月: 2015年12月

椿堂26

大学の規則を詳しく調べれば、定型の議論は公開されるようだった。華多離菜はそれは当たり前であると主張したが、真理安の抵抗感はまだ強かった。人の前で自分の試験を行うことは嫌だそうだったが、仕方はなく、椿堂の門に知らせを張って […]

椿堂25

教室で真理安が一年生の練習を見守った。一人が手からお水を大量桶に注いだ。 「よし、できたね。」と真理安が言った。「ただし、やり方はちょっと微妙だな。その手振りは、最近の作法だよ。この試験には、600年前の作法が定まってい […]

椿同24

椿堂の門が閉まっている。パンと野菜を搬入する商人も門で荷物を学生に手渡して、塀の中へ入らせていただけない。肉を運ぶ商人は滅多に近づかないが、女子学生が喜んで出向いて、荷物を受ける。誰も入らないし、学生も外へ出ることが珍し […]

椿堂23

真理安が華多離菜の制服をもう一回確認したら、華多離菜が真理安の方を正した。 「心の準備はできた?」華多離菜が頷いた。「じゃ、行くぞ。」 真理安が扉に三回優しく叩いた。奥から声が届いた。 「入れ。」 二人が恵純理英の研究室 […]