Ars Magicaの監督を退任

先日出版社のAtlas Gamesによって公表されたが、今年末をもって、Ars Magicaの監督を退任することになった。14年間この仕事を続けてきたので、かなり大きな節目になる。Ars Magicaにとっても大きな変更になる。

退任する理由は簡単に言える。やりたかったことはやり遂げたからだ。Ars MagicaというTRPGを私が読みたかったゲームにしたり、遊びたっかたゲームにしたりした。これから続けば、もう興味のない本を出したり、今までできた作品を損じるだけだと思う。(まぁ、正直に言えば退任を決断した3年前から、1年分の本のアイデアができたが、3年間で1年分は明らかに足りないので、タイミングは良いと思う。)

これが公表されたら、Ars MagicaのBBSでファンの方々が暖かい言葉を贈ってくれた。たくさんと言いたいが、20人ぐらいに上っているだろう。北川景子さんの場合を考えれば、20人はポストの20秒以内の量だから、確かに多くない。しかし、Ars Magicaはそもそも大衆の関心をひいていないので、大勢の人がコメントしてくれるはずはない。量より質を見れば、やはり私が出した作品を楽しんでくれた人はいる。そして、協働してくれた作者の多くも、この計画は楽しかったし、遣り甲斐があったと書いている。作者にたくさんの努力を課したので、報われたと感じていただき、安心で嬉しい。

これから、Ars Magicaの最後の仕事が残っているが、Kannagaraに移動することになる。昨日、Kannagaraの執筆に進歩したので、新しい計画が進んでいると言えよう。

後日、この経験を省みるつもりだが、今日は、このちょっと短い投稿で公表されたことに応えたいと思う。

「Ars Magicaの監督を退任」への2件のフィードバック

  1. お疲れ様でした(で、いいのかな? 今年一杯はまだ頑張られるとのことですが)。
    遊んだ回数は少ないのですが、それでも好きなシステムでした。
    6版がどうなるのか楽しみであると同時にちょっと寂しい気もします。

    KANNAGARAを楽しみにしています。

  2. 鮎方様、ありがとうございます。たくさんの方から暖かい気持ちを伝えていただきましたので、実はまだ終わっていない事実は、私もちょっと妙に感じています。しかし、急遽に公表するよりこの方針は良いとも思います。年末まで、頑張り続けたいので、よろしくお願いします。

コメントは受け付けていません。