家族と婚外子

家族を重視する法制があれば、婚外子が大きな問題になる。欧米のように個人を重視する制度で、特に問題にならない。親は結婚しているかどうかは、登録や法律上の権利とは関係がないからだ。しかし、家族を重視すれば、状況が違う。

基本的な問題は今までの説明から明らかだろう。一人の人間は一つの家族にしか属しない制度だから、婚外子は母親の家族にも父親の家族にも属することは出来ない。そして、扶養する義務の相続する権利も家族を単位として決める方針だったので、婚外子の相続権利がなくなる。それに、片方の親からの扶養を受ける権利もなくなる。現実を見たら、父親の方の扶養義務がなくなることは多いだろう。もちろん、出生届の時点で父親の家族に属するように届け出ることを可能とする法律は必要だ。その男は生父であることを保証する必要はそもそもない。今論じてきた制度で、血縁と家族との関係は必然的な存在ではないので、男の同意があれば、男の子として登録させる。それは、男は結婚している場合でも認める。その場合、配偶者の同意は必要としない。なぜなら、女性が浮気して婚外子を産んだら、夫の勝手な決断で子供を除籍させることは許せないからだ。

このような方針があれば、新生児の自由な養子縁組を容認することになる。本当の父親であることを保証する義務がないと、養子が欲しい人は、出生届の時点で自由にできるからだ。しかし、未婚の父親にしか遺伝子関係を証明する義務を付けるわけには行けないので、血縁関係を必要とするつもりであれば、結婚している夫婦でも遺伝子検査によって子供の父親を証明するように指摘しなければならない。そうしない限り、同じ家族でも母親の子にしかならない。これは明らかにまずいので、養子縁組の自由化の方の理由になる。

ここで問題を考えれば、ある家族の形が浮上する。それは平安時代の日本の伝統的な形だが、この制度に応じない。この制度で、結婚しても妻が実家のままにして、実家の家族の一員となる。それでも、子供が夫の家族に入る。一応、子供を父親の家族に登録することは可能だが、このような形で結婚は不可能。より一般にすれば、別々の家族に属する男性と女性は、二人で一人の子供の親になれない。

家族を重視する制度の目的は、家族に重要な役割を付けることだ。家族の形式を制限することではない。そして、他の投稿で述べたように、重なる絆は社会的に重要だから、家族の絆が重なれば、原則として良いことだ。しかし、そうすれば「家族」とは何かという問題が浮き彫りになる。家族が存在すれば、財産や事業を許すのは良いと思うが、家族の定義や本質をもう少し考察しなければならない。

だから、このテーマを暫くの間ここで置く。更なる考察が終わったら、また投稿する。

養子の子供

この家族を単位として中枢にする制度で、養子縁組を自由にするべきであると前に述べたが、それは双方の人は成年である場合に限って言った。片方は未成年であれば、簡単に「自由にするべきだ」と言い切れない。

しかし、制限を設定しようとすれば、極めて難しくなる。例えば、親は子供を養子として別な人に渡したいとしよう。基本的な形だろう。では、双方の大人の同意は必要だろう。必要条件として問題視されないと思う。ただし、これで充分だろう。先ず、子供の意向を考えよう。子供は新生児であれば、授乳すること意外には意向はないようだから、問題にならないが、幼児になるだけで親と離れたくなくなることもある。小学生以上は、自分の意志があるので、尊敬するべきだ。子供がはっきり意志を表すようになるのは5歳前後だろうが、意志を持つようになるのは2歳未満であると思える。だから、子供の意志を尊重するつもりであれば、養子縁組を禁じる時期があるようだ。(実は、子供が中学生になったら、現在の親の同意を必要としないほうが良いだろう。悪い家族関係から抜け出たい中学生もいるからだ。)

関係者の同意を必要としても、十分条件になるだろう。行政の機関が親になる人の資格を検討して、認めるべきなのではないか。少なくともアメリカではそういう制度があるし、日本にもあると思う。

しかし、それには問題がある。

子供を産む前に妊婦の親になる資格を検討して、基準に至らなければ中絶を強制する制度はない。国家が課す基準に満たない人には子供を産むことを許さない行為は、ナチスドイツのような弾圧的な国家の行為だと思われるので、そのような制度の導入に強く反対する人は多いと思う。しかし、養子の場合同じような制度がある。これは、医学的に子供を産めない人に対する差別よりほかならない。それに、医学的な性質によって差別してはいけない。

だから、養子縁組からこのような審査を撤廃するか、出産に課すかは選択肢になる。

実は、これは簡単な選択肢ではない。大人の家族を作る権利は重要だが、子供は親から大きな損害を受けることもあるので、それを防ぐべきだ。親には、子供を苦しめる権利はない。審査を必要としても良い方には、運転免許などの制度があることを掲げられる。子育ては車の運転より重要なことであるから、免許取得を義務づけても良いのではないか。確かに、原理として否めない。問題は、運転には運転の技能しか関わらないことにたいして、子育てには生活全般が関わる事実だ。親を免許すれば、親の宗教も問われるし、教育方針も、躾のやり方も、倫理観も、経済的な基盤も、将来の計画も、健康状態も、何でも。これほど広く審査すれば、事実上国家の方針に賛同する人にしか子供を許す恐れがある。だから、子供の取得を自由にするべきだと強調される。それでも、子供の苦しみは重要な問題。

だから、難しい問題で、ここで解決しようとしない。ただし、養子縁組と出産とに同じ条件を課すべきであることは明らかだ。

最後に、一つ。親は成年である条件を設けるのは自然だろうが、未成年には子供を設けたり産んだりする生物学的な能力がついているので、十代で出産する人はいつでも存在する。未成年の出産を禁じなければ、親としての養子縁組を禁じるべきではない。むしろ、養子縁組の養子は、新生児ではない場合もあると思えるので、出産ほど問題にならないだろう。

子供の権利と養成を考えれば、極めて難しい問題になる。幸い、親の大半は子育てに真剣に努めるので実際の問題になることは珍しいが、理論的な問題として難解な問題の中で難解な問題である。解決は提供できないが、現行の制度が子供の権利と子供の養成のバランスを正しくとるとは限らない。

自慢話

短い投稿が続く。今日は、自慢話だ。

先日、真由喜との二人旅の予約のために旅館に電話した。やはり、大人一人と子供一人の旅は珍しくて難しいので、話がちょっと長くなった。値段が割高になるとか。(ちょっと一人親には親切ではないので、近い将来に変わると思うが、今の状況はその通りだ。)今回選んだ旅館に行くために特急列車に乗らなくても良いので、予算は足りたので結局予約することにした。

「では、お名前を聞いてもいいですか」と聞かれた。

「はい。チャートと申します」ともちろん答えた。

「あ、日本人ではありませんか」との反応だった。

外国に住んだことのない人は、どれだけ感動したか分からないだろう。すなわち、数分の電話で、外国人であることがばれなかったわけだ。

顔合わせになると、日本人として捉えてもらうことは先ずない。だから、電話で日本人であると勘違いしてもらうのは、言語力の大きな目標になった。言葉遣いも発音も、完璧にする必要はない(電話での音は荒いし、電話でちょっと不自然に話すネイティブもいるし)が、自分的に大きな実績だ。特に、30歳を過ぎた年齢で来日した私にとって、発音は難題だ。少なくとも酷くはないことを、ちょっと自信をもらった。

単純な自慢話ですまない。

専念の節分

報告はちょっと遅れているが、家の節分祭についてちょっと書きたいと思う。真由喜は節分の相当楽しみにしていたようだ。もちろん、幼稚園でも節分の行事をしたが、真由喜によると鬼はちょっと怖かったが、実は人間だったのでそれほど怖くなかったそうだ。さすが年長さんだね。

もう豆まきしたのに、帰ったとたん「節分やろうよ、ダディー!」と訴えた。豆を結婚式から保存しておいた升に入れて、真由喜に渡した。升には「寿」という文字が焼印があったので、ふさわしかっただろう。ただし、豆と一緒に買った鬼の面も、真由喜が幼稚園で作った鬼の面も、私が被ることを拒否した。それは怖いそうだ。面の裏には人間があるのにね。

豆まきの対照は、私。逃げる所作をしていた間に、勢いよく豆を投げられた。

「鬼はそと!福はうち!」

豆を全て投げたら、床からまた集めて、もう一度投げることにした。そして、ゆり子も加わった。思い切り追放された、私。

私が疲れたら、一応休憩した。恵方巻を食べるかどうかは曖昧だったが、当日になったら真由喜が食べる気になったので、ゆり子は買いにいってきた。そして、真由喜が正しい作法を要求した。恵方に向けて立ちながら、沈黙で恵方巻きを一本食べるようにされた。私は別に良いけれども、ゆり子はちょっと苦しがっていた。食事の時は喋りの時であるのはゆり子の恒例だからだ。

節分の祝いの間にゆり子が別な話をしようとしたら、真由喜がちょっと怒った。恵方巻を食べている間に喋り禁止だったし、それ以外でも節分以外の話題は禁止されていた。やはり、真由喜が楽しむ行事に私たちも集中してほしかったようだ。行事が終わったら、ちょっと柔軟になって、他の話を許すいてくれた。

そして、節分が終わったら、お雛様の飾りを真由喜は請求し始めた。週末に飾ろうか。

日本は、楽しい行事は多いな。