禁煙の賞金

今回の投稿も、Natureで紹介された研究論文を紹介する。今回は、禁煙を促す方法についての論文である。この論文は、実はNew England Journal of Medicineに記載されたが、紹介する記事はNatureに載っている。この投稿は、Natureでの記事日本語概要)に基づく。

喫煙は、合法の活動のうち、一番命を脅かす行動であるそうだ。喫煙者の半分は、喫煙を試死因すると言われる。そのために、禁煙を促す活動は社会的にとても重要である。タバコの値上げには一般的な効果は認められているが、タバコを止めたい人を支援する要項な手法は少ないそうだ。効果は極めて薄いようだ。だから、新しい手法を見つけるのは重要である。

この研究は、アメリカの会社で2500人余りを対象として、四つの手法を比べた。二つは個人で禁煙と挑む形で、また二つは集団になって挑むことだった。その概念は、集団で挑戦すれば、お互いに持ちつ持たれつできるので、成功率が上がることだが、本当に効果があるかどうかはわかっていなかった。そして、個人と集団一つずつには、禁煙に成功したら$800をもらう仕組みだった。残る二つでは、参加するために$150を預けなければならなかったが、禁煙に成功すればその$150をもらうし、さらに$650をもらうことだった。つまり、禁煙できたら賞金をもらう。

預かり金がある計画は、誘われた人の87%が拒否した。単純な賞金がある計画で、90%が参加した。これは驚くほどではないだろう。しかし、参加者も不参加者を合わせたら、預かり金で7%程度が6ヶ月で禁煙できたそうだ。(参加者の5割強である。)一方、単純の賞金の場合、不参加者を含めても、17%も止められた。そして、12ヶ月で調べたら、禁煙できた人の5割がまた喫煙していたが、賞金をもらった人はまだ8%程度が吸わなかったが、それは通常の計画より倍ぐらいの成功率だったそうだ。ところで、個人挑戦と集団挑戦の間の差は認められなかった。

つまり、この結果を踏まえれば、禁煙を促す方法として、一番効果があるのは成功する人には現金を渡すことであるようだ。しかし、この手法を実現するのは極めて難しいという。なぜなら、多くの人が強く反発するからだそうだ。タバコをやめるのは良いことだが、最初から吸わない方が良い。それとも、お金をもらわずにやめた方が偉い。それでも、一生吸わなかった人にはお金を上げないし、自分でやめた人にもお金を上げない。お金をもらう人の選び方は間違っている印象は強いそうだ。

確かに、この考え方は理解できなくはない。不公平であると思われるだろう。しかし、人を助ける場合、公平か不公平かを考えるのは本当適切であるかどうかは、疑問を抱いても禁じを得ないだろう。

隠し事

ほとんどの人は、周りの人から隠すことがある。場合によって、隠すことは良くない。例えば、犯罪者はそのことを隠すのは当然だが、好ましい状況は犯罪しないことで隠す必要をなくすのだ。社会が悪い例もある。例えば、つい最近まで同性愛者は、自分の恋愛を隠さなければならなかった。それは隠さないほうが良いので、社会の改善は必要だったし、実現されつつある。その上、社会は特に悪くはないが、本人が恥ずかしがることもある。例えば、40代の男性はプリキュアが大好きだったら、隠す可能性は十分あるだろう。プリキュアが好きであっても、何も悪くはないし、問題は友達がふざけることぐらいで済むが、披露したくない。このような問題は、大分前だが、触れたことがある。隠したくならない社会環境のほうが良いのではないか。

しかし、最近考えれば、もう一つの理由があるのではないかと思ってきた。

人に自分に関する事実を披露したら、それで社会的な期待を実現することは多い。例えば、「頭痛がある」と言ったら、周りの人にはちょっと静かにしたり、眩しい光を目に当てないでしたりする期待が存在する。いる人は少ない場合、そのために言うことも多いだろう。しかし、仮に幼稚園児は数人いるとしたら、そしてお母さんたちもいるとすれば、言わないことにすることも多いだろう。「頭痛がある」と言ったら、お母さんたちは、子供に静かにさせるようにするのは予想できるし、そうするのは大変で、幼児が癇癪したり悲しんだりすることも予想できる。だから、何も言わずに我慢する。

このような隠し事は悪くないかもしれない。社会的に、周りの人が言った状況に配慮することは良いので、配慮する予想や期待があると良いと言える。心遣いや配慮は、特に日本で重視されている。ただし、そのような社会である限り、周りの人に配慮して隠さなければならない場合もある。

それは些細な問題には限らない。頭痛は些細なことだ。ひどい頭痛であれば、それを理由として退場したら良い。しかし、自分の人生にとってとても重いこともそうだ。例えば、親が亡くなったことを考えよう。もちろん、親のことを知っていた人に知らせなければならないが、例えば仕事関係の人には言わない。言ったら、期待が発生するからだ。しかし、そのような期待を発生させたくないので、自分にとってとても重いことであるのに、周りの人に配慮して言わない。

これ自体は悪くないと思う。誰でも乱れに言ったら、そのような発言を無視しなければならないことにもなる。それは、態度としてよくないし、癖としてもよくない。他の人の苦しみを無視する癖は、残虐な行為とさえ繋がりかねない。一方、隠すことが癖になったら、披露するべき身近な人に対しても隠してしまうだろう。

やはり、人生は全面的に複雑な存在である。

『第3回 神社検定 問題と解説』

この本は、去年の神社検定の問題集だ。回答と解説も付いている。

第3回で、参級から壱級は初めて揃っていたので、すべての試験を一緒に見ることができる。この本と第1回と第2回の問題集は、受験を計画する人にとってとても役にたつと思う。設問の形にちょっと馴染むことはできるし、どういうことを聞くかも、把握できる。ただし、回答と解説は、設問の直後に載っているので、練習問題として使うことはちょっと難しいです。特に、試験の状態を再現して挑戦することは難しい。

解説というのは、多くの場合公式テキストでのページ番号にとどまる。それで良いと思う。内容はもう簡単に入手出来るし、受験勉強をしているとしたら、もう持っているはずだから、効率の良い方法である。場合によって、間違った選択肢の間違いを詳しく指摘するとか、紛らわしい点を解明することもある。

設問を読み返すと、やはり詳細を問う設問は多いなと思った。前にも述べたが、この方法で設問するのは比較的に簡単になるが、試験として測ることは何であるかは、私は疑問視せざるを得ない。神道の理解を測定するのは目的であると思うので、記紀神話で出てくる鶏の名称を訪ねるのは本当に目標に相応しいのかは、疑う。しかし、このような詳細の問題の設問も難しい。この本には、設問別の正答率が載っているが、壱級では16.0%から100%までのばらつきがある。正答率は100%であれば、設問には問題はある。私は、日本論理検定協会で働いたとき、複数の検定試験の設問をしたが、そうならないように工夫するのは確かに容易ではない。さらに「理解を試す」設問にしようとすれば、なおさら難しくなる。

ところで、この本の後ろに興味深い統計が載っている。例えば、私はある意味典型的な受験生であることが分かる。受験生の3分の2は男性で、40代も一番多い。(国籍別の分析はないが、もしかして日本人3374人、外国人1人になるかもしれない。)そして、全国の会場があったが、東京の会場は970人で、全体の3分の1に近かった。この側面からも、私は典型的だった。佐賀県は3人しかいなかったが、各県で受験できるのは良いと思う。神社庁を使っていることは多いので、これは維持できるのではないか。

そして、参級の合格率は7割弱で相応しいと思う。弐級は2割弱だったので、低すぎたと言えよう。5割ぐらいまで引き上げたら良いかな。壱級は3割弱だったが、壱級として相応しい数値だろう。

ところで、7月6日付の『神社新報』には、今年の結果の概要が公表された。受験生は約3400人だったそうだから、第1回から続いていきた伝承には歯止がかかれた。それは予想の通りだろう。最初は、長年このような試験を欲しがった人は受験するが、第4回で普通の水準に安定するだろう。これから増加を目指せば良い。参級の合格率は4割程度だったので、ちょっと低いかなと思われる。弐級は、3割弱に上がったので、改善ができたと言えよう。壱級は去年と同じく3割弱だったそうだから、それはまだ相応しいと言える。

前にも述べたが、この試験の公式テキストは貴重なテキストになりつつあるので、この計画は続けて欲しい。受験したい人には、この問題集を強くお勧めする。