税制

政府が住民に難しい計算などを課すのは、税制である。だから、一般的な人が社会に生きられるようにするために、税制を簡潔にしなければならない。

その第一歩は、簡潔な税制の必要性を念頭に置くことだろう。なるべく計算しやすい仕組みと、入手しやすい情報も重要である。そして、源泉徴収は簡潔化に向けて大きなことである。計算は、会社の会計士によって行われるので、知識と技能がある人に任されている。しかし、仕事以外の収入があれば、確定申告を提供しなければならない、という法律である。

確定申告を提出するために、一年間の歳入歳出を把握しなければならない。そのため、私はいつも帳簿に詳細を記入するが、そのような行動を一般に義務付けるのは良くない。できない人もいるし、大きな負担を感じる人もいる。一方、詳細の簿記は本人にも役に立つ。思わずの出費を抑えるし、将来のための計画を促すし、経済的な生活を楽にすることは多い。だから、帳簿を促すのは良いと言えよう。

これを踏まえたら、理想的な税制は次の通り。歳入歳出を把握しなければ、法律によって指定された税金を納める。しかし、確定申告を提出すれば、税金が減るので、簿記して、提出できる状態を確保するのは有利である。

この制度の問題は、指定の税金である。主な問題は、年収は100万円から1000万円の人に適応することだ。200万円に指定すれば、1000万円の人には少ないが、150万円の人は到底納めない。それに、低所得と低脳力が伴うことは多いので、一番手続きを避けさせたい人は避けられない。この問題の解決は今思い浮かばないが、さらに検討したいと思う。

そして、税制の解釈を考えたい。どの税制でも、解釈は必要である。例えば、必要経費の範囲に何が入るなどの問題は、必ずしも明らかであるとは限らない。だから、納税者が間違える場合もあると思われる。その場合、後で納税することになるだろう。しかし、その解釈は合理的であったら、滞納は納税者のせいではなく、税制を設定した政府のせいである。そのため、まず利子を徴収するべきではない。その上、金額は大きかったら、それとも納税するべき時点は過去に遡ったら、免除するべきだろう。急に予想していなかった金額の納付を依頼されたら、困る。逆に、誤解で税金を納め過ぎたら、還付金はもちろん、利息ももらうべきだし、説明には問題が認められたら、過剰還付金ももらうべきだろう。

確かに、国家が税金を全て還付すれば問題であるが、税制をわかりやすくするべきだ。その問題を税理士を雇う余裕はない住民に転嫁するべきではない。