裸を楽しむ

昨日の投稿は検索で人気になったら、今日は如何になるだろう。

ここで、裸になることは悪いことであるかどうかについて論じたい。話題は、問題になるケースに集中しているが、その前に他のケースは片付けたいのだ。

まず、着替える時に一瞬裸になるのは悪くないのは認めてもらうと思う。歴史的にそう認めない社会も存在したが、現在の日本はそうではない。同じように、お風呂に入るために裸になることも悪くないことも認めてもらえるはずだ。だから、その場合に裸で見られても、悪いことをしていると思われないだろう。同じように、緊急の場合、化学兵器から実を守るために裸になることも悪くないのは当たり前だ。お風呂にいる時点で火事があれば、裸で外に出ても、悪くないはず。

だから、このような場合を悪く思う人はいないことを前提として、問題になりそうな場合を論じる。

それは「裸を楽しむ」場合。

裸を楽しむことには、二つの種類がある。一つは、自分の裸が見られることを楽しむことで、もう一つは他人の裸を見ることを楽しむこと。後者は少なくとも男性の間に普通であるのは否めないだろう。前者も少なくないようだ。だから、卓上のことではない。それでも、ある行為は普通であるからといって、悪くないとは限らない。行動は良いかどうか、別に論じなければならない。

まず、裸を見せることを考えよう。悪い理由として、他の人は見たくないので、迷惑になる訴えがあるのだろう。これで、前に述べた自由を考えなければならない。醜い人は見たくない人もいるし、太った人は見たくない人もいる。だからといって、太った人の外出を禁ずるわけにはいかない。わざと人に迷惑をかけるために裸を見せるのは確かに良くないが、それは人に迷惑をかけることは悪いからだ。裸になったことには特に関連しなくても良い。

そして、相手は見たい場合もある。ヌードアイドルをする女性は、裸は見たい人に裸を見せる。人を楽しめるのはそもそも良いことだ。それでも、そのような写真集を出す女性を軽蔑する傾向はあるようだ。根拠は謎だ。自分の能力を活かして、人を楽しめることは決して悪いことではない。それに、その女性が裸の撮影を楽しむとしたら、さらに良いのではないか。他の人を楽しませるのは良いが、その行動を自分で楽しむのは更に良い。楽しまない女性は、その仕事を辞めた方が良い。

この場合、写真の登場する女性も、写真を楽しむ人も、何も悪いことをしていないと私は思う。悪いことをしているのは、それを批判する人だけだ。

更に、更衣室で特に裸を見せるつもりはない女性は、男性に見られ、男性を楽しむ場合はどうだろう。女性が嫌に思うのは昨日の話題だったが、それを払拭すれば、ここに何が悪い?人が生活の中でちょっと下喜びを拾ったに過ぎない。これも、良いことだ。

こう言っても、このように楽しませるのは良くないと思う読者はいるだろう。その根拠は、性的な行為が悪いからだろう。それも、私は賛同できない意見だから、これから論じたいと思う。