グラビアの基礎問題

閏年の閏日だから、神道と神産霊神社の流れの真最中に全く別な話題に入れる。

先日、グラビアの問題についての投稿を公表したが、その投稿で問題を捕まえることはできなかった。しかし、今何かを把握したので、書きたいと思う。

まず、おさらいする。グラビアで、(主に)女性が自分の体を不特定多数の(主に)男性の色欲の的として提供する。しかし、これで何が悪いかは、言い難かった。もちろん、モデルは搾取されたら、それは問題である。その上、現在なら、モデルは搾取される場合はむしろ多い方のではないかと思う。しかし、それはグラビア自体の問題ではない。それは現在の資本主義の蔓延する問題だし、グラビアに対する社会的な態度が拍車をかけるので、グラビアの業界では特に厳しいと推測できる。しかし、解消できる問題だ。グラビアのモデルや写真家は搾取されていなくても、何らかの問題が残ると感じる。一方、例えばスーパーの店員は、搾取されていなかったら、全く問題はない。やはり何か違う。

しかし、私の立場は、性的な行為は良いことである意見である。強いて言えば、グラビモデルになることは、行為の本質から考えれば、良いことなのではないかと思わざるを得ない。もちろん、性的な行為に対して批判的な立場をとる人なら、グラビアを批判するのは簡単である。私はそうではないので、難しくなる。

急に気づいたことは、視線には問題があったことだった。問題をずっとモデル側に探していたが、そうではない。問題は、視聴者に対することだ。(「読者」とはちょっと言えないね。)要するに、視聴者は搾取されているが、それはグラビアの本質に基づくことである。

説明する。グラビアを買う弾みになるのは、色欲である。これは間違いないだろう。しかし、グラビアは色欲を満足させない。一方、色欲は、人間にとって極めて強い本能的な意欲である。この意欲が行為を促せば、拒否できる人は実に少ない。最近の不倫騒ぎは多いような気がするが、それは明らかな証拠である。これほど強い本能をテコとして人に商品を買わせることは、よくないと思えないだろうか。

実は、賭博、煙草、お酒、麻薬も同じである。このような商売はいつも怪しく思われているが、その理由は人間の弱点を捕まえるからだと思う。煙草、お酒、そして麻薬は依存を利用するし、賭博は基礎心理を利用する。グラビアは、色欲を利用する。つまり、消費者を搾取する商法である。

これで、問題を感じることにやっと納得できる。このような商品であれば、色欲を利用せずに販売することはそもそもできないので、この問題は回避できない。そして、簡単に作成されたグラビアであれば、何か詐欺に近い行動に感じる。作者の努力が増すにつれて、問題意識が少なくなる。色欲だけではなく、美意識なども魅了しようとする作品は、それほど問題ではないだろう。その上、禁じるべきではない。人間の弱点を捕まえる商品であっても、そのような商品が欲しい人は少なくないし、自由を尊重すれば、買うことを許すべきだ。ただし、何かの制限を設けて、社会問題を最低限に抑えるべきなのではないか。煙草も賭博も同じだ。

他の人の意見は違うのではないかと思うが、これは私はグラビアに問題を感じる理由であると思うのである。