椿堂26

大学の規則を詳しく調べれば、定型の議論は公開されるようだった。華多離菜はそれは当たり前であると主張したが、真理安の抵抗感はまだ強かった。人の前で自分の試験を行うことは嫌だそうだったが、仕方はなく、椿堂の門に知らせを張って、講堂で議論を行うことにした。当日の朝、表門を開くと、外で大勢の男子学生が待っていた。講堂に入らないぐらいの人数で学堂に入ろうとしたので、真理安も華多離菜も案内役に使役された。

「あら、例の少女たちだ。おはよう。」

「羽空理事、来てくださいまして、後光栄と存じます。」と真理安が迎えた。華多離菜は黙って、深くお辞儀した。

「いやいや、出席するのは当然だろう。このような機会は滅多にないよ。数百年ぶりの定型議論になるし、女子学生ばかりだ。楽しみにしている。そして、いた方がいいと思ったね。問題が起こらないように。」

「私たちは規則に従いますので、問題は起こさないように努めさせていただきます。」と真理安。

「あ、違う、違う。すみません。あなたたちのことは心配していない。今は気を尖らせて正しくしているので、問題をわざと起こすはずはないだろう。いいえ、問題の原因は別なところから。あ。きた。やっぱり。」

谷入警備長が警備隊と一緒に近づいてきた。

「この集まりは、無断である。すぐに解散しろ」と、挨拶せずに、真理安と華多離菜に命じた。

「警備長、そうではありません。」羽空理事が言った。

「私のところに許可申請が届いていないし、規則で学堂を超えて五十人以上が集う集会には許可が必要であると明記されている。解散しろ。」

「この集いは定型議論です。定型議論の規則で、規則で許可は定まっています。止めることはできません。しかし、傍聴者の案内に手伝ってもらえたら、この少女たちは助かると思います。」

谷入は憤慨すると言わんばかりな顔で理事に背向いて、後退したが、他の警備員は、羽空理事の指導で案内に仕えて、なるべく傍聴者を収容させた。羽空は講堂の前の方に座って、隣で二つの席を確保した。

「ね、真理安、華多離菜。自分の試験が終わったら、ここに来てね。一緒に進行を見ましょう。」

「いいえ、理事。私たちはそれほどの席で座る資格は持っていない。」と華多離菜が素早く断ったが、羽空は諦めなかった。

「資格って?私が依頼したでしょう。それはもう充分の資格になっています。頼みます。ここに来て、一緒に見学しましょう。」

真理安は華多離菜の方を見た。華多離菜はちょっと黙ってから、またお辞儀した。

「お言葉に甘えて。」と受け入れた。

「よし。待っているよ!」と笑顔で羽空が言ったが、二人は控え室に急いで向かった。

「それは、どういうこと?」真理安が聞いた。

「よく分かりませんわ。定型議論の過程を見守ることは、理事が仰る通り当然でしょうが、私たちと一緒に見ることは、不可解です。何か企んでいると思うしかありませんわ。気をつけましょう。」

「わかった。でも、まず定型議論だな。いやだ、すごく緊張する。」

「大丈夫よ。真理安なら、問題ありませんわ。」

「でも、皆が見るし。」

「真理安さんは最初ですから、すぐに終わります。」

「えっ?なんてこと?」

「真理安さんの定型議論は一番ですよ。確認したでしょうね。」

「いやだ。いやだ。いやだ。間もなくだよね。どうしよう?」

「真理安さん、大丈夫。では、恵純理英先生の準備はできているようですので、行っていらっしゃいませ。」