現世主義

宗教として、神道の現世主義は特徴的である。来世を重視する宗教は多いからだ。キリスト教では、来世は現世と比べたら絶対的に重要であるので、現世で来世のために準備するのは責務である。仏教も、最終目的は来世でしか果たせない。しかし、神道はそうではない。来世についてのはっきりした教えさえ少ない。

この現象を代表することは、神道の他界観についての論議である。古代神道で、他界について何を考えたかは、不明である。死者の魂が山に行ったか、それとも地下に行ったか、または海を渡ったのか。これほど根本的なことが不明のままにあるのは、このような問題に関心はあまりなかったことを表す。そして、人間を神として拝むことは歴史的に見えるが、それは死者に限るわけではない。天皇の現人神論は顕著な例だが、吉田神道などで人の魂を生前に神社に鎮座させて拝むことも見える。

別な方向から考えれば、神道の祈願の多くは現世利益のためである。合格祈願や心願成就がすぐに思い浮かぶだろうが、明らかに現世に叶うことだ。結婚式も現世のことだし、稲作に関わる祭祀も現世の問題を取り上げる。明らかな例外は葬式だろう。しかし、神道の葬式は神社で執り行われない。それは、汚れの恐れからだそうだ。その上、神道に重視されてきたのは、寺請制度の江戸時代だったようだ。つまり、仏教からの独立を強調するために、葬式を持つ必要があった。その上、神道の祖先崇拝の形は、お先祖様がこの世を訪れたり見守ったりすることは重要である。即ち、死後の世界を考えても、実はこの世であるようだ。

この特徴も、いつから見えてきたのは、実は私は分からない。明治時代の国家神道で、超自然的な要素をなるべく取り除こうとしたので、来世についての教えなども削除された可能性もある。ただし、伊勢神道や吉田神道について読んだ限り、来世を重視しなかったようだ。本居宣長もそうだった。例外は平田篤胤だったが、平田神道は本当に独特で、他の国学者との見解も、吉田神道との見解も異なった。(国学者の四大人に数えられた理由は、平田神道の弟子がその四人を指定したからである。)超自然的な存在が伝統的な神道で重要な役割を担ったが、それは現世での超自然的な存在だったようだ。

この特徴には二つの側面がある。一つは、神道でこの世の利益に貢献する祭祀などは多いことだ。現世利益の祭祀や祝詞は、神道に相応しい。もう一つは、来世を重視する教えは、神道の性質とちょっとずれることだ。

ところで、この特徴は、キリスト教の宣教師が神道を「宗教ではない」とのレッテルをつけた理由の一つだったそうだ。私は、そう思えない。キリスト教に似ていない宗教も存在する。

「where」と「that」

久しぶりに英語についての投稿をアップしたいと思う。今回は、関係代名詞の使い方についてだ。場所について語ると、「where」を関係代名詞として使うように教えられるのではないか。例えば:

Manchester is the city where I was born.

しかし、場合によって「that」を使うべき文のある。例えば:

Manchester is a city that I want to visit.

この文に「where」を使うと、間違いになる。正しい英語ではない。では、いつ「that」になるか、いつ「where」だろう。基準は下記の通り。

「where」は、何かの行動の舞台を表す。つまり、「where」は、行動に絡まられる場所ではない。むしろ、行動の背景に過ぎない。最初の例は、行動は私の出生だから、場所は直接的に関わっていない。舞台に過ぎない。一方、「that」は、場所は行動の一部になる場合に使う。ただの舞台ではない。「that」の例で、場所の欲望の目的だから、ただの舞台ではない。より具体的な例もある。

Kiyomihara was the first city that was built to be a permanent capital for Japan.

ここで、浄御原は都として作られたので、「that」を使うべきだ。ただの舞台ではない。一方、「where」の例は簡単に作り上げられる。

Kiyomihara is the city where she died.

この人の死は、浄御原と直接的な関係はない。ただの舞台である。

このように考えれば、代名詞は両方正しく使えるだろう。

祝・9周年

今日で、このブログは9年間1日たりとも怠らずに更新した経歴を超えた。10年目に入った。

9年間の練習で日本語が上手になったかどうか分からないが、少なくともより速く書けるようになってきた。そして、日常的な出来事より、意見などを書き始めた。読者は確かに少ないが、実はこのようなことについて考えるのも楽しい。確かに私は実現できない話題ばかりを考えているが、それは哲学者の通常のことだ。これから、もう少し短なテーマについての考えるかもしれないが、楽しんで論じられる話題は重要だ。短歌の作歌も楽しくしているが、出版してもらうとは思えない。

ブログを続けるかどうか、時々考える。読者は少ないし、仕事への影響は直接ではない。一方、日本語の使いに貢献するし、私が興味を持つ話題について意見を具体化させる機会にもなっている。ぼんやりと考えれば、話題の面白いところを見逃すことは多いので、ここで千数百文字を書けば、深層が見えてくるし、後日にそのところをさらに探ることはできる。そして、そのような内容を仕事で使えることもある。

読者は依然として少ない理由を考えることもある。もちろん、内容はつまらないかだであるという理由は大きいし、偶然にそうなっているという理由も忘れてはいけない。しかし、より根本的な理由もあるのではないかと思う。一つは、このブログは文字ばかりであること。私は、絵は描けない。そのような才能は持っていないので、絵画でブログを彩ることはできない。写真を使うのは可能だが、私が論じる話題を写真で表すことは難しい。現在のインターネットで、写真などの利用は重要だ。そして、ブログの内容の分野が日にちによって大きく変わる。私と同じ興味の範囲を持つ人なら、毎日読みたくなるだろうが、そのような人は少ない。だから、ある日興味を持つ人は、その次の日の投稿には興味を待たないので、戻ってこない。最後に、投稿が長くなってきた。千数百文字は長編小説ではないが、1分で読める長さではない。これもインターネットの内容についてよく言われることだが、長いこと、集中力を要求することは、ネットで人気にならない。

だから、読者は永遠まで少ないと思わざるを得ない。読者はなくても、このブログの維持には意味があるのだろう。もう9年間になったので、少なくともこれから1年間続けないわけにはいかないだろう。それに、執筆する内容をさらに考える。今も連載小説を掲載したいと思うが、その執筆の皮切りはまだできていない。

まぁ、少なくとも1年間続けるので、これからも宜しくお願い申し上げます。