帰化の動機書:草案1

帰化申請のためにイギリスから整えなければならない資料はほぼ揃ったので、国内の資料の収集に本格的に乗り出すことになった。区役所などに行って、発行してもらうことは多いが、自分で作成する資料もある。その一つは動機書である。

動機書は、A4の一枚以上のエッセイで、「帰化したい理由」を明らかにすることだ。提出する文は、自筆しなければならないが、直接に記入するはずはない。事前に何を書くかは、ちゃんと考える。その過程をこの投稿で始めたいと思う。

指導として、日本に来るまでの経緯、日本での今までの生活、今までと帰化許可された後の社会貢献、帰化してからの生活の予定などのことが指摘される。一枚を超える動機書も可能だそうだが、その全てを具体的に書けば、博士論文のようなものになる。だから、粗筋を目指す。ここで、草案を載せる。

私は、物心がつくともう日本に興味を持っていた。もちろん、幼児の私は、ガッチャマンは日本の作品であったことは分からなかったが、中学生になったら日本に興味を持って、日本語を勉強しようとした。高校生や大学生になっても、変わりはなかったが、日本語を本格的に勉強したのは、20代半ばだった。『源氏物語』を英語で読んだら、日本語で読みたいと思ったし、現代日本について知れば知るほど日本語で検討できるようになりたかった。

そして、31歳の年齢で、やっと日本に来られた。当初の目的は、日本語を習って、日本語を母国へ持ち帰ることだった。しかし、日本に住めば、その社会環境にも自然環境にも文化にも魅了され、日本に住み着こうとした。そして、妻と結婚して、子供が生まれたので、娘に安定した成長する環境を与えるために、日本を出ないことにした。これは、帰化申請する動機の一つである。

日本に来る前から作者として働いていたが、日本の経験に基づいて、日本と関連する作品を発行したが、それは日本が私の生計に貢献した現象だと言うべきだろう。日本での主な仕事は、英語を教えることで、日本人の研究者の英語での論文発表などを支援してきた。そして、2期連続の4年間は、川崎市外国人市民代表者会議の代表者と社会生活部会長として努めさせていただいた。今でも、川崎市の外国人市民実態調査の実行委員会とワーキンググループの委員として、そして代表者会議から引退してから川崎市多文化共生施策検討委員会の一員として努めさせていただいている。帰化許可を得ると、外国人市民代表者会議に参加する資格を失うが、川崎市が依頼する限り他の貢献は続けたいと思う。その上、日本の国籍を持っている人間にしかできない貢献を探る。これも帰化申請の動機の一つである。民主主義な国に住めば、その一員の責任を担って、少なくとも投票することはふさわしいと否めない。

以上。長い。800文字程度だから、一枚に抑えられない。修正する。(忙しいので、ブログの記事の作成と重ねさせる。)