祝詞

祝詞も神道の特徴の一つであると言わなければならない。もちろん、神様に対して何かを言うのは宗教の基本的な要素であるが、宗教は各々の特別な祈り方がある。祝詞は神道の特別な祈り方である。

先ずは、日本語で言うことは重要である。キリスト教で、祈る言語は重要ではないと考えられているが、神道で、「言霊」の概念を指して、祝詞を日本語で捧げることは重要だとされている。それに、現代の日本語ではなく、原則として一千年前の日本語を使うべきだと思われる。延喜式に載っている祝詞を模範として掲げて、同じ表現や語彙、そして文法を使って、現在の状況に会う祝詞を作成する。原子力発電所の稼働のための祝詞もあるが、それでも古語の文法や表現を使う。

表現と語彙といえば、「やまとことば」を重視する。つまり、漢字の訓読みがメーンになる。例えば、「八百万」は「はっぴゃくまん」ではなく、「やおよろず」と読む。そして、延喜式祝詞の表現を再利用することは多い。例えば、「天の御影、日の御影」という表現は、建物についてよく使われている。天気から住まいにする人を守るという意味として捉えられるが、元々大祓詞や祈年祭の祝詞に登場する表現だ。1300年前にどういう意味を持っていたのは定かではない場合もある。

祝詞作文について読めば、祝詞のよくある要素の存在にも気づく。例えば、「申す」という謙譲語の形は最後に使われていることは多い。つまり、祝詞の最後に「これを言っている」と言う。そして、対象となる神様に所縁のある神話を祝詞の中で描写することも多い。大祓詞はその顕著な例だが、現在よく唱えられる祓詞もその例だ。「掛まくも畏き伊邪那岐の大神」と始まるが、伊邪那岐に対する祝詞ではない。祈る神様は「祓戸の大神たち」である。祝詞の前半は、「伊邪那岐の大神が九州の海岸で禊をしたときに生まれた」という祓戸の大神の描写である。このようなことは少なくないので、祝詞の特徴の一つである。

もう一つは、奉る神饌の描写である。祝詞作文の教科書で、この描写は現実に会うように気をつけるように戒められるが、祈年祭の祝詞には白い馬、白い鶏、そして白い猪が奉られることは述べている。その祝詞は、もしかしてあまり使われていないだろう。

もちろん、世界中の祈りの共通点の依頼もあるし、感謝を表す言葉もあるが、それは特徴にはならないだろう。

実は、祝詞にも複数の特徴があるので、祝詞は神道の特徴の一つであるように、祝詞の特徴も部分的に削除しても、まだ祝詞である可能性はある。とても短い祝詞もある。例えば、「{はら}{たま}い、{きよ}{たま}え」は略式の祓い言葉であるが、祝詞の特徴の中で、古語の日本語を使うことしかない。だから、逆に英語で書かれた祝詞も可能かもしれない。日本語ではないので、内容面で祝詞の特徴を多く取り入れなければならない。そのような祝詞があったら、祭祀を神道の祭祀である要因の一つになると言えるのではないだろうか。

憲法第89条

日本国憲法の第89条は下記の通り。

公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。

これはかなり厳しい書き方である。厳密に解釈すれば、お寺は国宝であっても、公金でから修理などの助成金は出せない。私が聞いたことから考えれば、そういうふうに解釈されていないようだが、その根拠は不明だ。憲法の法律書を勉強しない限り分からないはずだ。

そして、後半も厳しい。ここで、「支配」の解釈は重要だが、例えば私立幼稚園に通う園児に対して助成金を支給することは禁じられているようだ。私立の幼稚園は教育の施設だが、公に支配に属しない。(公立ではないからだ。)しかし、川崎市はその助成金を出している。だから、第89条の後半も、緩やかに解釈されているのは事実なのではないか。

実は、もう一つの可能性がある。裁判所は自発的に行政の動きの合憲性を調べない。誰かが行政を相手取り訴訟を起こしてから、調べる。だから、神社を市有地に立てさせてはいけないことは決まっているが、私立幼稚園に対して助成金を出せるかどうか、調べていないかもしれない。なぜなら、それを禁じてもらうために動く民間団体の評判が極めて悪くなるからだろう。「園児から教育を奪うか?」と質されるだろう。(ちょっと考えれば、その支給は幼稚園経由だったが、親は対象だったし、用途には制限はなかった。だから、法律上、教育の助成金ではないかもしれない。学費に使わせたら、それこそは憲法違反なのではないだろうか。)

この掟の動機も明らかである。国家神道の解体を狙ったに違いない。神社などは宗教上の組織であるので、前半はその支援を全面禁止する。後半は、神社の活動が別な名目で続く場合に備えられたのではないか。

正直に言えば、この掟を廃止したほうが良いと思っている。理由は、後半から始まる。

教育の全ては、国家や公の支配に属するべきではないと思う。国家が教育の全てを支配すれば、国民の視野などを左右できるからだ。国家にそれほどの権力を与えるのは危険だ。だから、私立教育施設を促すべきである。そして、子供一般には、実質的な選択肢を与えるべきである。経済力はない子供も、公立ではない学校を選ぶ権利を保障するべきなのではないか。しかし、そうするために公が支配しない教育の事業に支出することになる。だから、自由を保障するために、この第89条に違反しなければならないようだ。工夫して抜け道を見つけられるかと思えるが、正直にして、掟を廃止したほうが良かろう。

そして、宗教の部分だが、法律で「宗教」という言葉が出ないほうが良いと私は思う。前にも述べたが、宗教の定義は明らかではないし、国家が定義を決めたら、国家が事実上宗教を左右する権能を得るからだ。終戦直後、国家神道を廃止するために必要な措置であったかもしれないが、現在はもうその恐れはない。そして、憲法が国民の自由を保障すれば、「宗教」という言葉が出なくても、国民には信仰の自由が保障される。

ただし、「憲法第89条改正」を推進したら、国家神道の再建を狙っていると思われるだろう。特に神道と深い関わりがある私であれば。現状のような工夫をして、憲法とぶつからないように動いたほうが現実的なのかもしれない。