危機対応

昨日のニュースの一つは、AKB48の事件だった。握手会でメンバーの二人とスタッフの一人は負傷したそうだから、早く治るように祈る。

その握手会は中断されたし、今日予定されたイベントは延期された。そして、姉妹グループのイベントも延期されたそうだ。これは自然な反応だと思うが、正しいかどうかちょっと考えたい。

先ず、安全確保の立場から、必要はないと言えよう。今回の犯罪は、組織犯罪ではなかったので、来場者の一人は犯罪者だったが、他の犯罪者がいる可能性は非常に低いと思える。そして、ファンががっかりする。だから、なぜ中断するのだろう。

もちろん、負傷したメンバーは辞めて、治療を受けるのは当たり前だ。一人の握手会であれば、中断するしかない。しかし、AKB48は48人だから、負傷した人が病院に行っても、続ける。それでも、中断するのは適切な判断だと言える。理由は複数ある。

一つは、他のメンバーの不安だろう。客観的に考えれば、特に恐れる理由はないとはいえ、緊張して恐怖するのは当然だ。その不安が落ち着くまで、休憩をとるべきだ。

もう一つは、安全の対策の見直しだ。問題が起きたからといって、対策には問題があるとは限らない。完璧な防備はないので、できるだけ強い警備であっても、たまにこのようなことがある。しかし、問題が起きたら、検討して、問題があるかどうか確認する。例えば、今回のニュースで鞄の中には危険物があるかどうかは確認されなかったとの報道があった。それは本当であるかどうかを別として、そうであればこれから鞄の中身も確認することにするのはいい対策だ。警備体制を考え直すうちに、握手会を中止するのは必要だ。

そして、再発での問題だ。万が一中断せずに続いていた間に同じような事件が発生したら、もうおしまいだ。対応が悪かったと批判され、同じようなイベントを将来に開催することが極めて難しくなる。しばらくの間止めたら、その最悪の結末は避けられる。

他方、イベントは大変重要だし、中止すればファンががっかりするし、グループの経営にも影響を与える。だから、延期されたイベントの開催をよく考えなければならない。ファンを重視することを示すと良いが、もちろんメンバーの安全を確保しなければならない。

特に問題になる状況は、警備には欠陥はない可能性だ。ただ、運が悪かったということ。鞄の中を確認したが、刃物は見逃された。そのことはある。その場合、警備を改善することはできない。そして、イベントを永遠に中止することもできない。警備を強化したと嘘をついて続くしかないだろう。