共同体の祭り

神社神道では、共同体の祭りは重視される。つまり、個人や家族の願い事に関わる祭りより、共同体全体と関わる祭りの方が重要である。祭りを大祭、中祭、小祭に分けるが、個人や家族の祭りの全ては小祭だ。初宮参り、七五三、結婚式などは例外なく小祭にされる。

現存の共同体の祭りを考察すれば、農耕関係の祭りは多い。全国の神社で共通する祈年祭と新嘗祭は豊作を祈る祭りと収穫を祝う祭りで、伊勢の神宮の神嘗祭は収穫の祭りだ。近所の白幡八幡大神の祭りにもう同じ傾向が見える。先日の初卯祭は、豊作か凶作を占う神事が中心となる。(今年の矢は、的に殆ど当たらなかったので、予報は良くない。)田植え祭や抜き穂祭は明らかに農業関係だ。

神道についての著書で、稲作は神道の祭りの中核であると述べ、稲作はなかったから縄文時代の信仰を神道とは言えない主張するケースもある。農業祭りはそれほど重要である。

しかし、現代ではその事実が大きな問題を生むと思う。

神社界が懸念する現象は、祭り離れやイベント化だと言える。地元の神社の祭りに参加するより、有名な神社の祭りを見物するために旅する傾向は強くなっているようだ。しかし、神道の本来の形は、地元の共同体の祭りを共同体で執り行うことであるのは広く思われているようだ。地元の祭りの関心を募る方法は話題になっている。

考えれば、基本的な問題は二つあると思える。

一つは、社会の構成の変更だと言えよう。つまり、百年前まで、家族が代々同じところに住んで、子が親の跡を継いだ。だから、共同体の祭りは子供の頃から参列した祭りだったので、懐かしく感じたし、参列する方法は当たり前だった。そして、その地区の住み着いた家族に役割を与えて、輪番で担ってもらう制度の基盤は堅固だった。

しかし、現在の状況が大きく変わった。地方で、過疎化が進み、跡継ぎがなくなる。代々住み着いた家族の新世代が都会へ流れてしまうので、祭りを担うことは出来なくなる。都会から地方へいわゆるIターンをする人が転入しても、指定された家族ではないので、祭りに参加できない。都会で逆の問題がある。住民の大半は、別なところから移住したので、地元の祭りとのつながりを感じないし、住み着いた家族との関係もない。

この問題に対応するために、排他的な祭り体勢を廃止するしかない。明治時代からの「氏子」の定義は、氏子区域に住む人だが、祖先がどこに住んでいたのは関係ない。対策として、述べるのは簡単だが、実現するのは難しいだろう。

それでも、もう一つの問題が残る。

過去から受け継いだ祭りは、現代人の生活とは無関係だ。私は、農業と関わらない。豊作か凶作か、間接的に影響されるが、その影響は少ない。この実態は良いことだと思う。人生がその年の収穫によって決められる状態は人間の発展には良くないからだ。しかし、農業祭りへの関心が低迷するのは当然だ。

実は、平安時代から同じ現象が見える。京都市の祭りは、農業以外のことと関わる場合は多い。例えば、祇園祭は、農業ではなく、疫病除けの目的に設けられた。火除けの信仰の広がりも同じ現象だ。残念ながら、現在この世界で疫病も火災もそれほど気にならない。医療も進んだし、消防車もよく効く。

これで、解決策の概念が見えてくる。現代社会に住む人が関心を持つことについての祭りを創作したら、参加を呼びかけることもできる。そして、新しい祭祀だから、歴史的な氏子体勢を超えた形でも実現できる。問題は、具体的にどのような祭りがよいのか、という疑問だ。その件について、次回ちょっと論じたいと思う。

京浜伏見稲荷神社

京浜伏見稲荷神社は、武蔵小杉駅に近く鎮座する。案内板によると、戦後鎮座されたそうだ。京都の伏見稲荷大社を勧請して、東京と横浜の間に建立して、地域の復興を祈ったそうだ。

重層で重複の社殿普通の神社と雰囲気が大きく異なる。先ず、戦後の鎮座だからかもしれないが、境内は建物の間に入れ込まれ、所狭しの気持ちだ。そして、社殿の規模は大きくて、建築も珍しい。神社の社殿の殆どは一階建てで、シンプルな装飾が施されるが、この神社の社殿は二階建てか三階建てで、屋根の形もややこしい。

そして、社殿の中には大きな宝珠が安置されるし、神鏡も日本最大であるといわれる。神鏡は高さ4.5メートルだそだが、社殿の外から見れば、信じられる。

人工池の周りの岩に狐像が群れる。稲荷神社だから、境内には狐像があるのは当然だ、大変多い。社殿の前の左右には108体の石像狐があるそうだ。数えなかったが、108体があっても不思議ではない。ネットで8年前の参拝の記録を見つけたが、その時点で狐は石のままだったようだ。ペンキ塗りは最近のことで、目立つようになった。石の中の洞窟にくつろぐ狐も、石の上を飛び上がる狐も、境外から除いて見える狐もある。

狐が集まる池は、滋賀県の琵琶湖を真似しているそうだが、小さな島は弁財天の神社になっているようだ。摂末社と言えば、複数ある。白狐社は、稲荷大神の眷属の狐を祀る神社だから、京都の伏見稲荷大社にもある。それに、稲荷神社の摂社として、稲荷神社もある。文殊稲荷と祇園玉光稲荷と呼ばれる。これで神道の特徴が見える。稲荷は同一の神様だと思えば、本社は稲荷神社であれば、摂社には稲荷神社を設けるのは無意味だろう。しかし、稲荷信仰の系譜によって、神様の神徳が異なってくるようだ。本社の伏見稲荷は、商売繁盛などのご神徳で、文殊稲荷は学業で、祇園玉光稲荷は芸能だそうだ。

小さな石鳥居の後ろに、彩られた富士山の模型が立つ。その中のアナには、神鏡が見える。他の末社として、浅間神社と白山社があるが、形は珍しい。写真で見えるように、山の模型がある。案内板から推測すると、この模型に使われる石は、富士山から運ばれただろう。

この神社は、もしかして神社本庁に属していないかと思う。理由は複数ある。先ずは、雰囲気は普通の神社と大きく異なることだ。神社には自由があるが、神社本庁が影響を与えるので、これほど異なると批判されるだろう。そして、終戦直後に鎮座された。これは、明治時代から続いてきた政府の神道の管理が解かれた瞬間だし、神社本庁が既存の神社の維持に精一杯だった時期でもある。そして、伏見稲荷大社は神社本庁に属していなかった有数の神社だ。その上、案内板で「江戸時代の造り」を強調する。これを考えれば、戦前の国家神道から解放された人が建立したのではないかと思える。

直接の証拠はないので、推測に過ぎないけれども。

正直に言えば、この神社は私好みではない。境内は狭すぎて、所狭しの雰囲気は落ち着いていない。しかし、神職が頑張っているのは明らかだし、私の好みは神社の基準であるわけはない。だから、この神社を評価したい。現代社会との積極的な取り組みだから、他の神社にも同じような動きが見えたら良いと思う。神社に興味を持てば、一回のご参拝をお勧めする。

小杉散歩

先日、武蔵小杉周辺を散歩してきた。これは、今年の近所の散歩計画の第2弾だった。2月の天気などのせいで、実現できなかったが、3月になって、またできた。武蔵小杉は、代表者会議が開催される地区だから、一部は慣れているとは言え、まだ言ったことはないところは多かった。

石段が鳥居をくぐって右に曲がる散歩道は、多摩川の東京側で始まったが、散歩する前に多摩川駅に近い多摩川浅間神社にお参りした。

この神社が案内本に載っていないが、充実した神社だった。御朱印もいただけたし、初宮参りは多かったようだ。浅間神社だから、ご祭神は木花咲耶姫神であり、安産や子宝のご利益を持っている。そう思えば、初宮参りは多いのは当然だ。山の神の神社に相応しく、(木花咲耶姫神は富士山の神様である)小高い丘のてっぺんに鎮座する。展望台から、空気が澄んだら、富士山が見えるそうだ。私がお参りした時にはちょっと曇っていたので見えなかったが、富士山の方向へ視線が届いた。

この神社の参道は、写真で見えるように直線ではなく、斜面を蛇行で登る。参道の両脇に木々が聳えるので、雰囲気はすごくいい。社殿の周りの木々も多いし、御朱印を書いてくださった神職の対応も良かったので、この神社は気に入りました。田園調布の氏神様であるというので、盛んである近所を基盤とするだろう。

覆いやねの下の大きな切り株そして、川を橋で渡って、武蔵小杉周辺を歩き始めた。先ず、日枝神社へ参拝した。この神社の創建は平安時代まで遡るそうだし、境内には神輿の倉庫は多かったので、祭りの時期には賑わうだろうと感じた。しかし、当日の天気は予報より寒くて、雨が脅かしたからか、人はあまりいなかった。

社殿は18世紀の建立であるそうだし、重要な古文書も持っているとの案内板もあるが、個人的に気になったのは神木の切り株だった。昔は、大杉が三本あったそうだが、昭和になって最後に残った一本が伐採されたと書いてある看板があった。切り株はその名残みたい。そして、境内のあちこちに「献木」との碑があった。やはり、境内の杜を再生しようとしている。

この神社は、多摩川浅間神社ほど栄えていないようだが、百年後の鎮守の杜を期待する。

桜が見える二ヶ領用水武蔵小杉周辺で道が多くて、住宅や店舗、産業施設も入れ込まれるので、景色は良いかと訊かれたら、正直に「はい」とは言えない。ただし、活気のある地区であることは明らかだった。店舗のほとんどは、駅から離れても営業していたし、新築や改築の工事も所々見えた。駅周辺の再開発は進んでいるので、この地区の地価が上がっているそうだし、活気もその兆しだろう。

徳川秀忠がこの周辺で邸宅を持っていたそうだが、そのところに今稲荷神社が三つ鎮座する。そして、緑地に近い場所には小杉神社が鎮座する。そして、後日(明日かな)紹介したい神社にもお参りしたので、どうぞお楽しみに。

天気のせいか、この散歩で本格的に楽しむことは出来なかったが、それでも有意義な一日だった。

バレエの発表会に当たって

バレエび化粧をしている真由喜昨日、真由喜のバレエの発表会を見に行ってきた。真由喜の初発表会だったので、やはりちょっと緊張したようだけれども、かなり上手にできたと思う。特に姿勢を取るのは上手だったような気がした。しかし、11月に始まったから、発表会に駆け込み登場の感じだからかと思うが、音楽合わせが乱れた。6歳だし。

発表会を見ると、考えたことは二つあった。

一つは?バレエが太った見せることだった。出演者のなか、太った印象を与えた子もいたが、ちゃんと見れば全然太っていなかった。ただ衣装や隣に立つ細い子の影響だった。だからバレエに対する抵抗感がある。日本舞踊なら、同じ体型で太ったように見えないと思う。人にはそれぞれの体型があるし、健康な状態で外見が違う。だから、一つの体型を優先する習い事はちょっと嫌だ。

そして、教室の発表会だから、出演者はそれほど上手ではなかった。友人や親戚が見る程度。もちろん、教室なりにお稽古と努力してきたので、発表会の構成などは良かったし、踊りの形ははっきり見えた。それでも、プロではないことも明らかだ。

でもそれで良い。活動を楽しめば、やり続けても問題ない。観客を楽しませるためではなく、自分を楽しませる活動でも重要だ。このブログも同じ範疇だろう。

そして、自分を楽しませるためにやらないと他人を楽しませるための能力は身に付けないだろう。だから、ちょっと下手な発表会は多い社会こそ芸能は優れるだろう。