霊魂と関わる問題

では、霊魂の理論で、どのような問題は解決できるのだろう。

先ずは、どのような存在には意識があるか、と言う問題だ。

人間を模する絡繰りを買ってもよいだろう。そして、つまらなくなったら、砕いてもよいだろう。

人間を買っても良いだろう。そして、つまらなくなったら、砕いても良いだろう。

絡繰りには問題はないと思う人は多いが、人間の場合はだめだと思うのは当然だ。常識だ。では、何が違う。

もちろん、意識の有無である。人間の形の絡繰りには意識はないので、砕いても問題ないし、売買しても良い。人間には意識があるので、そう出来ない。

では、人間にはいつ意識があるのだろう。胎児は、いつから意識があるのだろう。意識はないと、中絶には倫理的な問題は一切ないが、意識がつけば、もう殺人になる。受精の瞬間から意識があれば、中絶はいつも殺人である。それはカトリック教会の主張であるそうだ。霊魂を信じなければ、意識を支える仕組みはないのは明らかだが、霊魂の可能性を認めれば、もうそれほど簡単に片付けられない。胎児は人間である可能性に配慮しなければならない。

人生の最期にも同じ問題がある。意識が永遠になくなった人はもう体だけだから、機械で肺を動かしたり血液を循環させたりする必要はない。そして、内蔵を収穫して、他の人の生命を救うべきだ。しかし、意識が残る限り、そうするのは殺人だ。

この二つの問題は重要な倫理的な問題であるが、根拠のある解決のために確かな意識についての知識は必要不可欠である。

類似する問題もある。それは、動物の権利だ。

歴史的に、女性や黒人の人権を侵すことは多かったが、社会の改善と共にその問題が一段和らいだ。まだ完全な解決だとは到底言えないが、少なくとも大幅にましになった。では、黒人には白人と同じ権利があるのはなぜなのか。それは、肌色は何であっても、本質は同じであるからだ。では、その本質は何だろう。知識などは人によって異なるので、根拠にならない。根拠にされるのは意識や意志だ。黒人も白人も、感情もあるし目的もある、自分の人生を管理する権利がある。

では、動物はどうか。動物にも意識があれば、食べるために殺すのは許してはならない。意識はなければ、問題はない。テーブルを解体することと同じになる。動物には意識があるのだろう。決めるために基準はないが、霊魂の理論があったら、基準を提供することはできる。

実は、パソコンも同じだ。唯物論に基づいた意識の説明の一部は、コンピュータにも意識があると主張する。(全てのコンピューターではないが、適切なソフトがあれば、コンピューターにも意識、そしてけんり、がある。)本当にそうだろう。意識や霊魂についての理論で、この質問に答えられる。

関わる問題は倫理的な問題だけではない。延命の問題も関わる。先端の技術を使って、体を部分的に金属や機械で補足できるようになった。これを匠にすれば、人を無死に出来るのではないかと思われる。しかし、そうするために脳みそをコンピューターにしなければならないともよく思われる。そうすれば、意識は本当に保たれるのだろう。理論があれば、答えられるようになる。治療にも関わる可能性がある。体を動かせられない人にはまだ意識が残るかどうか、確実に判断できるようになるだろう。

その上、理論があれば、理論はない家に想像もできない可能性が広がる。

だから、意識がなぜ霊魂から発生することは当初に説明できないとしても、有意義な理論が発明できると言えよう。

私には発明できるというのは、全く別な問題なのだけれども。

霊魂論の問題

霊魂論を提唱して、問題解決できたわけではない。

まず、霊魂の証拠として、意識の本質は進化によって調整されたことを掲げた。しかし、ここで大きな問題が発生する。霊魂は、どうやって進化するのだろうか。

生物進化のために、親に似ているがちょっと違う子が生まれ、世界の中で挑む必要がある。霊魂の挑みには問題はない。体に結びついて、霊魂が挑戦するはずだ。しかし、子供は問題だ。体は、遺伝子を精子や卵子に託し、次世代へ体の性質を受け継がせる。霊魂はどうするだろう。遺伝子は霊魂を包含するはずはない。遺伝子は物質の体の組み立て説明書になるが、物質ではない霊魂の組み立てとは関係ない。それに、霊魂は頭の中に宿るようだが、精子や卵子は頭から遠い体の一部で生える。霊魂がどうやって絡むのか。卵子は少ないが、精子は極めて多い。その精子に一つ一つ霊魂の一部を託すのかな。

そうであれば、受精の瞬間から胎児には魂があるのだろうか。

ここで、この問題を解決できるはずはない。しかし、答えはないと、霊魂の存在の証拠がなくなる。

しかし、それより根本的な問題もある。

「霊魂があるので、意識がある」と言っている。それは、意識の説明だろう。

説明ではないのは明らかだ。ただ「だから意識がある」と言うのは、説明からほど遠い。

説明にさせるために、二つの方法がある。

一つは、霊魂がどうやって意識を発生することを説明する方法だ。このような仕組みがあるので、もちろん意識がある、というパターン。これは一般相対論が重力を説明する方法だ。重力は、時空の歪みであるとの説明だ。(だから、説明は一般人に分かり易い必要は全くない。)このような理論は今のところ掲げられない。

もう一つの方法は、意識が発生する過程を説明しないが、理論によって意識について役に立つことが言える方法だ。これはニュートンの重力論の形だ。ニュートンは、重力の数学的な形を描写したが、重力がどこから発生するかは、説明できなかった。仮説があったが、その仮説には致命的な問題我あったので、公表しなかった。(十数年前に勉強したことだから、覚えがちょっとずれた可能性も。)しかし、ニュートンの理論を使ったら、惑星の動きを説明できたし、彗星の動きも説明できた。その上、理論の計算によって新しい惑星の存在を予測して、探せば見つけられた。だから、理論として価値は充分あった。重力の説明として欠如したが、他の理論と組み合わせたら大変役に立った。

このような理論も掲げられないが、ニュートンはアインシュタインより数百年前に生きていたように、後者の理論は先に発明されるかと思う。後者の理論で、この投稿の最初の進化問題を解決して、そして霊魂と意識に関わる問題の解決を掲げたら、その後の学者が意識の説明に至るだろう。

しかし、霊魂の理論で、どのような問題は解決できるのだろうかそれは次の投稿のテーマになる。

痛みはなぜ嫌なのか

この投稿の問題は馬鹿な質問に聞こえるだろう。痛みは痛みだ。だから嫌だろう。痛みを感じたことはないの?と聞きたくなるぐらい。

しかし、よく考えたら、難しい問題だ。

痛みを嫌に感じるのは、意識の中で体に怪我があることは脳で受け取った現象は、嫌な意識を発生させることだ。ただし、なぜそうするのだろう。

わざと怪我をしないためだろう。

残念ながら、それは説明に至らない。脳の中で物質的な動きで、痛みを感じればそのようなことをしないように脳細胞の組み合わせを調整すれば、もちろんそのような状況を避けようとする。意外に簡単な仕組みでこの結果が発生するようだ。意識で嫌な気持ちをさせる必要はない。

そして、意識がどうやって脳細胞から活性するかについての理論もあるが、その理論はあくまでも「このような仕組みがあれば、意識がある」という。意識の本質について何も言わない。その場合、痛みがいつも痛いとは思えない。むしろ、痛みは楽しい気持ちなのに、その気持ちを避ける行動をとることは可能。

痛みは嫌であるのは当たり前すぎて、不可解さに気づかない。

もう一つのことは考えてほしい。健康に悪い経験は必ずしも嫌であるとは限らない。チョコレートを沢山食べることは決して嫌ではないが、健康には悪くなる。麻薬を服用することは健康に極めて悪いが、嫌ではない。

その理由として、次のような説明がある。

人間の経験への反応は、進化によって形になっている。体を破損することを求めた動物は、すぐに死んでしまったので子孫は少なかった。一方、破損された状況を避けた動物は生き残って、子孫も残した。だから怪我が嫌になった。一方、砂糖や脂肪を大量食べるのは、十万年前には無理だった。そのような食物はなかったからだ。むしろ、砂糖や脂肪不足になる恐れは多かったので、砂糖や脂肪を見つけたら、食べるべきだった。だから、生物進化に作られた本能で、大量の砂糖や脂肪を食べることは良いこととして位置づけられる。環境が変わったが、進化はそれほど速くない。

この説明は良い説明だ。ただし、意識に及ぶために、意識が死活と関わる必要がある。人間の決意は意識そのもので決まっていなければ、進化と関わらない。人間の行動は意識ではなく、脳細胞の物質的な動きによって左右されていれば、痛みの感情は進化によって調整されない。

だから、痛みの嫌さを説明するために、次のような話は必要なのではないかと思う。

人間の長期的な戦略は、意識で決められる。この意識で決まったことは、脳細胞での本能より強い。だから、怪我は楽しかったら、如何に脳細胞で避けようとしても、人間は意識で求めることにして、体を破壊させる。痛みを楽しく感じる人間の殆どが死んでしまったので、痛みを嫌に感じることが基本となっている。

意識が脳細胞の仕組みの副作用であれば、このようにならない。進化が調整するのは、脳細胞の仕組みのみであるので、感情はどうなるかは関係ない。感情は嫌だから避ける関係はない限り、嫌な感情を発生させる仕組みを選出することはできない。

だから、唯物論では、避けさせる脳細胞の仕組みは、必ず嫌な感情を発生させるとするしかない。しかし、そうすれば意識の説明がさらに難しくなる。物質的な仕組みには様々な可能性があるので、その根本的に異なる仕組みからいつも同じ感情が発生することは極めて信じ難い。

この現象は、魂が存在することを確実にしない。ただ、物質ではない魂が存在する可能性を真剣に考えるべきであることを確実にする。霊魂の仮説にはまだまだ問題は多いので、次の投稿でその問題についてちょっと書きたいと思う。

脳と意識

唯物論が意識を説明するときに、脳から発生すると言うしかない。脳細胞が絡んで、意識を発生するということだ。

詳しい過程は分かっていないが、それは致命的な問題ではない。進化論の詳細が分かる前にも、進化論によって生物を理解できることは分かったので、詳細を検討しながら進化論を提唱しても良かった。脳細胞と意識の関係も同じだ。

意識というのは、経験をすることだ。意識不明になれば、意識はない。脳細胞がこの意識を発生する過程は分かっていない。

そして、脳細胞がいつも意識を発生するわけではないことも周知の通りだ。意識不明になることはできる事実から明らかだ。その上、心理学の実験で、脳の中の過程の大半は、無意識であることも分かった。実は、意識的にする決断の一部でも、本当は未意識で決まって、決まってから意識に報告されているようだ。だから、意識をしている時でも、脳の働きの大半は無意識である。

唯物論には説明責任が置かれる。

まず、物質的な動きがどうやって意識に発展するか。この問題について、まだ答えの始まりさえない。

そして、どの動きには意識が伴うかという問題だ。この問題については、答えへの模索があると言えよう。例えば、脳の特定の部分で、自分を指す動きがあれば、それは意識であると言われる。この答えは十分ではないが、第一歩になるだろう。不十分である理由は、無意識の決断をとるために、自分と他の物質を区別して、自分の動きを定めなければならないからだ。そうするために、自分を指すところは必要だ。

脳の中には無意識の過程は多いことから、唯物論の答えには条件を課すことはできる。まず、脳細胞の共通点は意識の原因ではない。脳細胞が動いても意識はないケースもあるからだ。だから、量子論の動きが説明になりそうもない。量子論的な要素は、脳細胞の全てに共通するからだ。同じように脳細胞の繋がり方は共通されるので、これも意識の基盤にはならない。脳細胞の構造等は、意識の必要条件になることは考えられるが、十分条件にはならない。

今のところ脳の中でどちらの部分で意識が発生するのはまだ定かではないとはいえ、候補がある。しかし、その部分がどのように脳の残りから異なるかは、私が知っている限りまだ不明だ。その相違点が明らかになっても、なぜ意識が発生するかは、説明するべきだ。

魂を導入すれば、話は次の通りだろう。魂は意識だ。魂が脳と連携するところは、脳のこの部分だ。だから、この部分では魂と連携するための要素があるはずだが、この要素から意識が発生するわけはない。魂が連携できる要素は、脳の他のところにもあるだろうが、魂がその部分と連携しない。同じように、その脳細胞でも、他の脳細胞と連携できるが、全てと連携しない。つまり、魂が存在すれば、脳細胞に相違点を見つける必要がなくなる。

つまり、唯物論で意識を説明しようとすると、二つの問題点がある。一つは、意識と関わる脳細胞と他の脳細胞との相違点を発覚することだ。それは、今の研究プログラムでできる可能性がある。もう一つは、その相違点がなぜ意識を発生させるかとの問題である。ただの組み合わせであれば、意識が発生する理由は明らかではない。

ただし、まだ問題が残る。それは、次の投稿で取り上げたいと思う。