『神社のいろは 要語集 宗教編』

この本は、神社検定の壱級の公式テキストである。今年の壱級の受付はもう締め切られたし、試験は一週間ぐらい後で開催されるし、来年の公式テキストは異なるそうだから、検定関係で読みたい人はもう読んだと思わざるを得ない。だから、冒頭で検定を受けようとすれば、必読であることを述べておいて、内容をより一般的に評価する。

今までの神社検定のテキストは、神道についての良い本であると評価したが、この本も例外ではない。壱級だから、入門よりかなり踏み込んだ内容だから、神道についての基礎知識を持つ人には相応しい。実は、検定のチラシなどで、「かなり踏み込んだ内容だ」のような半分謝罪する表現が載っている。確かに、検定の観点から見れば、何人が合格するかは分からない。(私も含めて。先日、ホームページで受けられるプチ検定と挑戦したが、正解は7割だった。確か、合格基準は7割だから、落ち込む結果ではないが、ちょっとギリギリだ。本場で合格できるかどうかは、分からない。)しかし、壱級に人が合格しないのは問題ではない。営業の立場から、むしろ良いことだ。再受験するからだ。

そして、本の内容は興味深い。宗教編だから、宗教の観点からの内容であるのは当然だ。次の一冊は『祭祀編』であるそうだから、この本には祭祀についての情報はない。大別したら、内容は下記の通りである。

1)神道の種類。ここに、吉田神社や両部神道などの神道流が入っているし、伊勢信仰などの神社神道のなかの系統も入っている。教派神道と神道系新宗教について触れるが、この部分は詳しくない。神社本庁が監修する検定のためのテキストだから、あくまでも神社本庁が監督する神社神道に貢献した神道を中心とする。

2)国学。国学の四大人も、国学の中の学派も紹介される。

3)天皇関係の項目。

4)他の宗教の神道との関係。これは短いほうだ。特に、仏教と神道の説明をもう少し詳しくしてほしかった。

5)神道の行政的な機関。奈良時代の神祇官から現在の神社本庁までの組織史になっている。重要な内容であるが、正直に言えば、一番退屈なところでもあった。

6)神道の経典。『古事記』はもちろん、『先代旧事本紀』なども丁寧に紹介する。神話と神社縁起の地位についても説明する。

7)宗教的な概念。神から始まるが、禊祓や祟りなども説明する。

8)神道の世界観。様々な側面がある。

ここで最後に書いたところは、私にとって一番興味深かった。だから、このブログで暫くの間この記事について書きたいと思う。私の感想などを書いて、自分の神道概念を発展させるし、テキストの内容をより正確に覚える。

ところで、来年の壱級は『祭祀編』をテキストとするそうだ。つまり、今年合格しないと、真新しい内容を勉強しなければならない。それはちょっと大変だが、一方、『祭祀編』は読みたい。今年合格しても、読む。そして、来年の壱級も受験するかな。合格しても。

神社検定の公式テキストは、神道の基本勉強のために大変役立つシリーズになっている。入門から深い内容まで、優れる書籍だと思う。検定との関係を無視しても、是非ご一読をお勧めしたいのだ。

復興の計画

東日本大震災から3年間以上が経ったが、復興はまだまだ途中である。仮設住宅で不自由な生活を余儀なくされている方はまだ多いし、福島第一原子力発電所の周辺での除染作業は不完全で、長期的な計画はまだ不明。この進まない復興を批判する人は少なくない。

一方、中国で自信の後の復旧や再建が早く進んだ。もうほぼ完全であるそうだ。この違いの原因は何だろう。

大きな要因は、中国政府は地元の住民と話し合うことはしない。強引な計画で、新しいマンションを建てて、人を住ませる。日本の政府は、そういう風にできない。法律に許されない。日本の政府が一般人の土地を徴収して、集団住宅を建てて、人を住ませるために、一歩一歩当事者と相談しなければならない。だから、時間がかかる。

私は、このような相談は好ましいと思うのは言うまでもないだろう。当事者が賛同しない限り、本当の復活はできない。地元の活気を取り戻すために、地元の住民のやる気は必要不可欠だ。原動力だ。その地元住民が賛同出来ない方向へ動かせたら、やる気がなくなるのは当然な結末だろう。だから、復興を実現する前に、当事者との話し合いや調整は必要だ。

しかし、それには時間がかかる。先ず、東日本大震災のように甚大な被害を齎す災害であれば、現状を把握するには時間がかかる。それは把握したら、計画についての話し合いが始められる。津波の被害があれば、町を高台に移すか、元の位置で再建するかは大きな問題となる。高台に移すなら、どこの高台に移すかは問題だ。そして、概ねに再建する場所が決まってから、詳細を決めなければならない。そのまま元の土地で建てられない人も少なくないはずだし、災害の影響で町の形を更新しなければならない場合もある。結局前のままに再建しても良いと判断しても、その判断に至るために、かなりの苦労は必要だと思う。復興に関わる問題は、当事者にとっては文字通り死活問題が含まれるので、頑固な姿勢で自分の立場を強調する人もいるのは当然だ。妥協が必要である交渉がすぐに解決されるとは思えない。強引な合意は避けたい結果だ。

その上、このような計画は災害が起きる前に行えない。被害に応じるために話し合うので、何の話は必要かは、災害の後にしか明らかにならない。

事前にできることは、このような相談のための時間を用意することだろう。つまり、復興には数年間がかかることに災害が発生する前から覚悟して、話し合うための計画などを事前に用意する。そして、仮設住宅は、5年間の住まいになる可能性に配慮して用意するべきだろう。

人間は、予想の通りの状況が受け入れ易い。辛い状況であっても、予想できたら耐えられる。一方、予想外な問題に対する反発する傾向は強い。だから、事前に「復興の骨格を決めるために、自治体の2年間の話し合いが見込まれる」と言ったら、話には2年がかかっても、苦情する人は少ないだろう。そして、行政も建設などが始まる前に地元の住民の同意を得ることが計画にあれば、焦らないだろう。そうすれば、被災者が積極的に支持する計画が作成され、本格的な復興が結局早く実現されるのではないか。

歩く余裕

近世以前、一般の人が旅をすると、歩いて行ったそうだ。参宮は一生に一回だった理由の一つは、伊勢まで歩かなければならなかったからだったろう。参勤交代の場合、大名は歩かなかったが、足軽などの行列の人の大半が歩いただろう。そのような世界にもちろん戻りたくない。東京から青森を日帰り旅行ができることは、自由を増して、可能性を切り開く。

一方、個人として、徒歩の旅も大好きだ。(最近、この周辺の散策が少なくなったが、また再開したいと思う。)歩いたら、周辺をよく見て、寄り道したい所を見つけたら、簡単によることもできる。もちろん、全体的なスケジュールに配慮しなければならないが、駐車場を探す必要や駅を待つ必要はない。歩くところを体験する。

だから、大山街道を歩いた。バラバラにして、一日ずつ歩いたが、街道の実態を把握したかと思う。同様、東海道は歩きたいなと思ったり、中山道も、奥の細道も、熊野古道も、などなど。

問題は、所要時間。大山街道は短いが、一発で歩けば、一週間が必要となる。東海道は数週間を要するだろう。現代社会で、それほど時間がとれるのは、定年後の方にほぼ限るだろう。四国遍路も同じだが、バスで回る人は多い理由は、基本的にここにあるだろう。

だから、社会の構成が変わり、このような散策が可能になってほしい。つまり、数週間をとって、殆ど移動に専念することは可能な状態。

これは、私のような散歩好きな人にしか役に立たないわけではない。それほど時間はとれれば、何に使用するのは自由だからだ。他の時間を要するプロジェクトがある人は、それを実現できる。要するに、仕事を数週間休むことを普通のことにすれば良いと思う。

それは年に一回であったら極楽だが、まだ現実的ではないだろう。ただし、数年に一回に限っても、そのような纏まった時間がとれるのは重要だ。纏まった時間はないとできないことは多いが、学生の時代や定年後の時代にしかできない状態は良くない。

確かに、会社などには不便をかける。社員の長い休暇に対応するのは容易ではない。しかし、人間は会社のために存在しない。むしろ、会社などは人間のために存在する。だから、対応できるように制度を設置するべきだ。零細企業では経営を停止するしかないだろうが、それを法的に可能とするべきだ。より大きな企業で、他の社員が休む人の役割を担えるようにする。もちろん、これには他の利点があるので、会社側にも有利な措置となるかと思う。

基本は、時間がかかる計画を一般の人に可能にするべきである概念だ。

性交とフィクション

フィクションで、性的な行為が主役を担うのは、ポルノに限るだろう。そして、このような作品は一般的に軽視されている。(安定した売りがあるとも言われるけれども。)一方、戦や乱暴が主役の担う話は少なくない。しかし、日常生活で、性的な行為が露にならない限り批判しないが、暴力は絶対だめだと言う。

この違いの理由は何だろう。複数あると思うが、最近もう一つの候補に思いついた。それは、話の構造から発生する理由だ。

話の構造で、戦いで何が起こるかは、話の展開にとっては大変重要であることは多い。少なくとも、簡単に要にさせられる。主人公が生き残るのは決まっているとしても、敵を倒すか、負傷するか、負けるか、様々な結果が待つ。そして、負傷すれば、どこで負傷するのは重要だ。戦いの過程によって、敵についての情報が得られる。ジャンルによって、戦いながらの話も重要な役割を担う。

しかし、性的な行為は違う。その出来事があったこと自体は、話にとって大変重要になることは多い。話の原動力になる場合もある。しかし、あったことでもう充分だ。描写する必要はない。そして、性的な行為の詳細が話へ影響を与えることは殆どない。だから、性的な行為を描写すれば、話の展開の軌道からの逸脱になる。原則として、話の軌道から逸脱することはよくない。それは性的な行為の描写にせよ、無意味な戦いにせよ、パリの下水道に歴史にせよ、(それは、ヒューゴのレ・ミゼラブルに出てくる余談だ。冗談ではないし、問題にもなる)話の構造での問題になる。

だから、性的な行為の詳しい描写が入れば、ただ単に色欲を引き起こすために入れ込んだと思われる。性的な場面のみを読んでも、特に理解には問題はない場合、そして性的な場面を飛ばしても問題はない場合、このような問題がある。それに、そのようなことは多い。

今アメリカで大人気になっている「A Game of Thrones」という番組には、裸は多いそうだ。そして、「歴史を説明しようとするとき、裸体な女性を数人に説明することは多い」とも言われる。それは、裸を見せるシーンを、話に関連させるための工夫でもあるし、結局説明するしかないと判断したところを退屈させないための工夫でもある。しかし、おかしく思う人は多いようだ。同じような問題は多い。

実は、十数年前に「秘書」というアメリカ映画を見たが、性的な行為を話の展開とうまく関連させて、登場人物の成長と関係の構築をよく描写して、主役の女性がやっと裸で登場したら、その裸には大きな意味が込まれた。(つまり、素直に人と接することはできなかった問題が解決されたことを明らかにした。)だから、できなくはない。それでも、意外と難しいようだ。

挑戦する前に、腕を鍛えなければならない。