斎王

この投稿は現実的な話と乖離することを書いておく。

神社界では、天皇を男系男子から選ぶべきだと強調する。「男系」の部分には伝統的な裏付けがあるものの、「男子」に限る根拠はないことを前にも指摘したが、今回別な立場から考えたいと思う。

天皇は、少なくとも推古天皇の時代から男系だったし、女帝でも男系だった。男系を辿って女神に着くのは矛盾であるが、神話を除けば現実は男系である。伝統を気軽に覆すべきではないので男系の天皇を維持する理由はある。

一方、明らかに男女差別である。それは、現代の社会では許すべきではないことだ。だから、覆す理由も充分ある。

伝統を重視しながら正義を擁護するために、創造は必要だ。つまり、新しい伝統を作る。ゼロから作成しても良いが、そのような伝統は暫くの間重みはない。ただし、百年は充分であろう。例えば、明治時代に作成された伝統はもう重視されている。それでも、既存する伝統を利用したほうが効果的だと思う。この場合、候補の伝統がある。

それは、神宮の斎王である。

斎王は、7世紀から14世紀まで天皇が伊勢の神宮へ派遣した未婚の皇女である。斎王は、神宮の重要な祭祀に天皇の代行者として参加した。卜占されたら、数年間の潔斎を経ていよいよ伊勢に入ったそうだ。昔は、天皇の代替わりとともに新しく選ばれたが、数十年と数代の天皇を務めた例もある。そして、斎王は皇室の祭祀や行事の中で重要な役割を占めたが、その役割は象徴的だった。現代の象徴天皇制にはぴったりなのではないか。

斎王を復旧したら、女性のための伝統がある。そして、重要な変更をする。数百年間中断した伝統だから、昔とぴったりの形で再現できるはずはない。その変更は、女系にすることだ。つまり、新斎王の1代目は現在の皇室の女性に務めてもらうが、将来の斎王は、斎王家の女系女子に限定する。

皇室の女性が結婚すると、皇室から離籍するのは現行の規則だが、それは認められる。なぜなら、斎王は伝統として未婚の皇女であるからだ。つまり、斎王家の女性の結婚を法律として認めない。もちろん、結婚しなくても子供を産むことはできる。欧米ではその方が普通になったそうだ。その子供は斎王家の一員になるが、男性であれば結婚すれば離籍する。斎王家は宮家のように、皇族の一部であるように指定するので、皇族の公務に手伝うことはできるが、神宮の祭祀や他の祭祀は当然主な役割になる。実質的な権力は宮司にあるが、象徴として斎王家が役割を果たす。

斎王の代替わりは、天皇の代替わりと同じくしても良い。天皇が、斎王になる資格を持つ斎王家の女性から新斎王を指定するのは一番相応しいだろう。斎王が天皇の御代の途中で亡くなったり(崩御したり?)退任したりすれば、新しく指定することもできる。こうすれば、卑弥呼の時代の形式のように、日本の伝統に基づいた男女平等の皇室ができる。この場合、天皇を男系男子に限っても良い。

もちろん、この提案を実現するために、憲法改正は必要だ。天皇家を国法によって定めるが、神道の祭祀と密接する役割は国は認められない。しかし、神道界はもう憲法改正を訴え、神道の祭祀を国家の管轄に入れられるような改正を求めている。だから、今の活動と大きく変わらない。内容には確かに変化が見えるが、それは日本の伝統を尊重しながら男女平等を確保するための内容だから、認めてもらえるだろう。

冒頭で述べた通り、この提案は実現される筈はない。