ハワイアンズ

今週の月曜日は真由喜の小学校の振替休日になったので、二人で旅行に出かけた。今回は、真由喜が選んだ行き先だったので、いわき市にあるハワイアンズに一泊してきた。いつもの通り数ヶ月前に予約したので、真由喜が旅を相当楽しみにしいた。しかし、出発日が近づくと、天気予報が怪しくなってきた。前日になったら、予報を何回も確認して、真由喜に行けなくなる可能性を言った。だから、日曜日になったら、窓の外を心配しながら見た。

雪はなかった。JRのホームページで確認したら、雪が問題になっていなかった。踏切の問題で遅れが出ていたが、私たちが予約した列車まで影響は及ばなかった。だから、喜びながら、予定通り出発した。最近、いわきまでの特急列車ひたち号が品川駅から始発するようになったので、上野まで行く必要はなかった。2時間30分ぐらいの道のりだが、特急で快適にできた。下車は湯本駅だが、降りたら真由喜にはホームの足湯が気になった。あいにく、ハワイアンズへのバスに乗らなければならなかったので、その時試すことはできなかった。駅からハワイアンズまでのバスは無料だし、特急に合わせられるので、簡単に行けた。(ところで、新宿からの無料送迎バスもあるようだが、真由喜はバスで酔ってしまうので、主に電車にした。)

ハワイアンズで、すぐに提供された服に着替えて、お昼を食べに行った。ちょっと遅めに着いたので、営業中の飲食店は少なかったが、蕎麦屋さんはやていたので、真由喜が好きな食事はできた。(ところで、部屋番号で支払えたので、便利だった。)そして、部屋に戻って、水着を持ってプールへ向かった。プールで、「フィシュ・ゴ・ラウンド」という流れるプールがあるが、真由喜が気に入って、735回回った(と感じた)。浮き輪に浮いたり、ゴーグルをして潜ったり、ビーチボールをお互いに投げたりしたので、楽しかった。

晩御飯はバイキングだったし、真由喜の好きなポテトや唐揚げもあったので、真由喜は大満足だった。野菜も食べたし、私に「もっと野菜を食べなさい」とも戒めた。晩御飯の後で、夜のフーラガールショーに遅れそうだったので、ダッシュで会場に向かった。2階に上がることになったが、結局ちゃんと見れた。やはり、日曜日の夜は、それほど混んでいない。それでも、1階で座席は取れなかったので、客さんは結構いた。

ショーで、真由喜にはファイヤナイフの踊りが特に気に入ったようだ。その演奏で、火を手で取ることもあったので、驚いた。そして、火の妖精と氷の妖精が出た踊りも印象的だったようだ。

次の日の朝ごはんの後で、施設が開くまでに出る準備をして、開いたらすぐに流れるプールに入った。また数百回回った(はずだ)。そして、記念写真を撮ってもらって、お昼を食べて、またショーを見た。ショーの後で、帰る準備だった。帰りで、湯本駅で待つことになっていたので、真由喜はやっと足湯を試すことはできた。気持ちは良かったそうだ。

真由喜はいつも1泊の力の短さを嘆くが、やはり短く感じるね。その一方、ちょうど私の週末に入れたことは良い。そして、平日のハワイアンズはちょうどいい混み具合だった。寂しくなかったが、お昼の飲食店でも3人程度待てば注文できたし、座る場所も取れたし、プールで自由に遊べた。今年の春の親子旅行はかなり前倒しになったが、戦略として良かった。

では、次回を考えなければならない。