実験方法

では、先日神様の存在を調べる実験を抽象的に論じたが、今日具体的な実験方法について考えたいと思う。

神饌には、基本がある。現行の制度では、お米、お水、お酒、お塩になる。この四つのいずれかを省ければ、失礼になる恐れがあるので、この四つを毎日供える形式にする。実験の対象は、もう一品の供物になる。神様の好みは分からないので、その一品には多様な選択肢を提供した方が良かろう。例えば、鯛、鮑、なす、リンゴ、お餅、ご飯を六つの選択肢とすることはできる。この選択肢は神前に供えられたものであるので、原則として適切であることはわかる。もちろん、尋ねたら、実際に供えなければならない。そのように嘘をつくのは子供に対しても失礼だから、神様にたいしては如何なものか。その上、仮に神様が存在するとしたら、答えを尊重しなければ、正直に答える度行きがなくなるので、結果は役に立たなくなる。だから、実践問題を鑑みて、この選択肢を修正する頃になるだろう。鮑や鯛はちょっと高いとか、一年中は入手できないものもあるなどのような問題を始める前になくさなければならない。

そして、実験のやり方だ。まず、選択肢を提供して、神様の神慮を伺う祝詞を作文しなければならない。最近の神事ではそのような祝詞は少ないので、ゼロから作ることになると思うが、勉強しているのでそれはできるだろう。まだだが、明日から実験を始めるつもりであるわけはないので、それは問題ではない。選択肢を掲げたら、神託を受けなければならない。

実験のために、籤を使うと思う。人間を通しての託宣であれば、人間の意志が関与する疑いは払拭できないので結果は証明にならない。ただし、完全に偶然であるはずの籤で選択を得れば、人間の意志は関与していないことが分かる。籤として、お箸に番号を描いて箱から降って下ろす方法もあるし、箱から見ずに取る方法もあるし、選択肢を偶数にすればサイコロを振って決めることもできる。

様々な方法があるのは重要である。なぜかというと、結果はなければ、神慮を伺う方法には誤りがある可能性があるからだ。伝統的に籤はよく使われている方法だから、出発点として良いと思われるが、調整できる形に最初からした方が良い。

そして、結果はカイ二重検定によって分析する。偶然であれば、長期的に神饌の間の差はないはずだから、その差が出れば、何かがあるかもしれない。そのような結果が見えてくると、まず他の原因を排除しなければならない。例えば、サイコロを使ったら、番号と神饌の相当を変える。番号はそのまま違って来れば、サイコロには問題がある。(その場合、事前にサイコロには問題はないかを確認するけれども。)他の方法では同じようなことはする。

確信を持てる結果を得るために、実験を少なくとも数ヶ月続ける必要があると思えるので、すぐに結論と結ばない。早くても、結果はこれから1年後に出るかと思う。もう少し考えて、実現するかどうかは決める。

神饌の実験

神様の霊魂的な存在を確認するために、実験は必要である。証拠を得なけれならないからだ。そして、目立つ超自然的な現象はない限り、(そのような現象はあったら、もう気付いたはずだと思われるので、ないと思ったらよかろう)統計的な分析で影響が明らかになる設定は必要となる。統計的な分析をするために、何回も同じことを繰り返さなければならない。それは統計学の根本的な性質である。一方、神様に対して、情報収集のために同じことを繰り返すのは失礼なのではないかと思うだろう。だから、失礼とならないことを考えなければならない。

そして、もう一つの重要な条件がある。この実験で、神様は霊的な存在であるかどうかを検討するので、その能力について何も知らない。つまり、超自然的な能力を前提とする行為は不適切である。例えば、翌日のニュースなどの予言を求めたら、正しい答えが出てこなくても、それは神様は将来は見えないからであると考えられる。私にも明日のニュースについて聞いたら、正しい答えは少ないだろうが、私の存在や意識は全く疑わしくない。

幸い、ピッタリの候補が存在する。それは神饌のことだ。神社では、日供は基本的な祭祀だが、その内容は神饌を奉ることだ。毎日するのは決まっているので、失礼ではないことも決まっている。というより、それは神様に対して失礼であれば、神社神道は最初から駄目である。実験の結果はそのような結論になる可能性を忘れてはならないが、この段階で神様の霊的な存在さえ分からないので、敬意を表すと言われる行為を選ぶ。出発点は必要不可欠である。

そして、神様に欲しい神饌を尋ねることはできる。神様には神饌の好みがあると言われるが、神様は自分の好みがわかるのは間違いないだろう。自分の好みさえ分からない神様は、崇敬するに相応しいかどうかは不明である。だから、霊的な意識のある存在の神様がいれば、毎日神饌を奉るべきだし、神様の好みの神饌を奉ると良いとも思える。少なくとも、失礼ではない。もちろん、神様の好みの推測して、その神饌を奉っても、神様の存在の証拠にはならない。実験をするために、神様に欲しい神饌について尋ねてから奉ると良い。そして、表された好みを分析して、何かの存在が答えているかどうかを調べる。

このような実験は絶対的ではない。例えば、神様は全ての神饌を等しく好きになる場合は、偶然との違いは見えないだろう。そして、尋ねる方法には問題がある可能性もある。強いて言えば、神様は存在を曖昧のままにするために、答えをバラバラにする可能性さえある。一方、何かの結果があるとしても、神様の存在を絶対的に証明するとは言えない。神様の力ではなく、実験者の力である可能性もあるし、答えている存在は神道の神様だと言えない存在である可能性もある。ただし、神道では「神様だと言えない存在」は非常に少ないので、実験者の関与であることを排除できたら、「何か」が存在することはわかるだろう。

絶対的な結果は欲しいだろうが、科学ではそのような結果はほとんどない。このような実験は同じである。今の証拠は全くない状況から一歩出るのは重要なのではないかと思う。

霊魂証明

先日、責任のある霊魂観について投稿したが、今日の考えをさらに繰り広げたいと思う。

神道や神社について話せば、個人的にちょっと躊躇することがある。神の存在に触れずに話すことはできないが、神は存在するか、そのような存在であるかは、分からない。古事記に書いてあることも、宣長の定義もよくわかるが、それが実存する存在を指すかどうか、分からない。神道はキリスト教のような信条を重視する宗教であったら、大きな問題だったが、神道はそうではない。祭祀や儀式を行うのは重要だが、その奥にある存在についてどう信じるのかはほとんど問われていない。そのため、参拝や祈願祭などは問題ない。ただし、その奥の存在について、やはり何か知りたいのだ。

もちろん、本殿に侵入して御神体を観察するわけではない。それは無礼であるし、必要な情報も提供しない。御神体が存在することは疑わない。(御神体はない神社もあるが、その場合、御神体はないことは疑わない。)知りたいのは、神のことだ。

キリスト教の場合、同じようなことを言う人もいる。しかし、キリスト教の神は、知ることはできない。ある存在は全知全能ではなかったら、キリスト教の神ではない。しかし、全知全能であることを証明することはできない。知識は豊富で、力も目覚しいことは証明できるが、それは全知全能に遥かに及ばない。同じように、キリスト教の神は倫理的に完璧であるが、これも証明できない。だから、キリスト教の場合、証拠は存在できない。

幸い、神道は違う。神道は、純粋に読んでも、神社には霊的な存在が鎮座するし、祝詞などを聞いて、場合によって応じると信じている。これは証明できることである。もし霊的な存在から答えがあったら、そしてその答えは第三者に見せられるものであったら、証明できる。

では、証拠の存在は可能だが、具体的にどうやって得れば良いのか。もちろん、実験室でネズミを対象とする検討することはできない。神が存在すれば、尊い存在であるので、失礼な行動はできない。だから、敬意を表しながら実験することはできないと何もできない。

また、幸いである。歴史的に見えれば、神道には神様の神慮を伺う祝詞や祭りがあった。確かに最近少なくなったとは否めないが、歴史的な神道は無礼ではなかったら、そのような祭りなどは許されるはずだ。それでも、内容でも敬意を表す必要がある。もちろん、神は存在しないなら、敬意は不要となるが、存在する可能性に配慮しながら進むべきである。

具体的にどうしたら良いかは、後日に考えさせて頂く。