家族の義務

家族を構成する人には義務を法律で付けても良いと私は思う。家族の間に、お互いに義務を持つのは家族の本質の一部であるからだ。

先ずは、扶養する義務だ。家族がお互いに支え合うのは当然なことだから、この義務を担おうとしない組織は、家族ではない。愛し合うも当然だが、法律は感情を縛ることは出来ない。扶養は、具体的な行動になるので、命じたり禁じたりすることは可能です。親に子供を育てる義務は基本だが、子が老後の親を扶養することも、夫婦(夫夫、婦婦)がお互いに扶養し合うことも重要だ。働き盛りの人は、扶養する側に属すると思える。扶養の内容を大まかに法律で定めなければならないが、栄養や涵養を与えることが基本だろう。常識の扶養だ。

でも、この義務に加えても良いとも思う。家族を重視する制度を構築するつもりだからだ。例えば、借金の返済する義務を家族にも付けられる。賠償責任も刑事責任もある程度家族に付けても良い。もちろん、親の犯罪の為に子を刑務所に入れないが、私は罰に原則として反対するので、犯罪を償う責任を家族に付けることになる。このような措置で、社会の単位が家族になる。

これで、重要な但し書きがある。

先ず、個人はいつでも家族から離籍できるのは大前提だ。義務を重く感じれば、離籍して義務をなくすことはできる。借金などが発生した当人が離籍すれば、責任がその個人と一緒に家族から離れるので、この手法で返済義務から逃れられない。原則として、何の義務でも離籍で回避できるが、子供に対する例外は必要だろう。前にも述べたが、子供の位置づけは本当に難しい問題だから、最後に考えたいと思う。制度の全体像が描かれる前に、子供の位置づけを説明するのは困難であるからだ。

そして、義務を生じさせる人を除籍することも可能だ。そうすれば、義務が当然消える。家訓の手続きに従って除籍すれば、自由にできる。もしその手続きで除籍できなければ、家庭裁判所に申請すれば良い。例えば、家訓は特に設定されていない家族で、義務を齎した人の賛成が必要となるので、難しいだろう。ただし、その人が齎す借金は特に重ければ、家庭裁判所で訴えて除籍してもらえる。

結局、この義務をどうしても免れたいなら、離籍や除籍でできるのは前提である。個人の自由を保障するために、この条件は必要だ。

家訓で、さらに義務づけることはできる。同じく、離籍してその義務を避けることもできる。そして、家訓で法律で定まった義務を否定することは出来ないとした方が良い。家訓で、家父長に扶養される権利があるが、扶養する義務はない状態は許せないことだ。家族は、お互いに支え合う組織だから、そうしたくなければ、家族以外の法的な措置をとるべきだ。

もう一つの但し書きがある。この家族の義務は、憲法で定めるべきではない。前にも述べたが、憲法の役割は、三権の行動を制限することだ。一般国民の行動を制限するのは、普通の法律だ。

家族には支え合う義務があれば、一緒に組んで何かの計画を実現することも当然だろう。つまり、家族経営の事業は良い。次に論じたいのは、そのことだ。

家庭法人?

先ほど、家族の家訓で決断方法を設定することや家族の財産に就いて書いたが、法律に馴染みがあればこれは法人の定義に見える。だから、この提案は新しい法人の種類になるのだろうか。「家庭法人」と。

さらに思い浮かぶ問題がある。家族の構造を自由にするべきであると強調したが、そうすれば血縁は一切ない人が「家族」になれるので、この「家族」を「家族」と呼ぶ根拠はどこにあるかが問題になる。この問題の解決には、二つの側面は必要だと思うが、その一つは家族の義務である。それは後日に論じたいと思う。今日、法的な位置づけに就いて考えたいのである。

まずは、「家庭法人」を勝手に作らせない方が良いと思う。この種類の法人には特別な目的があるので、その目的を保つために制限を設けても良いだろう。他の法人には同じような制度があるし。

だから、まず一人の人間は、ある時点に、一つの家族にしか属することはできない。変更は可能だが、同時に二つ以上に属することは法律上認められない。

そして、家族に属すれば、その家族の苗字を自分の苗字として持たなければならないこと。かなり前のことだが、通称を日本人にも認めるべきだと思うので、本名は家族と同じであるとしても、営業などで別名を使っても差し支えない。ただし、本名は家族と同じだ。変更したかったら、まず家族から離籍しなければならない。

もう一つの条件は、家族の全ての人は、横の絆か上がる縦の絆かで生きている家族の人と繋ぐ必要がある。例えば、血縁の家族を考えれば、ある女性をその人としよう。まず、配偶者はこの女性と横の絆を持っているので、家族の一員になる。そして、女性の子供は、女性に上がる絆で繋ぐ。子供の配偶者も、横の絆、そして上がる縦の絆で繋ぐ。女性の孫は、二つの上がる絆で繋ぐ。ひ孫は三つの上がる絆。ただし、女性の兄弟は家族の一員ではない。女性と繋ぐために、親までの上がる絆、そして女性までの下がる絆は必要であるからだ。

家族の関係を自由としたら、兄弟が女性の養子になって家族に入ることはできるが、そうしたら良い。家族の人数には制限を設ける必要はない。なぜなら、家族の財産や他の優遇は、家族単位で決まるからだ。

この形を考えれば、戸籍にそっくりなのではないか。だから、家庭法人を戸籍に一致すれば良い。特別な手続きを必要としないので、誰にも簡単に家族が組める。

これで、相続の問題が発生する。家族の杭となった人が亡くなったら、家族が自然に分裂するからだ。しかし、財産などがあれば、それはどちらの家族に行くのだろうか。これは、家族の家訓に任せるが、初期値として杭になった人の一番上の子供とする。すなわち、子供になってからもっとも時間が経った子である。(養子であれば、年齢と違う場合もある。)家訓で別な制度を設けても良いし、家族で別な後継者を指定しても良いので、ここで自由は制限されていない。ただし、家族の財産を分配することはできない。そうするために、まず個人に譲なければならない。そのような行動を家族が認定した遺言ですることを認めるべきだ。つまり、杭が亡くなったら、その瞬間に家族財産の一部が次男に譲られるのような指定だ。

このような形があれば、「家族」の大半は今の考えの家族になると思える。しかし、それを更に保障するために、家族の義務も必要だ。個人に義務づけることだ。

靖国問題の個人的な見解

昨年末、安倍首相が靖国神社へ参拝した。韓国と中国が強く反発したし、海外メディアでの大騒ぎになった。そのとき、私の意見の投稿を公開したが、レッスンでその話題についてまだ話しているので、私の見解を説明したいと思う。

ここで、外交問題に触れたくない。むしろ、私が個人的に靖国神社に対して抵抗感を持つ理由は紹介したい。中国や韓国はどう思うとは、関係ない。

さて、先述べたように、抵抗感を感じる。出発点として、関係していないことを指摘したい。A級戦犯が合祀されたことは特に問題にならない。理由は神道の神学にある。本居宣長の有名な「神」の定義で、災いを著しく齎す存在も神として崇めると強調するし、神道の原点の一つは祟りを回避するための祭祀だったと國學院大學の岡田教授が述べる。だから、戦犯を神として崇めることは、その行動を称讃するところが、許せない態度でも可能だ。つまり、靖国神社の英霊へ重層的な態度を取ることはできると思う。二度と戦争の惨禍を齎さないように願う態度は一つで、もう一つは戦争に巻き込まれた一般の市民への謝罪を表すことで、さらに自分なりに国を防衛しようとする行為に尊敬や感謝を表すことだ。246万余柱の英霊に対して単純な態度を取るのはそもそも無理だと思う。

だから、A級戦犯が合祀されても、それは必ずしも参拝しない理由にはならない。確かに、正式参拝を目指したら自分の意向に合う祝詞を奏上してもらうのは難しいだろうが、それは別な問題になる。

それでも、私は靖国神社の本殿へ参拝しない。理由は、靖国神社の歴史にある。

靖国神社は、明治時代に建立された。明治時代初頭に、東京招魂社として建立されたが、官軍の戦没者を祀るために創始された。つまり、明治の新しい天皇制や国家神道の中心的なところだった。そして、時代が下がるとともに軍国主義の中心にもなった。明治維新の影響には良いこともあったし、悪いこともあった。私の見解で、靖国神社は悪いことと密接した。軍国主義はその一つで、大日本帝国もその一つだったし、大東亜戦争もその一つだった。

国家神道もその一つだった。神道の伝統を大きくつぶしたと思う。吉田神道の祭祀の方法さえ現在分かっていない。それは、数百年間神社神道の主流だった。仏教と密接な関係を持った神道も多かったが、神仏分離でそれは消えてしまった。数百年の伝統を担ってきた踏襲した社家は廃止された。伊勢の神宮でさえ伝統的な祭祀法が大きく変えられた。神社の土地の徴収され、神社が国家に依存しなければならない状態に陥れた。確かに、個人的に神仏分離は好ましいが、江戸時代にもその要素のある神道が存在した。その神道の種類のために、多くの種類を破滅する必要はなかったと思わざるを得ない。

靖国神社は、このようなことと密接な関係を持っただけではない。国家神道や軍国主義、帝国主義の象徴だった。帝国主義は、アジアにとっての悲劇だと思う。軍国主義は、日本史上の大きな悲劇として捉える。国家神道は、神道の歴史での悲劇であった。

この三つの大きな悲劇を象徴するために建立された神社に参拝するわけはない。

『年頭の所感』

『神社新報』で毎年の一月には『年頭の所感』という短い記事が載っている。これは、その年の年男や年女によって書かれている記事で、話題は自由だ。ただし、神社界の人に限るので、共通のテーマは多い。考えさせてもらうことは多いが、一つの記事への反応がブログの記事にならないので、複数の感想を同時に投稿する。だから、この投稿には複数のテーマが扱われる。

福岡県の宗像大社の名誉宮司の養父氏は、昭和5年生まれで、広島市の陸軍幼年学校に入学したそうだ。15歳のとき、入院中原爆によってベッドから吹っ飛ばされたという。それを乗り越えて、宗像大社で沖ノ島の発掘調査に携わって、神社の復活に貢献して、平成21年の世界遺産暫定登録を見たと書いてある。このような人生を考えれば、「被爆者」の言い方は失礼に感じる。15歳の出来事によって定義された人生ではなかったからだ。

そして、北海道神宮の宮司の吉田氏がサンマリノで神社が建立されることに触れた。ウェブで検索したが、詳細はまだ発見していない。(同じようなあらすじを公開する記事にとどまった。)これは興味深い。「ヨーロッパの初の神社」だと言うが、オランダにもフランスにも神社があるような気がする。確かにアメリカの椿大社ほど本格的な神社ではないので、厳しい基準を設ければ初神社になるだろう。最初であろうとでなかろうと、もちろん良いことだと思う。

上記の二件は、1月6日付に載っている。

1月13日付で、石清水八幡宮の禰宜の西中氏が石清水八幡宮の裏話の本を書きたいということを披露した。私は、そのような本は書いてほしい。正式な記録から出来事の配列などが分かるが、その裏に会って人物や感情は表されていない。スキャンダルを避けるのは当然だが、人間味を歴史に加える書籍は重要だと思う。神社の理解にも貢献するし、将来の歴史家の現代の理解と解釈にも大きく貢献すると思う。だから、期待している。

それに、生島足島神社の宮司の武藤氏が祭祀についてちょっと書いてくれた。その神社で、本殿には床はないそうだ。扉から階段を下りて、土間に立つそうだ。そこで、一番神聖な神事が執り行われるという。これは、まさに神道的なことだと思う。他の神社はこのようなことはしないのは言うまでもない。ほとんどの本殿には床がある。確かに、伊勢の神宮の床下には神聖視される心の御柱が立つが、本殿には床がある。そして、土に近いところを神社の聖地にするのは、自然崇拝の要素も持つ神道にふさわしい。このようなことを知るのは、私にとって貴重なことだ。

私が『神社新報』を読む理由は、このように刺激してもらうためだ。今年の記事も楽しみにしている。