充実な生活保護

では、充実な生活保護が必要であれば、どうすれば良いのか。

この投稿で、「基礎収入」という政策を紹介して、推薦したいと思う。

基礎収入というのは、基礎年金に似ている。国の住民の全てに毎月ある金額を給付することだ。

まず、「住民の全て」はその通りだ。子供も含まれるし、受刑者も、無職の人も。そして、外国人も含まれる。短期滞在の外国人(例えば、観光客など)は住民ではないので、対象外だが、中長期滞在が認められた外国人が対象になる。この基礎収入の目標は、基本人権を確保することだし、国籍によって基本人権が変わることはない。

そして、金額の問題だ。これで、基礎年金支給額を基準としたらよい。今のところ、年間¥778,500になるようだ。この金額で贅沢な生活は送れないのは明らかだが、死なない。もちろん、基礎収入を非課税にするべきだ。これで、もう一つの基準が浮かび上がる。それは、普通の人の場合非課税になる収入額だ。基本控除だけで、¥1,030,000だと思う。(基本控除は¥380,000、青色申告控除は¥650,000である。これを合わせたら、基本的に非課税になる収入額が分かる。)そして、100万円の年収で若者でも生計は辛うじて出来るかと思う。そして、分かり易い。だから、とりあえず基礎収入の支給額を年間100万円にする。

そうすれば、原則として所得の全てに課税する。基礎控除がなくなる。

年収100万円で生きられる。だから、職業はなかなか見つけられなくても、死なない。窃盗する必要もない。所有権利を保護することで、倫理違反にはならない。それに、基礎年金を廃止しても良い。もう収入は確保されているからだ。未納問題がなくなる。(事実上、未納の人は生活保護をもらうので、社会にとってただの損であろう。)確かに基礎収入に頼って働かない人が生じるだろう。それはある意味で社会問題になりそうだが、ホームレスの社会問題ほど酷くないし、犯罪より大幅にまし。

そして、年収100万円は確かに高くない。生きられるが、楽しい生活はできない。だから、所得を得る動機はまだまだ強いと思う。それに加えて、人間は働きたいようだ。基本精神として、人間は怠け者ではない。社会に貢献する仕事はないと落ち込むそうだ。それに、あることはやりたい人は多い。ただ単にお金の為に働く人は少ない。だから、基礎収入が導入されても、住民の大半が働くと思える。

その上、もう一つの良い点がある。子供にも基礎収入があるので、四人家族には年収400万円がある。贅沢ではないが、充分だろう。子供が貧困に陥ることは少なくなる。子供の頃の貧困は、子供の将来に重い影響を与えるそうだから、それを避けるのが良い。

自由の観点から見ても、社会問題の観点から見ても、基礎収入には利点は多い。

大きな問題は一つ。1億2千万人へ年収100万円を支給すれば、国家が毎年120兆円を出すことになる。

これは、現在の国家予算の総額を上回るが、含まれていないことは多い。一方、生活保護が完全に不要となるので、単なる加算でもない。それでも、税収を拡大しないと、明らかに無理だ。基礎収入の金額を減らせば、意味がなくなる。生計を立てられるのは基準であるからだ。

だから、基礎収入は、すぐに導入する政策ではないと思う。それまで、他の措置をとって、自由をなるべく確保しなければならない。

労働と生計

イギリスやアメリカでよく聞かれる意見は次の通りだ。働かない人には、食べる権利はない。働けない人には慈悲するべきだが、働くための体力がある人が働けなければ、餓死しても問題ではない。そうしないと、だれも働かないし、社会が崩れ落ちる。だから、社会福祉は、厳密に必要とする人に限定するべきだ。

私は、そう思えない。この投稿でその理由を説明する。

仮に、私は元気な人で、今職業を持たないとしよう。私は、努力して、生計を立てようとする。

そうすれば良い?

近所には畑は多いから、その畑から食物を収穫すればいかがだろう。それはもちろん窃盗罪だ。畑の野菜や田圃のお米は人の所有物だから、勝手にとるわけにはいかない。

では、次の手段はどうだろう。近所のスーパーに行って、働こう。良いだろう。

でも、それほど簡単ではない。ただ単にスーパーに入って、作業服をとって、働き始めることはできない。その前に採用するために申請して、審査を通って、雇ってもらわなければならない。他の職業も同じだ。採用されない限り、働かない。

残っているのは自営業だ。しかし、人を強制的にお客さんに出来ないので、自営業に苦労しても、食うための収入を得ない可能性もある。

「働かないと食う権利はない」という思想は、社会が出来る前の状態では当然で、自然である。狩猟族についている人が何もしないと、食べ物が魔法的に隣に現れない。働かないと食べない。ただし、この状況で外に出れば、見る栗や貝を食べても良い。所有物という思想は全くないからだ。現在の社会はそうではない。

畑から野菜をとること、店からカップラーメンをとすることを禁じるのは、自由を保つために必要だと前にも強調した。そうしないと、誰も自分の財産を安堵感を持って所有できない。そう出来なければ、将来の計画もできない。将来の計画は出来なければ、選ぶ自由はない。だから、その所有する権利を守らなければならない。

しかし、その権利を守れば、人には自分の意志や自分の体力で生計を立てる機会が奪われる。他の人の所有物に配慮しながら行動しなければならないからだ。

それでも、ある人の計画の自由のために、この人が死ななければならないことはない。この人の選ぶ権利は他の人と全く同じ重要性を持っているからだ。だから、二つの倫理的な選択肢がある。

一つは、無職者に窃盗を許すこと。

これは明らかにだめだ。所有物の安堵感を完全に破壊するので、人生の計画も破壊される。というより、人生の計画の重要な一部が財産を守ることに占められる。これも、自由ではない。金庫以外なことを計画したい人は多い。

では、もう一つは?

もう一つは社会福祉。生活保護。無職者にお金を出して、所有物の安堵を乱さずに生計を立てられるようにする。

もちろん、生活保護を出すための財産は、税金からとる。強制的に人の財産なら徴税する。だから、特にアメリカで反発する人は多い。しかし、根拠はない。生活保護はなければ、窃盗を許さなければならない。所有権利を保障するために、生活保護を設けなければならないので、それに必要な措置は、所有権利を侵すことはできない。税金は民主主義な国家の審議の上で決められるし、事前に知らせられるので、計画に取り入れられる。

所有権利は廃止するべきだと強調する哲学者もいるが、私は賛同しない。自分の人生の計画して実現するために、所有権は必要だ。だからこそ、充実な生活保護も必要だ。

選択する自由

先日、人生を選択する自由を基準とすれば良いのではないかと提案した。しかし、「人生を選択する自由」は曖昧で、分かりにくい。具体的に何を指すかは、今回論じたいと思う。

概念は簡単だ。職業、遊び、住居、友達、宗教などを自由に選べる状態だ。つまり、人生の過ごし方を自分で選ぶ権利だ。

もちろん、それで済めない。私は住居として皇居を望んでも、無理だ。住ませていただけない。だから、現実の世界で、この自由には制限がある。別な例として、私はオリンピック選手になりたくても、できない。もう年を取ったし、運動精神はあまりないし、そもそも無理だ。画家になることも同じだ。この自由は絶対的なことではない。

それでも、上記の例で無理なのは、叶うことだ。目指すのは可能だ。だから、第一歩は、何でも目指せる環境だ。この「目指す」は、ただの夢にはとどまらない。計画を立てて、実現に向けて具体的な措置をとることを指す。だからこそ行動の自由は言論の自由とほぼ同じ重要性がある。

計画を立てるために、将来について予想できるのは必要不可欠だ。何の財産があるか、何の時間があるか、どういう風に動けるか。この可能性を奪えば、せっかくの計画を台無しにするので、そのような行動を禁じるべきだろう。この必要性で多くの犯罪を禁じることはできるし、国家の行動も制限できる。予想外の損失をできるだけなくすべきだし、予想できる損失を設置する手続き等も決めなければならない。これは刑法の根拠となるだろう。行政法の重要な部分の基盤ともなると思う。

その上、今財産も時間もないことが分かったら、何も計画できない。だから、財産も時間も、最低限で保障しなければならない。大きく見れば、これは社会福祉の役割だ。つまり、刑法や行政法と同じレベルで社会福祉は必要だ。誰にも最低限の可能性を与えなければならない。

それでも、何でも目指せるわけはない。月に行けないが、国家の役割の一つは、それを可能とすることだろう。それはただの手法の問題だが、より根本的な問題がある。例えば、仮に私はある女優の一人の彼氏になりたいとしよう。しかし、同じ希望を持っている男性は百人いる。さらに、この女優は実は同性愛者であるので、彼氏は一切欲しくない。この場合、私も、他の男性も、女優も、目的は果たせない。このような状況で、どうやって競えばよいかも、人権を守るために定めなければならない。ここで、二人の同意を前提とするだろう。

人の愛の場合は、本当に難しいが、物の場合も同じだ。私も他の人も同じオレンジが欲しかったら、どう決めれば良いか。これはもちろん貿易だ。選択の自由を保つために、なるべく自由貿易にするべきであるのは明らかだが、それはこの自由を保つためだ。貿易の自由が人の選ぶ自由を侵したら、貿易の自由を制限するべきだ。

競うと言えば、金メダルを目指しても叶わない場合もある。競い合い方も定めなければならない。そして、保障すべき自由は、競い合う自由だ。負けたら仕方ない。負けた方はないと、勝利者も存在しないからだ。法的な制限はないことはもちろん大前提になるが、競い合う自由を保障するために、機会や財産をまた保障しなければならない。

このブログでこれからもこの基本思想の具体的な内容を論じたいと思う。

自由と邪悪

先に自由な社会で悪徳を寛容しなければならないと述べたが、それに加えてその寛容に限度があるとも述べた。このような但し書きは、歴史を見れば自由を潰す言い訳にされたことは多いので、そうならないように気をつけなければならない。

繰り返して、制限の必要性は強調したい。邪悪のなかに、殺人も入っている。通り魔殺人を「自由」の大義名分でも許してはいけないのは、誰も否まないだろう。明らかな常識である。しかし、限度なしに悪徳を許せば、通り魔殺人も許す。それも明らかだ。結論は避けられない。悪徳の寛容には制限を設けなければならない。

で、問題が始まる。どうやって制限すれば良いのか。まず、許さない行為を一つ一つリストアップするのは役に立たない。理由は二つある。一つは、私たちの「悪徳」の定義に反発する人は存在するので、私たちの選択の正当性を見せるために、何らかの根拠は必要不可欠だ。もう一つは、事前に問題について考えても、発生する状況の全てを思い浮かばせるわけはないので、リストに入っていない邪悪に遭うこともある。その場合どうする?リストに加えたら、私たちの都合に悪い行為を禁止する制度になりかねない。基準も根拠はないので、直感で禁じる。しかし、人の直感が異なる。それも、自由を保つ重要な理由になる。

だから、一般的な根拠や基準は必要不可欠である。しかし、これは安易な問題ではない。数百年に亘って哲学者がこの問題と取り組んできたが、まだよい解決策は見いだされていない。その努力を踏まえて、私も努力したいと思う。

第一の候補は、他の人に影響を及ぼさない行為は、邪悪でも許すべきであるということだ。しかし、先ほどの投稿で説明したように、この基準で許す行為は存在しない。だから、より内容がある基準は必要だ。

人気のある基準は、他人の自由を侵さない行為を許すことだ。残念ながら、これも同じ結末に陥る。「嫌な思いをさせられない自由は尊重してほしい」と人が訴えたら、これは自由の一種であるのは否めないので、もう一度なんでも禁じることになる。ただ、「自由」を中心に据え置くのは良いと思える。自由の種類をより厳密に定めると良かろう。

今のところ、私の提案は下記の通りだ。

他人の人生を選択する自由を侵さない行為は許すべきだ。

これは完璧ではない。しかし、問題の一部は解決できる。

まず、通り魔殺人。被害者の人生を奪ったので、人生を選ぶ自由も奪った。だから、このような行為を禁じることはできる。

そして、嫌な思いを起こす行為。嫌な思いを持っても、自分の人生を選ぶことはできるので、このような行為を禁じるべきではない。

しかし、間にある行為が問題になる。

例えば、人を殴って、ちょっとした痣をさせる行為を想像しよう。これほどの傷は、人生を選ぶ自由を損なわない。躓いたらこのぐらいなことがあるし。だからといって、このような通り魔事件を許すべきであると言い切ったら、十分おかしいのではないか。骨折を起こしたら、それが自由に制限を課すので禁じられるし、病院で手当を受けさせる行為でも、その一日の人生の自由を奪う。が、ただの痣はどうか。これは問題の一つだ。

そして、反対方面から考えよう。同性愛は宗教の多くに厳しく批判されている。ある社会で、権威のある人は皆同性愛を批判して、すべからず行為として掲げたら、その社会で本当に同性愛者の生活を選べるだろう。もちろん、法的な制限はない限り、踏み込んだら選べるが、実質的な自由は重要であると何回も述べてきた。この場合、実質的な自由はあるだろう。

悪徳として批判することだけではない、揶揄したり軽蔑する行為もそうだ。例えばバレエをする男性を軽蔑する社会であれば、男性は本当にバレエを自由に選べるか。実は、現在社会ではこのような制限があって、特に女性の自由を制限すると言われるし、証拠はなくはない。これは問題の一つでもある。

一方、行為を批判する自由は重要な自由だ。助言するために必要不可欠だし、政治活動や会議でも避けられない。同じように、他の人にちょっと不便をかける行動を許すべきであるとも思える。だから、不便と痣の間の境界を見つける方法は求められる。

ここで、「人に傷を負わせないなら良い」と言いたくなるだろうが、これは役に立たない。肉体的な傷に制限すれば、重要な傷が対象外になる。精神的な傷を覆えば、先に述べたように、何でも禁じられるようになる。この基準は、自由を保障する規則にならない。「人の傷を目指す行為を禁じる」提案はよく見えるが、殴る目標はただ腕の運動だったとか、避けられる。

歴史的に見れば、言論の自由を絶対的にする一方、行動を制限する傾向が目立つ。私は、それを避けたい。私のような哲学者には良いかもしれないが、行動を望む人には厳しい制限になる。そして、言葉は必ずしも行動より安全であるとは限らない。ヒトラー自信がユダヤ人を一人も殺さなかった可能性はあるが、そのためヒトラーの罪が軽くなることはない。言葉で殺したと言える。

だから、痣ぐらいの怪我を負わせる行為は、許すべき邪悪の範囲に入る可能性は否めない。同じように、熱意な抗弁が許してはならない範囲に入ることも考えなければならない。

そうなれば、選択肢は二つ。一つは、基準を捨てること。このような結果があれば、明らかにだめだと思って、次の候補を探す。

もう一つは、基準を容認して、常識を変えることだ。このような常識は案外簡単に変わっていくので、この選択肢も現実的だ。一方、軽く殴る行為を許すことになっても、評価しないし、批判する。他方、選択の自由を本当に制限する抗弁はかなり強いほうだから、印象は過激的であろう。

これは慎重に考えねばならない問題だから、これからも更に論じたいと思う。