神道の学び方

最近のNatureで、科学者の育成についての特集があった。教育や育成の研究の結果は曖昧ではないそうだ。学ぶ内容と積極的に取り組めば、その内容の理解も記憶もより深く、より鮮やかになるという。これは確かに私の経験に沿っている。それは学生としての経験も、先生としての経験も同じである。日本論理検定協会で、論理などと積極的に取り組ませる検定の作成を目指した。神道も例外にならないと思われる。実は、去年神社検定の構造についての投稿を書いて、このような理解を促す設問を検討した。しかし、それは検討についてだったので、積極的な取り組みを含める教え方に触れなかった。今回、その立場から考えたいと思う。

科学や論理の場合、「積極的な取り組み」の内容は比較的に明白である。科学的に、もしくは論理的に問題と取り組むことだ。例えば、疫病の発生を見立てて、その対応を決める問題で、疫病の流行り方や治療法などについての知識を確認して、理解する。そして、学生にとって、楽しい。ただ先生の言うことを鵜呑みして、丸暗記することではないからだ。

では、神道の場合はどうするか。

神職の養成講座で、祭祀の奉仕は実践的な取り組みになるが、ただ決まった作法に従うことは多いようだ。自分で作法を新しく発想することはあまりないようだ。そして、神職ではなく、一般の人を対象とする教育はどうだろう。確かに、神社に参拝して、祭りに参加するのは一つの重要なことだと思う。それで作法を見覚えるし、祭祀の次第も自然に感じるようになる。ただ本で読むより効果的だろう。もちろん、本を読むことも大事だけれども。

神道の基本は祭祀だ。神を祀ることは神道の道であると言える。だから、積極的な取り組みを実現するために、祭祀を利用するべきだと思う。

つまり、祭祀を作成することだ。それは、祭祀の神饌も祝詞も神楽なども作法も装束も含めることだ。目的は、その祭祀を実施することではない。それより、祭祀の作成では神道についての知識や理解を深める。例えば、祝詞作文では神話を取り入れることは多いが、その祭祀の目的にとって適切な神話を利用するのは重要だ。そして、神饌にも伝統があるが、その広い伝統に基づいて独特な神饌を決めて、祭祀の目的に合わせる。装束も神楽も作法も同じだ。現在の決まったものは接待的ではないので、歴史を考えて様々なことを取り入れたら、本格的に理解するだろう。

もちろん、これは勉強のための措置だから、祭祀の構造には間違っている要素も入ってしまう。勉強している間にそれは避けられない。だからこそ、祭祀を実現する予定ではないことを繰り返して強調する。上述の疫病対策も実現するわけにはいかないが、これも同じ理由で同じことは言える。全くふさわしくない祭祀でも、勉強には役に立つこともある。例えば、人を祟るための祭祀は行うわけにはいかないが、祟り神などを勉強することに当たって、その作成が役に立つだろう。私も、この学び方を実現するかもしれない。

神の祭

ちょっと前に、祭の目的について書いた。それは、大別したら、御祭神のための祭と氏子崇敬者のための祭だった。前にも触れたが、氏子崇敬者の生活の基盤の多様化に伴い、氏子が共有する祭祀のきっかけが減った。昔は、稲作と関係する祭祀はそうであったが、現在は違う。農業離れは進んだので、それは良いか悪いかを別として、神社では多様性を認めなければならないだろう。

それでも、神社には年中行事の祭の循環は必要だと感じられる。そのために、御祭神のための祭は良いのではないかと思ってきた。つまり、氏子崇敬者の利益に触れずに、単純に御祭神のための祭にする。

さらに考えれば、神道の祭祀は元々夜中に執り行われたそうだが、最近それは遷座祭などの特別な祭祀に限られる。なぜなら、夜間の祭祀は一般の人は参加しにくいからだろう。しかし、御祭神のための祭であれば、神職しか参加しなくても良かろう。だから、御祭神のための祭を夜に執り行うのは良いと思う。普通は、日没ととも始めるのは良いかもしれない。神職の負担にも配慮しなければならないからだ。日没はそれほど遅くないので、昼に起きている普通の生活はまだ可能である。氏子崇敬者と対応するためにそれは重要だから、可能としなければならないだろう。

そして、今のところ、毎日の朝拝は恒例であるそうだ。これは御祭神のための祭の良い例になるが、日没直後に移せば、毎日の祭になる。そして、翌朝の日の出とともに終わるように対となる祭祀も執り行っても良い。これは、毎日の祭だから、小祭として位置づけられる。

では、中祭も必要である。それは、毎月行っても良い。実は、月に2回行ったほうが良いのではないかと思う。なぜかというと、理由は二つある。一つは、月次祭を月に2回執り行う伝統があるからだ。もう一つは、そうすれば中祭は小祭の10分の1になるからだ。それは適切な割合と思われる。その上、もちろん大祭も必要となる。

大祭は、神社の例大祭は一番相応しい。最近、例大祭の祭日を伝統の日にちからそれに近い日曜日に移す傾向は強いと言われる。それは、平日の祭には一般の人は参加できないからだ。しかし、縁日と離れた祭はちょっと物足りないと感じる人もいるし、伝統を維持すべきであるのではないかと思う人もいるようだ。ただし、このように御祭神のための祭を導入すれば、問題はなくなる。御祭神のための例大祭は、縁日の夜に執り行う。(昔の1日は、日没から始まったそうだから、今の計算で縁日の前夜になる。)そして、その例大祭の前後の祭日に、氏子崇敬者のための祭も執り行う。渡御や屋台の祭は、昼間に行う。(ところで、前か後かは、考え方によってだろう。渡御などで神様の威力が増すとの考え方があるので、それに従えば例大祭の前に行うべきだ。一方、渡御などで神様の利益を氏子区域に蒔くという考え方もある。その場合、例大祭の後に行うべきだろう。)

ただし、大祭を年に一回執り行えば、中祭の20分の1にとどまる。やはり、10分の1の割合を保つために、もう一つを入れたほうが良かろう。伊勢の神宮では例大祭に相当する神嘗祭と二つの月次祭があるので、三つだが、三つでも良い。しかし、その詳細はやはり神社によって決まったほうが良い。

確かに、こう考えれば、「御祭神のための祭の内容はなんだろう?」との疑問が浮かび上がるが、それは後ほど考えたいと思う。

農村の活性化

今農村や山間地などの過疎化、少子高齢化、そして農業離れが憂えられて久しい。この問題には根本的な原因があると思われる。それは、農業の問題である。

昔の社会では、農業で自分の食料を賄って、租税を納めて、自分の力で衣食住を入手すればよかった。そのような形で、一千万人の人口が日本に住んでいた。江戸時代にはもうこれで足りなかったので、多くの人は江戸へ逃げ出そうとしたそうだ。その時代、法律で移動を禁じたが、現代ならそうできない。今の世界で、食料は比較的に安いし、消費者の値段の大半は、農家の後の加工、搬送、販売に占められる。だから、農家には平均的な家庭のような収入を確保するために、大量のお米などを収穫しなければならない。しかし、そうするために、田んぼも面積も必要となる。その必要な面積は、一つの集落の周りの田圃は、一つの集落の人口の生活に足りないことになると思われる。だから、集落は自然に過疎化して、限界集落になってしまう。なぜなら、二つの選択肢がある。一つは、小規模な農場のままにすることだ。そうすると、若者の魅力的な未来は集落にはないので、当然都会へ出て行く。もう一つは、大規模な農場に変更させる。その場合、農家が激減するので、もう仕事はない人は当然都会へ出て行く。いずれにしよう、村がなくなる。

歯止めをかけるために、純粋農村ではなくさせるしかない。そうすれば、人口の一部は農業で収入を得て、残りは別な方法でする。つまり、山村の多様化を促進しなければならない。

多様性は多種多様だから、統一にはならないが、可能性を持つ候補は思い浮かぶ。例えば、通信販売やネットを利用して、工芸品などを売ることは可能だろう。特に、伝統工芸であれば、工房は山間の田園風景の中であれば、魅力的なのではないか。それだけではない。いわゆるテレワークで、山村からも大手企業で働くことも可能だし、様々なフリーの仕事も可能だ。そして、交通網に気をつけたら、地方都市へ通って働くことも可能とできる。観光業も交通網に寄るが、これも一部となり得るだろう。

このような仕事が基盤となったら、村民に何かを提供する職業も可能となる。例えば、近所の小売店やレストランの経営が可能になるし、小学校も必要となるだろう。小学校には先生は必要だが、先生が村に住むのは先生にとって一番便利だろう。

これで村が生き残るだろうが、大きく変貌するのは確かだ。農業と関わる人は、田舎でも非常に少なくなるからだ。神社の祭祀へ影響を与えるだろうが、田圃は残るので風景は大きく変わらないと思われる。そして、数少ないの農家は、ちゃんとした収入を得ることはできるので、若者は離れないだろう。

だから、活性化のために重要に思われることは三つある。一つは、このような多様化を抑制する規制を撤廃することだ。そして、村に根付いている中小企業や自営業の起業を促進する方針だ。税制での優遇とか手続きの簡素化などはそれに当たる。最後の重要のことは、外から、それから上から、詳しい計画を押さないこと。村民は自分で生きる道を選んで、そして転入する人も自分の生業を選ばなければならない。