中祭の次第

さて、神産霊神社のことに戻る。中祭のための禊祓を描写したので、次は神事である。もちろん、特別な神事もあるが、一般の中祭をどうするかは、今回の話題とする。

禊祓が終わったら、まず潔斎殿から拝殿へ渡る。神職を先導に行進するし、後ろには神職や巫女が来る。つまり、小規模な行列になる。そうすると、非日常の感覚が維持されると思われるし、祭祀を厳粛に執り行うことは保障される。(中祭の場合、携帯電話などは、脱衣所のままであるので、それも安心させる。)

拝殿の中で、奥の右か左に進んで、一旦止まる。下がっている御簾の前で、神職が短い祝詞を奏上して、奥へ進むことを報告する。そして、後ろに来る神職や巫女が御簾を上げたら、参列者が進む。その後ろで、御簾をまた下げる。この扉の奥には橋があるので、橋を渡って幣殿に入る。幣殿で、奥の扉の前で祭祀を行う。まず、献饌の儀を執り行う。中祭の場合、略式ではないのが良い。つまり、三方に載っているお米、お酒、お水、お塩、そして直会に使われる海山の幸を備える。この間、音楽があると良いが、中祭の場合、演奏者は少ないだろう。架空な神社には予算問題はないのは確かだが、完全に現実と掛け離れると、勉強として意味はない。

それから、祝詞奏上がある。

次は、御幣の儀がある。それは、神前に供えている御幣を参列者の上に振って、神様の加護を象徴する事だ。複数の神社で見た事があるし、印象的である。

神楽を奉納すれば、舞乙女が幣殿の横側にある扉から出て、神楽殿に渡る。参列者は、幣殿の縁側に移って、横から神楽舞を見る。この角度から、斎庭をちらっと見えるのは良い。神楽があれば、鈴の儀も取り入れるだろう。それは、巫女が神楽鈴を参列者の上で振るう事だ。日枝神社で執り行われたが、もうないようだ。これも、神秘的な雰囲気を醸す。

実は、一つの選択肢は、神楽を中祭の必要な一部として位置付けることだ。しかし、神楽はまだ詳しく考えていないので、結論ありきで示したくないのだ。

神楽の後で、玉串奉奠がある。当然、参列者は一人一人玉串を奉奠する。(玉串も、後ほど考えたいことだ。)

徹饌の儀も執り行うが、神饌は直会に使われるので、必要である。徹饌の儀が終わったら、また神職の先導で拝殿を経て直会殿に行進する。

これで、神事がほぼ神社本庁の規定の通りに進める。ただし、神社本庁の規定で、中祭でも降神の儀に当たる部分がある。その点は、どうすれば良いかを、これから詳しく考えたいと思うが、その前に中祭の直会を考える。

瑞鳳殿と牡鹿半島

東北の旅の後半も仙台に始まった。伊達の廟である瑞鳳殿を見に行って、県立美術館にも行くつもりだったので、観光バスのるーぷる仙台に乗った。やはり、連休中に使おうとしたら、混雑するが、観光地を訪れるためには便利だし、運転手が見えることについて語ってくれる。その案内の中に仙台に住む有名人の噂話とか、「今右側に馬が見えるよ」とか、「地下鉄の列車が試験運転をしている様子は見える。皆様はラッキーです!」などもあったので、かなり面白かった。3回乗ったので、運転手によって違うことも分かった。

特に面白い話をしていた運転手さんは、途中で「ここから仙台港が見える。先日名古屋から来たお客さんによると、名古屋からフェリーに乗ったら、新幹線よりお得であることを教えてもらった。」と言った。それはきっとゆり子の母の話だろう。不思議だな。

家族が並木のある階段を登る瑞鳳殿は丘の上にあるので、ゆっくり歩いた。しかし、戦火にあった現物を再現した建物であるにもかかわらず、印象は良かったし、再築のおかげで伊達政宗の葬り方も分かったそうだ。県立美術館に行けたが、お昼を食べたら、ゆり子はささっと展示品を見ることしかできなかった。やはり、余裕は少ない計画がそうなる。仙台の全てを見るために、2泊は当然足りない。

真由喜には学校があったため、ゆり子と真由喜が先に帰ったが、母と一緒に私が石巻市に移動して、一泊した。ホテルは予想より大きかったので、石巻市はちょっと大きな街だよね。

翌日、金華山黄金山神社に参拝した。母と一緒に電車で女川まで行った。新しくできた女川駅は、7月に参拝した時に見えたが、駅前で商店街の建築が始まった。次回行ったら、女川でお昼を食べられるようになっているようだから、もしかして女川経由で行くことになるだろう。駅で、「なべちゃん」という海上タクシーの方が迎えに来て、港に送ってくれた。そして、寄磯という港だったので、道から金華山ははっきり見えた。

母が鮎川桟橋の柱を見る神社で被災地復興祈願祭を執り行ってもらって、また船で鮎川に行った。鮎川の復旧も進んでいるが、まだまだ道程は遠いようだ。桟橋はできているが、新しい商店街や市街地の準備はまだまだ初段階に過ぎない。鮎川でお昼を食べてから、海岸まで散歩したが、母は感動した。やはり、家などが建っていた道を歩いて、周りには何もない状態で、津波の強さを実感する。私が今でも東北へ旅する理由がよく分かったそうだから、よかった。

そして、路線バスで石巻市へ戻ったので、牡鹿半島全体を見えた。大変綺麗な地域であるので、観光が盛んになると良いと勝手に思っている。

新幹線に乗って帰ったので、東北の旅は全て楽しかった。

仙台と松島

東北の旅行の主な拠点は、仙台だった。私が旅行すれば、よく朝早く出発するが、今回は家族で行くことになっていたのでお昼ぐらいの東京発の新幹線に予約した。新幹線でお昼を食べて、仙台に着いたらすぐにホテルにチェックインした。1日目の予定は、ゆり子の母と晩ご飯することぐらいだったので、ゆっくりした。ただし、私の母は、ちょっと外に出て散歩したいと言ったので、地図を見て、ホテルに近い公園までの散歩に出た。

公園で、ゆり子と真由喜が舞台の上の踊りを観賞する公園に着いたら、「みちのくYOSAKOIまつり」が開催されていた。コンテストの途中だったので、公園に立ち止まって、30分以上踊りを楽しんだ。特に、名古屋からの団体がかぐや姫をテーマとした踊りを披露して、旗などを使って背景も組み立てたし、圧迫された。(写真は撮っていないし。夢中になったためだろう。)真由喜もこの踊りはお気に入りで、会場を出たら道で自分の創作踊りを披露した。

ビルの隙間から紫色の夕焼けが見えるそして、仙台駅に戻って、ゆり子の母と合流して、夕食した。駅前のデッキから、素晴らしい夕焼けが見えたので、それも写真を撮った。そして、せっかく仙台に来ていたので、牛タンを食べに行った。あいにく、母は牛タンのファンにならなかったが、私は好きなので、母が残して分も食べた。(体重がちょっと増えたけれども。)食べながら、ゆり子の母が、名古屋から仙台までフェリーに乗った話をした。時間がかかるが、お金はそれほどかからないという話だった。ゆっくり行く移動は、私も好きなので、いつか試すのかな。一方、電車の旅も好きなので、結局仙台は新幹線だろう。

とにかく、翌日は日帰り旅行を計画して、松島に行ってきた。天気は曇り時々雨だったが、雨はひどくなかったし、降らない合間も多かったので、充分楽しめた。松島海岸駅は11時過ぎに着いて、先に案内本で見つけたレストランに向かった。三連休の最中の日曜日に、さすがに松島は混むだろうと思ったので、お昼の工夫だったが、大成功だった。レストランが開店する瞬間に入って、最初は私たちだけだった。だから注文はすぐに来たし、美味しかった。私は、カキフライの定食を食べたが、ちょっと久しぶりだった。

それから、瑞巌寺を観光した。平成の大修繕の途中だから、本殿は見えなかったが、普通に公開されていない廟などは見えた。そして、大震災の被害を実感できた。瑞巌寺は、8年前にゆり子と一緒に訪れたが、その時参道を囲む杉林は印象的だった。しかし、津波の影響でその杉が枯れ、植樹工事が途中だった。数百年後、その前の姿が蘇るだろう。

松島の島の一つ。島には穴が見える。松島といえば、遊覧船だろう。瑞巌寺の後で、遊覧船に乗って、島を会場から楽しんだ。母は、グリーン券を買おうと言ったので、二階のグリーン席に座った。そして、一部後ろのデッキに出て、風景を楽しめた。

やはり、松島湾の島々は感動的である。イギリスにはそのような島は存在しないので、母にとって新鮮な経験になっていたようだ。ただし、風はちょっと強かったので、湾から出て太平洋になったら、船がかなり揺れた。島の上がり下がりも面白かったが、やはり真由喜がちょっと酔った。

仙台に戻ったら、夕食を食べて、ホテルに戻ったので、旅の前半はとても楽しかった。