降神の儀と昇神の儀

降神の儀は神様を迎える儀式で、昇神の儀は神様を見送る儀式である。前述の通り、神籬などの臨時斎場で祭祀を執り行う場合、降神の儀と昇神の儀の必要性は明らかだ。そうしないと、神様が臨席しないからだ。神道の祭祀は元々臨時斎場のみだったそうだから、降神の儀と昇神の儀が祭祀の一部だったに違いない。ただし、奈良時代から常設の神殿が普及し、常駐する神様の概念も広がった。その場合、降神の儀と昇神の儀の役割が曖昧となる。神様は常に鎮座しているので、迎える必要はないし、見送るのはむしろ失礼である。

現行の祭祀次第では、中祭以上の場合、神殿の扉を開けることがあるが、その時警蹕を唱えるので、やはり降神の儀の代わりになっている。しかし、意味は不明である。扉を開けて神様を迎えれば、小祭の場合神様はいないわけはない。神聖な区域を披露する意味もあると思えるだろうが、そうであれば開けるうちに警蹕を唱える意味は分からない。警蹕は、神様が動いている時に唱えるからだ。(伊勢の神宮の式年遷宮の遷御の儀の間、ずっと警蹕を唱えるような気がする。それは、神様が動いているからだ。)

では、神産霊神社の場合、どうすれば良いのか。降神の儀と昇神の儀は、神霊が動くことを象徴するように使用したいと思う。そして、神霊は本殿に鎮座することを基本的な考え方として取り入れる。先ほど神産霊神社の社殿の配置を描写したが、拝殿は本殿から遠い。だから、神霊を拝殿に招くことはあり得る。

拝殿では、三箇所で小祭を行うと述べたので、その三箇所に本殿からの神霊を招くと良かろう。その降神の儀は、祭祀ことに行うのではなく、朝の儀で降神の儀を行って、夕の儀で昇神の儀を執り行う。(朝の儀と夕の儀は、後ほど書きたいと思う。)そして、拝殿の掃除などは、神様がいないうちに行う。もちろん、簡単な片付けは常時に行うが、本格的な掃除は朝の儀も前か、夕の儀の後。昼間に急遽に必要となれば、昇神の儀を行うと良い。依代として御幣と御鏡を設置するとよかろう。

ただし、中祭の次第で、拝殿で祭祀を執り行う場所を通って、奥の扉から幣殿に渡る。神様を超えるのは失礼なので、工夫しなければならない。それは、中祭の参列者が小祭の場合に着くと、昇神の儀を執り行う。神様がいなくなったら、奥へ進む。そして、小祭を担当する神職がまた降神の儀を執り行う。出るとき、鈴を鳴らして、拝殿にいる神職に知らせる。そして、神職は昇神の儀を行うと、渡ってくる。一旦止まって、また中祭を担当する神職が降神の儀を行って、小祭の斎場をまた用意する。

中祭自体は、幣殿に神様を招くので、最初に降神の儀が必要となる。祭祀が終わると、昇神の儀を行う。神楽は神楽殿で舞うが、神楽殿は本殿から見える場所だから、神様は本殿から見ると見立てると良い。

このパターンを考えれば、神霊は常に本殿に鎮座する。昼間は、一般に拝殿にも鎮座するので、祭祀を厳粛の裏執り行う。幣殿には、普段神霊はいないが、祭祀を執り行う間招く。社殿の掃除などは、神霊はいない時期に済ませるのは常識だろう。

祭祀の構成

共食の儀を祭祀の次第に組み入れることにしたが、詳しくどこに入れるかは、まだ決まっていない。今回、祭祀の構成について考えたいと思う。

祭祀の前に修祓を行って、穢れを祓う。祭祀の後で、直会を行って、潔斎を解除して日常に戻る。この二つの儀式は必要不可欠であると言えようが、祭祀の部分ではない。祭祀の準備と祭祀の後片付けになる。

祭祀の概念は、神様を迎えて、持て成して、一緒になることであると言える。「賓信仰」という概念は柳田國男氏の研究だったと思うが、その様子は強い。神社の常設が決まったら、概念が変わってきたが、その神様との対面のような感じはまだ入っている。そこで、祭祀の部分を考えて、機能を確認したいと思う。

献饌の儀は、神様に食事を提供する儀式である。一方、徹饌の儀は、食事を片付ける儀式だ。

祝詞奏上は、祭祀の目的等を神様に説明する儀式である。

神楽は、神様を慰めたりする儀式だ。神様が対象となるのは重要である。(昔は、神楽で神様の憑依を招いたそうだが、最近の神楽にはその意味は一般になくなっている。)

玉串奉奠は、幣帛を神様に奉ることを象徴するし、自分の魂を神様に捧げてご加護をいただくことも象徴する。

共食の儀は、神様と一体化して、力や利益を得ることを象徴する。

そして、降神の儀は、神様を迎える儀式で、昇神の儀は神様を見送る儀式に当たる。ただし、常設の神社で祭祀を執り行う場合、この儀式の位置付けが曖昧になる。なぜなら、神様は本殿の中で常駐するからだ。神様はもはや降臨していれば、招く必要はない。神社本庁の式次第では、中祭以上の祭りで、本殿の御扉を開くが、それは降神の儀と相当する。ただし、その場合、小祭で行わないと、神様が降臨しないこととなるはずだ。もちろん、神籬で祭祀を執り行う場合、降神の儀は明らかに必要になるし、お守りの御霊入りの儀にも降神の儀は必要だ。神籬も内符も、儀式の前に神様の依代になっていないからだ。

降神の儀と昇神の儀を今回さて置くことにして、神様が臨場することを前提に他の祭祀の要素の組み合わせを考えよう。

まずは、祝詞奏上を早い段階で行うべきだと思われる。祝詞奏上で、祭祀の目的を明言するので、ご利益を頂こうとする儀式の前に、その利益が欲しいかを明確にするべく行うしかない。そして、玉串奉奠を共食の儀の前に行ったほうが良いと思わなければならない。玉串奉奠で、神様に対して奉るが、共食の儀で何かを頂くからだ。原則として、頂く前に奉る。しかし、祝詞奏上と玉串奉奠の順番は明らかではない。依頼を申し入れる前に何かを捧げることもあり得るし、先ず目的を明確にして、それから捧げ物を提供する順番も考えられる。

神楽などの奉納は、神様への供物の意味合いを持っている場合、共食の儀の前に行ったほうが良いと思う。ただし、玉串奉奠との関係も、祝詞との関係も考えなければならない。現行の祭祀では、玉串奉奠は締め括りのような役割を担っているので、それを受け継いでも良いと思う。つまり、複数の供物があれば、玉串奉奠を最後にする。玉串奉奠で、神様に芸能や物を捧げる行動が終わったことを示す。

では、祝詞の位置はどうすれば良いのか。流れを考えれば、玉串奉奠の後は良いのではないかと思ってきた。共食の儀はない祭祀では、玉串奉奠はご利益をいただく象徴も兼ねるが、共食の儀があれば、その必要はない。だから、まず神様に物を奉って、そして祭祀の目的を説明して、最後に一体になってご利益とご加護を頂く概念とすればよかろう。

では、次回降神の儀と昇神の儀の扱いを考えたいと思う。