努力と能力

一般的な見解で、誰でもできるのは努力だ。生まれつきの能力によって、どれほど結果が出るかが違うが、少なくとも努力は可能。

本当にそうであるかは、私は疑う。努力するために意志や継続するための忍耐力も、生まれつきの能力なのではないかと思う。もちろん、他の能力と同じように訓練すれば磨けるし、その能力は全くない人は極めて少ないが、程度を言えば、人はそれぞれだろう。一番上達するのは、その分野の能力も、努力する能力も、継続力も持っている人だと思うが、その能力を持つかどうかは、本人にとっては運の他ならない。遺伝子にしろ、親の育て方にしろ、本人が選択したりコントロールしたりする原因ではない。

それでも、努力や継続力は、他の能力と別な能力だから、その能力を使って道を開けることにしたら、自由をさらに増すだろう。

今回、籤引きほど実力の問題はないかもしれない。なぜなら、長く努力すれば、力を身につけるからだ。つまり、時間がかかるかもしれないが、やがて必要な能力に達する。それが可能であれば、大半はできているだろう。

能力は少ない人には、努力がより求められる。そのために、時間は必要だ。だから、年齢制限や訓練時間の制限、そして挑戦する回数の制限は、この自由に違反する。もちろん、定まった期間を超えると実費で訓練することを求めても良いが、資金があれば継続の練習を許すべきだと思う。そして、年齢制限はさらに自由を侵す。その年齢を超えたら、勝手に無理にするからだ。確かに40歳でオリンピックを目指し始めたら成功する確率は極めて低いが、少なくとも頑張る機会を奪うべきではない。

この上、努力を応援することも必要だろう。どうやって応援するかというと、中間目標を立てることだ。十年間報い抜きに努力できる人は極めて少ないだろうから、何かの成果を途中で上げる制度が良い。

実は、例が既存する。弁護士を目指したら、一気に弁護士の試験と挑戦するのは無理だろう。しかし、その前に司法書士の資格、その前に行政書士の資格、その前にビジネス法務資格を目指せば、段階的に進める。段階毎に努力は必要だが、ビジネス法務の試験は、6ヶ月の勉強でとれるそうだ。6ヶ月の努力ができる人は少なくない。もちろん、会社に勤めていなければ、ビジネス法務がすぐに役に立たないだろうが、達成感自体は大事だ。行政書士の資格を得れば、具体的にできることはもうある。

スポーツもそうだろう。いきなり世界選手権と挑戦するのは無理だが、県大会に出るのは遠い目標ではないだろう。

努力の延長を許す制度、そして中間目標を作る制度なら、良いのではないかと私は思っている。

籤引きと最低実力

能力に加えて、家柄を就職の資格として捉えるべきであると先に述べたが、能力と家柄のみであれば、まだまだ少ないと言えよう。

簡単に資格は籤引きだ。つまり、希望を言って、希望者の名前から無作為で就職者を選ぶ方法だ。誰でも申し込めるので自由は広く保たれている。希望者が求人数を上回れば、夢が叶わない人がいる状況は避けられないので、残念だと言わざるを得ないものの、社会の制度で解決できる問題でもない。

籤引きでするのは簡単で、公平でも言えるので、籤引きのみにすれば良いと思う人もいるようだ。しかし、私はそう思わない。

大きな理由は、籤引きで選ばれれば、成功確率を高めるために何もできない。保障する自由は、自分の人生を監督する自由であるのは基本だから、その可能性を奪う制度は良くない。だから、本人がコントロールできる資格も導入するべきだと思う。家柄の資格も、本人が影響を与えることではないが、自分の子供や子孫に可能性を与えることも人生の目的の一つになると思うので、その立場から認めたら良いだろう。

もう一つな理由は、籤引きであれば、職業は果たせない人が就いてしまう可能性だ。

例えば、籤引きで運転免許を持たない人がバスの運転士になったら、交通事故が発生する恐れがある。全く無知な人がお医者さんになったら、さらに大変なことになる。

これは本当の問題だから、直面しないといけない。

職務を果たすための最低実力はない人は、職業に就かせてはいかない。ただし、それは本当に最低実力である。よりうまくできる人がいても、籤引きで選ばれた人を優先するべきだ。そうしないと、また能力主義になる。お店の店員などの仕事であれば、無作為で選ばれた人はできる可能性は高いので、特に措置をとる必要はない。しかし、運転士や医者は大きく違う。他の人の命と関わるからだ。この問題を重く受け止めるべきだ。

解決策はまだ未熟だが、籤引きで得られる資格は、訓練を受ける資格とすればどうかと思う。訓練で評価されたら、最低実力に至らない限り、職務自体に就けない。そして、訓練で繰り返して失敗すれば、多くの人が別な道を選ぶだろう。自分の人生を無駄にする人は少ないが、ある人はそうしたいなら、自由を尊重すれば許すべきだ。訓練で他人の命を脅かすことはない。

はっきりした実力基準はない職業には、このような制度は導入できない。例えば、俳優や政治家はそうだ。もちろん、能力はない俳優や政治家は、長く続けないだろう。

やはり、能力主義には理由があるが、その理由は多くの人の自由を制限するために充分ではないと思う。だから、さらにこの問題について考えたいと思う。

社会の中の世襲

世襲される特権や職業は、現代社会では広く批判されている。一方、過去の社会の殆どを見れば、世襲することは基本で、世襲に逆らうことは反社会的な行為として厳しく批判されたようだ。だから、世襲の問題や役割などを慎重に考えるべきだ。

まず、問題を明らかにしよう。ある役職や特権は世襲されたら、その家族に産まれていない人は、如何に努力しても、それに就くことはできない。例えば、私は日本の首相になれる。極めて難しいし、確率は低い方だが、可能だ。先ず日本国籍を取得して、そして国会議員に選挙され、最後に国会で首相に任命される過程だ。一方、天皇にはなれない。天皇の子孫ではないからだ。

この問題を重視する。なりたい地位を目指す自由は極めて重要だと思うので、最初からその可能性を奪うことは良くない。

もう一つよく挙げられる問題は次の通りだ。先祖として元々役職に就いた人にはそれなりに能力があったとしても、子孫には必ずしも能力があるとは限らない。だから、世襲を認めたら、能力はない人が重職に就いてしまって、様々な問題が発生する。

この問題について、慎重派になる。なぜなら、能力の大きな一部も、生まれつきのことだ。努力で一部は補えるが、限度がある。私は、子供の頃から如何に頑張ったとしても、オリンピック選手に慣れなかった。喘息があったので、できる運動には厳しい制限があった。そのため、オリンピックに必要な努力はできなかった。他の側面で能力があったかどうか分からない。(訓練できなったからだ。)しかし、あった証拠は全くないので、なかったと言えよう。そして、今喘息が治ったが、年をとったのでまた無理だ。

つまり、私は生まれつきの資質でオリンピック選手になれなかった。

機会を奪うのは、世襲制だけではない。能力主義もそうだ。

もちろん、能力がある人には機会を与えるのは良いと思う。それは自由の重要な一部。しかし、能力はない人にも機会を与えると良い。それも自由の一部。世襲は、機会を与える方法の一つだ。

このように世襲の社会的な役割を考えれば、子孫には能力はないからこそ、世襲で就職させるべきだ。

世襲は機会の得方として位置づければ、条件がある。先ず最初に、世襲を必要条件としないこと。家柄はない人も職に就けることは重要だ。(これで天皇制には問題があると言わざるを得ないが、特別で限定されている例外を認めることはできる。)そして、家柄によって強制的に職業に就かせることもダメだ。(これで天皇制の深刻な問題がある。皇室の方々の自由を奪うことだ。)つまり、家柄を十分条件にもさせられない。

この条件を合わせたら、家柄を一つの資格として扱うべきのではないかと思う。他の資格もあるが、家柄があれば、他の資格は不要。そして、場合によって家柄を能力より優先するべきだと思う。そうしないと、実際に能力主義から脱出されていない。しかし、能力のある人を就かせる場合もあるべきであるのは明らかだろう。

もちろん、世襲で得る資格は限定されているが、能力で得る資格に追加されるので、個人の可能性を広げる。そして、他の資格の種類も考えるべきだと思うが、今日の投稿で世襲をテーマとさせていただく。

第10期の代表者会議

日曜日に、川崎市外国人代表者会議の第10期が正式に始まった。私はもう代表者ではないが、応援するために膨張に行ってきた。一回目は、委嘱状の手渡しと代表者の自己紹介があるが、議事は正副委員長の選出ぐらいだ。だから、面白い会議だとは言えない。

今回の委員長の選出は滞りなく進んだ。4人は推薦されたが、3人が辞退したので、残っている一人は挙手の全会一致で承認された。(第9期のベテランだったので、頼れると思う。)

そして、副委員長の選出になった。今回、6人は推薦され、4人が辞退したので、ちゃんとした選挙になった。代表者は26人だったので、14票は目標だった。

表は数えられ、12票、12票、2票無効。

再選になった。事務局の室長は仮議長で、ぜひ無効にならないように促した。

13票、13票。

候補者から更なる演説を求めて、もう一回選挙にした。

18票、8票。

やっと選出はできた。

この選出はいつも意外に難しくなる。理由は簡単に分かると思う。代表者の一部は全期から続くが、当期の代表者が皆で集まるのは2回目だ。事前研修でも顔合わせしたが、話し合う機会は殆どない。そして、演説は2分程度で、準備の時間もない。つまり、代表者は候補者のことがよく分からないので、適当に投票することは多いと思える。

ただし、この問題は改善できない。議長は必要不可欠だし、代表者会議の自立性を保つために代表者の互選で指定するしかない。つまり、最初の会議で委員長を選ばなければならない。幸い、委員長にはやる気がある限り、問題にならない。独裁政治が行える地位であるわけではないので、重要なのは代表者が自分で選ぶことだ。私が参加したか傍聴したかの会議で、委員長が問題なく進行させた。

それでも、真剣に考えるのは当然だから、いつもこの選出がちょっと問題になるようだ。

私は、年に2、3回傍聴しに行くかと思う。少なくとも、オープン会議に出席するつもり。今期の代表者の有意義な提言を楽しみにしている。