政治的な嘘

政治家が嘘をついているかどうかを判明するために、口が動いているかどうか見ろとは、イギリスの諺のようになっている。これは政治家には失礼だが、嘘をつく傾向はあると思われる。それはなぜだろうか。

まず、悪意で嘘をつく場合を排除したいのだ。もちろん、政治家のうち、不正なことをする人もいる。何の職業も同じだが、政治家の不正が明かされたら、広く報道される。頻度は他の職業より高いかどうか、わからない。しかし、職業の内容で嘘をつくことはあるのではないかと思う。

嘘が必要となることは判明されている場合があるからだ。

例として、戦時のことを考えよう。政治家の発表を聞くのは、国民だけではなく、敵国でもある。だから、敵国に勝つために、国民にも嘘をつかなければならない場合もあるだろう。軍団はどこへ行くかとか、戦の状態などのことはその範疇に入る。もちろん、嘘をつくことに至らなくても、隠蔽する事実は戦時に多い。

しかし、戦時の場合には限らないと思える。例えば、事実は広く知られたら、国民がパニックして、問題を悪化させて、解決を不可能とすることはある。それは、本当のことを言ったら、国民が自分の利益を誤解して、自分にとって不利な行動をすることが予想できる場合である。問題を解決するための時間を稼ぐために、嘘をついたり隠蔽したりする。

さらに難しい場合もある。それは、事実が知られたら、国民が自分の利益を冷静に守る。しかし、個人がそのようなことをすれば、一般的にさらに深刻になる状態も少なくない。例えば、銀行の資金が足りなくなったら、自分の利益を守るために、貯金を引き出さなければならない。それは合理的な行動だ。しかし、皆がそうすれば、銀行が破綻して、多くの人は大きな損を負う。一方、状態を隠蔽して、密かに回復すれば、誰も損を負わない。

だから、政治家の嘘を簡単に一概に悪いとは言えない。少なくとも、嘘をつく理由がある場合もあるのではないかと思える。

一方、すぐに許すべきではない。嘘をついたら、人の自由の一部を奪うからだ。事実がわからない人は、その事実を鑑みて行動を決めることはできなくなるからだ。小さな嘘は小さな自由の侵害に過ぎないが、大きな嘘は大きな侵害である。だから、嘘をつかない理由も常にある。だから、双方の理由を考察して、適切な行動を決めなければならない。場合によって、事実を言うことは、嘘より人の自由を奪うこともあるので、その場合嘘をつくべきであるとも言えると言いたいのである。

ただし、その判断は難しいし、自己防衛の嘘を重視する傾向も自然である。これも難しい問題である。