではないか。

過半数を獲得できたからと言って、恣意に強引な決定を強いても良いとは言えない。もちろん、交渉をしても合意に至れなかったら、過半数が決める。それは民主主義が凍結しないような措置だ。しかし、その前になるべく多くの政党の理解を得るべきだ。野党も、このような交渉に応じることは、与党に伏せることではない。むしろ、野党の支持層の利益が忘れられないように努力している証拠だ。

このような市制が崩れれば、アメリカの議会のような状態に陥りかねない。全面的な合意はほぼ無理になった。アメリカ合衆国の債務不履行さえ避けられるかどうかが話題となった。日本がそのような状態を回避するべきだろう。

過程は高く評価するが、法案はどうだろう。国家には保護しなければならない秘密がある。世界中の人は皆善意であるとはあいにく限らない。対立する国も存在する。だから、法案の基本に賛成する。詳細には疑問を抱く点がある。例えば、特定秘密の指定は重要な問題だ。このような法案で政府には恥ずかしい事実を隠しては行けない。だから、個人的に第三者の委員会のチェックがあると良いと思う。総理大臣の管理を強化したそうだが、それは大臣の個人的な自己防衛の指定の防止策になるが、政府全体にはまずい事実の隠蔽を防げない。そして、公開する期間は65年になる見込みだが、それは長すぎると思う。公開時期があることで、情報を破壊することが犯罪になるので、あると良いが、民主党が提案した30年のほうが良いだろう。政治家の犯罪が隠蔽されたら、死ぬ前に明かす法律であれば、政治家が犯罪を行わないような動機になる。そして、秘密の政策には犠牲者があったら、30年後なら賠償金を与えることはできるだろう。65年であれば、もう何もできない。

だが、このような詳細は、一人が恣意的に決めるわけにはいかない。だからこそ、国会での審議過程を高く評価する。