国籍証明書

今月上旬に法務局に行った時、帰化を申請するために集めなければならない書類のリストをもらった。戦略として、まずイギリスからの書類を集めようとしている。これにめんどくさいことはある。出生証明書はネット上で依頼できるので、それは問題ないが、離婚証明書は裁判所から取り寄せるようだから、手続きと時間がかかりそうだ。まだ裁判所から返事がこないし。

そして、国籍証明書も必要であるそうだ。パスポートはそうならない。担当者によると、それは大使館で発行してもらえるそうだった。

だから、大使館に連絡した。最初の返事は、「英国の国籍を放棄するために、イギリスと連絡してください」との内容だった。「分かったが、その前に国籍証明書が欲しい」とのメールには、返事はなかった。それで、もう一回メールした。今回、放棄は後ほどのことで、国籍証明書は少なくとも過去に発行したことがあったことを明記した。

有意義な返事がきた。過去に確かにこのような証明書を発行したが、去年から、イギリスの外務省の指導に従って、発行しなくなっているそうだ。国籍を放棄するために、イギリスの内務省と連絡するべきだそうだ。内務省のホームページなどをもう調べたが、生まれながらのイギリス人であれば、証明書は存在しない。

どうしよう。

先日は、法務局の担当者に電話した。

「去年発行しなくなったんですか。そうなんですか。では、とりあえずいいです。無理ですので、いいです。上に相談します。法務大臣が対策を決めますが、時間がかかりますのでそれを待たないほうがいいです。他の書類を集めたら、また連絡してください。」

問題解決。

もちろん、申請が法務大臣に提出される前に国籍証明書の代わりになる書類を確保しなければならないと思うが、申請の他の手続きは同時並行できるので、安心した。

これで実感したのは、日本語力の重要性だった。大使館からの役に立つ返事を数週間待っていたが、返事が来たら次の平日の電話できる時間になったら、5分以内問題を解決できた。しかし、電話でこのような問題を説明したり、答えを聞いたりすることはできなかったら、大変なことになるだろう。日本語力を正式な条件にしないほうが良いと思う。特別な事情がある場合も考えられるので、言語力を柔軟に扱うべきだ。一方、日本語は不自由であれば、帰化が難しくなるのは当然だろう。

もう一つの実感は、法務局の協力的な態度である。「必要とした書類は存在しない?では、とりあえず必要ではないね」という反応で助かった。イギリスの大使館からの返事より役に立った。

これも、帰化したい小さな理由の一つ。

メリークリスマス

クリスマスの朝だ。

今年、真由喜が7時過ぎに起きてきた。プレゼントが入っている靴下を持って、私のところに走り込んだ。

「ダディー!すごい!私に好きなお菓子が入っている!レゴフレンズも!あ!見て!お小遣いまで!そして、やはりみかん!」

(みかんは、私の子供のころ必ず靴下の爪先に入っていたので、真由喜のクリスマスの靴下も同じになっている。)

「サンタさんは、私はレゴフエンズが好きなのがわかるよね。あっ、確か去年も靴下に入っていた。」(その通り)

クリスマスツリーの下のプレゼントを見て、ワクワクした。そして・・・

「さぁ、宿題やろう。」と言った。

そうだ。楽しいクリスマスの日が始まる前に、冬休みの宿題に着手した。漢字の問題2ページと音読をした。1行日記もしようとしたが、やはり今日の文はまだ書けない。そして、朝ごはんを一緒に食べた。私が家族のお菓子を出したら、グウゼンに真由喜が靴下にもらったお菓子と同じお菓子があった。

「じゃ、私の分も入れよう!」

「自分のお菓子だから、入れなくていいよ。」

「いいじゃん。」

やはり、共用のお菓子に入れても、自分の分がなくならない自信を持っているね。

これから、家族で楽しいクリスマスを過ごす。

イヴ

今日はイーブ。クリスマスイブだが、省略の呼称も聞こえる。英語で、「イブ」は「宵」の意味だから、クリスマスの祭りの前夜という意味だ。イギリスでは、特別な習慣は少ないので、子供が興奮しすぎて眠れないのは特徴だろう。そしてアドヴェントカレンダーが終わる日でもある。実は、私にとって「12月24日」は、日付として「12月25日」より懐かしい気持ちが入っている。アドヴェントカレンダーを見て、この24が来ることを待っていたからだと思う。ヨーロッパ大陸で、クリスマスイブにプレゼントを交換するところは多いが、うちはそうしなかった。

ただし、クリスマスイブには学校があるのは、イギリスでは絶対にありえない。仕事に通う人は少なくないが、24日から休む人もけっこう多いと思う。だから、今日真由喜は学校に行くことには、私は違和感を抱えている。幸い、25日は冬休みに入っているが、将来に学校がある年もくるだろう。どうするかは、まだ決まっていない。自然の秩序に違反する行為だと感じざるを得ない。

日本では、クリスマスイブはカップルの日であるようだが、そのような習慣はヨーロッパにはない。クリスマスは家族のためだ。お正月は、恋人と過ごすことは多い。つまり、日本と逆になっている。私たちは、クリスマスを私の実家の習慣に則って祝う。ただし、私の両親は離婚していたので、クリスマスの日に皆んなで父の家に行ったが、私は離婚していないので、それはできない。だから、お昼ぐらいターキーを中心とするご馳走してから、プレゼントを開けて、お菓子をたくさん食べながら新しいものを楽しむ。ゆっくりする家族の日だ。(お正月は、年越しそば、初詣、お節料理。和風だ)

先日ゆり子と話していたが、イギリスの行事は日本の行事よりはるかに少ない。クリスマスとイースターぐらいだ。その結果、真由喜が経験する行事の大半は、日本のものである。ハーフというこれども、4分の3ぐらいは日本人だろう。日本に住んでいるので、当たり前だと言われたら否めない。それでも、両方の流れを汲んで欲しいので、クリスマスを思い切って祝わせたい。

学校が許す限り。