性欲の牽引力

性生活を考えれば、もう一つの重要な要素がある。それは、性欲の強さだ。同性愛の性的な行為が死刑に罰される国でも、同性愛者がその行為を行う。つまり、命をかけて自分の欲しい性生活を狙うことは多い。

これは当然なことだ。生物学で進化論があるが、進化論の原則は、子供は多ければ多くほど良い。だから、性欲は強いのは当たり前のことだ。性欲が弱い人には子孫は少ないので、絶滅してしまう。だから、これを事実として受け止めるべきだ。人類が性欲を放棄することは、現実味は全くない。

それに、この極端に強い性欲から、問題が発生する。ドラマや小説の大半がこのような問題を扱うので、ここで具体例を挙げる必要があるまい。

では、社会的にどうするべきだろう。性欲の誘惑で、人は賢くないことをすることは多い。不可避な状態だ。その場合、社会の役割は、その失敗の損害を最低限に抑えることだ。悪いことはしていないので、罰させるわけはない。だから、問題が自然に発生することは見込まれるので、社会がこの問題を悪化させるべきではない。

最初の措置は、性的な行為を禁じないこと。社会が罰を科すのは、性欲の誘惑にわざと悪影響を加わることだから、無責任で、道徳に違反する社会的な行為だ。そして、社会の批判的な目線をなるべく払拭するべきだ。欧米の同性愛に対する現在の動きはこれに沿っている。同性愛は合法になっているし、公表しても問題にならないようになりつつある。イギリスの保守党の閣僚の間に同性愛者であることを公表した人もいるかいたか。(イギリスで、もうニュースにならないほどの状況だから、現状は詳しく分からない。)

これはなぜ良いことであるかは、詳しく説明させていただく。

同性愛者は、如何に法的な制限があっても、同性愛を積極的に求める。その気分を無理して抑制すると、苦しむ。そして、我慢できなくなってしたら、人生を破壊する恐れがある。そのような法的で社会的な制限を撤廃すれば、自由に選べるようになる。相手の選択に失敗しても、少なくとも社会が問題をわざと悪化させない。

十代の人の性生活もそうだ。禁じることはできない。効果はない。行うことを認めたら、十代の人の性生活の最悪の結末は妊娠だろう。子育ての責任を負うにはまだ成長していない人だし、自分の人生のための勉強などがまだ待っているからだ。だから、学校で妊娠する過程と避妊法を教えるべきだ。それに、小学校で教えるべきだ。殆どの小学生は、性生活には興味はないそうだからこそ、その時期は適切だ。始まる前に必要な知識を与えるべきだからだ。実は、十代の人には同性愛を推薦しても良いのではないか。妊娠の恐れはないし、十代で柔軟に試す人は多いようだ。もちろん、皆がそれに従うはずはないが、異性愛が少なくなれば、妊娠も少なくなるはずだ。

それはともかく、社会の義務は、性欲が起こす問題を和らぐことだ。悪化させることではない。そうするために、性的な行為に対するより肯定的な態度を取るべきだと私は思う。

特性

性交は良いことなら、なぜなるべくするべきではないのか。この話題をここで論じたいと思う。

そうするために、別な行動と比較したい。それは、寄付だ。

寄付するのは良いことであると述べても、異論する人はいないだろう。ある人が寄付することが分かったら、批判しない。むしろ、評価するのは普通だ。

しかし、寄付と性交には似ている点は多いと思う。

寄付は良いことだが、なるべく多くのお金をなるべく多くの人に寄付するべきだとは言えない。理由を考えよう。

先ず、誰の財産にも限度があるし、他の責任がある。特に家族などに責任がある場合は多いので、その責任が果たせないほど寄付するのは良くない。性的な行為も同じだ。他の責任があるので、その責任を果たせないほどするべきではない。時間的な問題もあるが、浮気しない責任もある場合があるだろう。配偶者やパートナーに配慮して、許可を得ずに浮気するべきではない。(許可を得る場合もあるそうだが、その場合責任に背かないので、この問題はない。)

そして、寄付することで、相手と関係を築く。その関係は安易に途絶することは出来ないので、築く前に慎重に考えるべきだ。路上での募金活動に寄付することでとても希薄な関係を築くので、問題にならないと思える。そして、個人のウェブサイトでの募金に寄付することでも、強い絆はつながらない。公益法人への寄付の場合、確かに寄付を築くが、絶縁としても問題はない。個人的な関係はないからだ。

しかし、個人への寄付の場合、その関係は軽く思えない。だから、この人とこのような関係は本当に作りたいかどうか真摯に考えなければならない。寄付を受ける側も同じだ。寄付する人とこのような関係は作りたいかどうか、真摯に考えなければならない。乱れにこのような関係を築くべきではない。

性的な関係も同じだと私は思う。性的な関係を結ぼうとする時に緊張するのは当然だが、寄付に基づいた関係を結ぼうとする時も同じように、同じ感覚で緊張する。性的な関係の重要な相違点は、性的な関係でお互いに喜ばせるが、寄付関係で片方は寄付する側で、また片方は受ける側であること。ある意味で、力関係が築かれるので、実は性的な関係はより純粋であると言えよう。それでも、結ぼうとしても、相手が断る可能性がある。寄付も同じだ。相手に強制的に受けさせることはできない。受けさせるわけにはいかない。

そして、相手を間違える可能性もある。その場合でも、悪いことをしたわけではない。良いことで間違えたことに過ぎない。寄付も同じだ。詐欺の募金活動に応じれば、間違えたのは明らかだ。それでも、寄付した人が悪いことをしたわけはない。「あの人に寄付しない方がいいよ」と友達にアドバイスできると同じく、「あの人と性的な関係を結ばないほうがいいよ」と言うこともできる。アドバイスに背く人は、失敗するかもしれないが、悪いことはしない。

もう一つの類似点は指摘したい。寄付生活の詳細は、気軽に公表しない。特に個人への寄付であれば、受け取る側の気持ちにも配慮しなければならない。悪いことではないが、ある意味で隠す。性生活も同じだ。理由も、同じなのではないか。

つまり、性的な行為は本格的に良いことであると認めるが、それでも適度にするべきであるし、相手を慎重に選ぶべきであるし、公表するべきではない。これは本当に理想的な扱いであるかどうかを別として、充分自然な態度であると言えよう。

性の倫理的な価値

裸を楽しむことは、性的であるから悪いと思う人もいる。

そうではないと私は思う。

先ず最初に「裸」と「性」の間に必然的な関係はない。裸を楽しむことは、性的なことであるとは限らない。具体例を挙げよう。私は、温泉に入れば、裸で入った方が気持ちいいと思う。性的なことではない。ただ、タオルを巻いたりすると、お湯の流れなどの感じが悪くなる。日本では、これは常識だろう。一方、性的なことをするために、裸になる必要もないし、特別な服を着た方が良いと思う人もいる。この点で、具体例を挙げない・・・

とは言え、日本の社会でも、イギリスの社会でも、「裸」と「性」の関係は深い。だから、性的な行為は根本的に邪悪であれば、裸にも問題があると認めなければならない。

しかし、私はそうも思わない。英語のホームページで十年以上前にそう述べたし、日本語のブログでも述べたような気がするので、この投稿で概略する。この投稿の目標は、橋である。

だから、簡単に言えよう。性的な虐待や犯罪は存在するが、それは性の本質ではない。性は、相手を喜ばせたり楽しませたりする行為でもあるし、子供を設けるための行為でもある。

後者を先に取り上げよう。子供を設けることは、原則として良いことだ。人類の存続のために必要なことだ。今のところ、日本の人口減少傾向を見て、政府が子供を設けることを促進しているので、政府は性交を促進している。もちろん、その言葉で言っていないが、大人であれば、それに中学生以上であれば、誰でもその意味が分かる。政府は隠蔽しているわけはない。確かに、子供を産まない方が良い場合もあるが、歌を歌うことも原則として良いことだが、歌わない方が良い場合もある。

前者は根本的に良いことであるのは表面から明らかなのではないか。人を喜ばせたり楽しませたりするのは、良い行為の典型例である。ここで良いことを大別したら、喜ばせること、成長を促すこと、自由を増すこと、知識を広げること、理解を深めることを根本的な範疇として思い浮かぶ。この五つを倫理的に評価しない相手に対する論じることは出来まい。なぜなら、それほど倫理を間違える人に言えることは極めて少ないからだ。

まぁ、言えることはあるだろうが、それほど深い話はこの投稿でしない。

だから、裸を楽しむことには性的な要素があっても、それはその行為を悪くしない。だから、ヌードルだけではなく、AVの出演でも悪くない。社会がそのような人を軽蔑するのは、社会の問題だ、その人の問題ではない。

では、性は良いことであれば、なるべく頻繁に、なるべく多くの人と一緒にするべきだろう。そう思わない。その理由について、これから論じたいのである。