国家観

『神社のいろは 要語集 宗教編』の項目の一つは、「国家観」という。この項目は興味深い。

最初は、古典では「国」の元々の意味は、水田であると述べる。つまり、海や山と対象になり、人間の生活の基盤となる所を指す言葉であるという。これは、中国の定義と「性格を異にする」(250頁)ことで、中国が統一される自衛力を持つ国家のような存在を「国」で表すそうだ。つまり、神道の国家観の原点は、国家ではない。

そして、国づくりの神話を見たら、さらに興味深い点が指摘される。それは、国づくりはいつの時代でも未完成であることだ。天地開闢では、造化三神の働きで国が現れたが、伊弉諾尊と伊弉諾尊の神話で見えるように、その時点ではまだまだ形は固まっていなかった。それから、項目では指摘されていないが、伊弉諾尊が死去するところで、伊弉諾尊が国づくりは未完成であることを嘆いて、黄泉の国へ行って伊弉冉尊を取り戻そうとする。大国主神の神話で、国づくりはさらに進められるが、それでもまだまだ完成に至らない。その後で、人間が国づくりの任命を担って、国の完成のために勤めるが、結局完成にできないそうだ。

神道の国家観の根底として「むすび」を指摘する。神の産霊から発生した国は、人間も物も同じであるので、人間は物を大切にしなければならないという態度は説かれている。この「むすび」の概念は、神代は今でも生きていることを指して、それに人間は今現在何をするべきか含まれているそうだ。

このような観念を踏まえて、神道に相応しい国家観と愛国心がすぐに思い浮かぶ。

「国」というのは、神の産霊からなってきた生活の拠点の場である。古墳時代の人にとって、それは水田だったが、現代人の生活の拠点は多種多様である。それでも、産霊に根底があるし、いつでも未完成である。環境も人間も同じように産霊から生まれたので、この環境を愛しながら、更なる完成度を目指して勤めるべきである。これで、神道の自然崇拝の要素の一部が簡単に分かる。田の神は、生活を支える土の神として、重要な存在であり、愛するべき存在でもある。そして、故郷の重要性も分かる。生活する場そのものは重要であるので、ある場所に根付くのは当然だ。環境を狭く見れば、故郷である。もう少し広く見れば、日本である。広く見れば、世界である。

ただし、この解釈では天皇には役割はない。神社本庁なら、天皇の役割を強調しなければならないので、『神社のいろは 要語集 宗教編』の項目で強調するが、説得力はない。先ずは、伊弉諾と伊弉冉を皇祖神として位置づけて、伊弉諾と伊弉冉が国土を成り固めたことから天皇が日本を統一して治めるべきであると主張するが、このアーギュメントは成り立たないと思う。そして、伊弉冉と伊弉諾が生んだ国土は「一つに成るもの」で、天皇の下で統一するべきだと言うが、伊弉冉が生んだ国には、北海道も沖縄も含まれていないので、北海道と沖縄を手放すべきであるということになるだろう。それとも、北海道と沖縄は本当の日本ではないだろうか。

項目の最後にチェンバレンという学者が神道の愛国心と尊皇心を「明治の官僚政治家によって発明された新宗教に他ならない」(252頁)と述べたことに反発するが、近代的な愛国心は明治の官僚政治家が発明された可能性は極めて高いと言わざるを得ない。尊皇心は神道の歴史を貫く一つの糸だが、近代的な「日本」の概念さえ存在しなかった。上記の「愛国心」は、神道の様々な発想に合うが、近代的な軍事力を重視する愛国心からほど遠い。その明治時代の概念が戦争を惨禍を招いたことは否めないので、私はその再生を望まないし、歴史的に神道の一部であったとしても、現代の神道から取り外すべきだと言いたいのである。

明浄正直

明浄正直は、実は『神社のいろは 要語集 宗教編』での項目ではありません。むしろ、「善・悪」という項目で出てくる。その理由は、神道の善についての感覚は、具体的に言えば、明浄正直である。神社本庁の今の神職の階位はこの字を借りて、直階から浄階まで行く。(権正階もあるので、五階になる。)この内容は何だろう。

『神社のいろは 要語集 宗教編』の「善・悪」という項目は短い。穢や祓についての項目に遥かに及ばない。そして、項目の中でも穢と祓に結びつかれている。本居宣長からの引用で「古へには{よろず}凶悪{あしき}ことを、{すべて}{きたな}しとも麻賀{まが}とも云り」「万の吉善{よき}ことを、凡て明しとも清しとも直しとも云り」とある(248頁)。つまり、神道での{あし}は、穢と密接するし、{よし}は清浄と密接である。

しかし、これは非常に抽象的な言い方だ。具体的に、善と悪は何かというと、すぐに答えられない。例えば、清浄を例として考えよう。神道では、血液は穢の代表的な存在だ。血を神社に散らすのはダメだ。一方、古代ユダヤ教では、血を一番神聖な所に塗ったり散らしたりするのは基本的な宗教儀礼である。つまり、「清浄」とういう規範は、血を避けるか塗るかさえも判断できない。

『神社のいろは 要語集 宗教編』にも書いてあるが、起記に見える神道の善悪観にはもう儒教や仏教の影響があるし、近代の儒家神道の倫理観には儒教の影響は極めて強かったのは言うまでもない。明治時代の神道観念は、特に儒教からの影響を受けたとも言える。「教育勅語」は基本的に儒教の観念に基づいていると思う。このブログを読む人は、私が自由を重視することはよく分かると思うので、神道の倫理観をこの立場から考えたいと思う。

「直」はどのようなことだろう。「曲がっていない、歪んでいない」という感覚として捉えたい。でも、これでも抽象的で比喩的である。だから、「本当の目的を明らかにして、その目的を達するための行動の意図を認めること」と言う。つまり、自分の希望を偽らずに、周りの人が自分の目指していることを評価してから応援するかどうかを決めさせる。

「正」は、正しさだろう。倫理的な正しさであれば、何も進歩しないので、事実の正しさにする。つまり、事実を認めて、事実を把握するように、理解するように努めることを指す。

「浄」は、自分の理想像に邪魔になる癖などを排除することにする。

「明」は、輝くこと。周りの人に支えや応援になって、元気を与えることにする。

もちろん、これはまだまだ初段の概念だが、これから発展させたいと思う。しかし、私の神道観念が神社検定に出るはずはないので、復習が終わってからこのテーマに戻りたいと思う。

禊祓

禊祓は、神道の中心的な概念である。『神社のいろは 要語集 宗教編』では、5頁に亘る項目になっているので、重視されているのは明らかだ。一緒になっている「禊祓」は、「禊」と「祓」に分けることはできる。この違いについて、定説がある。

「禊」は、体に附着した汚れなどを水で落とす行為で、イザナギの禊の神話から起源すると言われる。一方、「祓」は、自分が犯した罪を償う行為で、何かの物を捧げることである。祓は、スサノオが高天原から追放される直前の神話から発生するという。これに沿って、「穢」は外から来た不運や不浄なことを指して、「罪」は自分の犯した悪しき業を指すと言われる。このように禊と祓を考えれば、普通の神社参拝には両方が現れる。手水舎で水で手と口を清めるのは、禊の略儀であるし、神前で賽銭を捧げるのは、祓の略儀だ。

しかし、「禊祓」と「罪穢」の言葉の存在から分かるように、この区別は曖昧で、歴史的にもはっきり区別された時代はあったとしても、歴史書には記録されていない。

禊祓と深い関わりを持つ神は数柱ある。まず、『古事記』でイザナギの禊祓で産まれた神が掲げられる。最初は、穢れや禍事の神の八十禍津日神と大禍津日神が誕生した。その後で、祓い清める神が誕生した。それは、神直毘神、大直毘神、伊豆能売神だった。本居宣長が特に直毘の神を重視したそうだ。しかし、大祓詞で登場する神は、セオリツヒメ、ハヤアキツヒメ、イブキドヌシ、そしてハヤサスラヒメである。この四柱の神は他の神話に出てこなくて、国学者は他の神と関連させようとした。宣長と篤胤は天照大神と豊受大神の荒魂やスサノオと関連したと言う。ところで、この禊祓と関連する神は「祓戸神」と言われる。確か、春日大社では末社に祀られている。

上記の「大祓詞」とは、奈良時代には朝廷で6月と12月の晦日に執り行われた大祓という儀式に奏上された祝詞である。今でも神道の儀式に重要であるし、例えば東京の日枝神社では毎月の一日参りと月次祭では、参列者が大祓詞を斉唱する。歴史的にも重要だったし、平安時代からこの祝詞の解釈が重要な宗教的な位置を占めた。平安時代の両部神道の書の「中臣祓訓解」は早い例。(中臣氏によって奏上されたので、「中臣祓」とも言われた。その上、元々の大祓詞は「宣る」という動詞をしようするが、中臣祓で「申す」に改められている。)中正になったら、陰陽師がこの祝詞を使って、庶民の祓を行ったそうだし、伊勢の神宮の御師も行った。神宮大麻の原型の大祓大麻だったそうだ。今でも神社でこの大祓が行われるが、神社で大祓詞のなかで列挙される天津罪と国津罪は省略されている。どこかで聞いた説明は、清浄な神社でその穢らわしいことを口にすることは遺憾であるからだそうだ。

この禊祓の祓え具として、人形はよく使われている。歴史的に、金属の物は使用されたそうだし、場合によって貴金属でも使用されたが、現代の物の殆どは和紙だ。茅の輪潜りも祓の意味を持つが、人形と同様に陰陽道から発生したと思われるそうだ。

現在、神社本庁が行う禊祓は、禊と祓に分けられるだろう。祓は、手水も含めて、祭祀の前に怠らずに行われている。大祓詞より遥かに短い祓詞があるが、それは昇殿参拝をすれば、修祓の時に唱えられる祝詞だ。そして、大祓のときに、人形や茅の輪を加えて、茅の輪を三回潜るなどの行事がある。これは純粋な儀式に近い。

一方、禊は宗教的で、神社本庁の他の活動と対照的だ。昭和時代に始めたそうだが、特に厳寒の頃に川や海に入って、特別な手振り身振りをして、呪文のような詞を唱える。『神社のいろは 要語集 宗教編』によると、「(前略)荒行の性格を持ち、そこで唱えられる生魂・足魂・玉留魂については、神道の伝統的信仰からいえば、独特なものがあるといえよう」そうだ(235頁)。この行事の歴史と神社本庁の活動の中の位置についてさらに調べたいと思う。他の活動とよく噛み合ないような気がせざるを得ない。

私の個人的な見解を述べさせていただけば、禊祓には特に二つの魅力がある。

一つは、犯した罪や附着された穢れを清めて、力を取り戻す儀式はとても良いと思う。人間は間違えるし、禍にも遭う。その事実を認めて、将来に向けて歩き出す儀式は人生には必要だと思う。

もう一つは、日常の世界と清浄で神聖な世界の境には儀式があることだ。非日常的な経験は人間には重要だと思うが、そのような経験をさせるために儀式が貢献すると思う。禊祓の儀式で、日常的な環境を出た意識を与えるのは良い。

歴史的に、禊祓は神道の重要な概念や儀式であることは否めないし、私が自分の独自的な神道観念を成立する中で、重要なことである。