神籬

神籬というのは、神の臨時的な依代である。一般に元々木であったり、枝であったりとされているが、学者の間に諸説があるそうだ。それはともかく、現在の代表的な神籬は例えば地鎮祭で紙垂がつけられている榊の枝である。神産霊神社の拝殿では、三つの神籬を小祭のために設けることになっているが、その神籬の形について考えたいと思う。

すぐに聞かれたら、榊の枝を使って、紙垂をつける神籬は良いのではないかと思う。しかし、より深く考えれば、二つの考えなければならない要素がある。

一つは、直接に左右の神籬にしか該当する。中祭に参進する人はその場を通るので、昇神の儀を執り行ってから、神籬を物理的に退かさなければならない。そう考えれば、動かしやすい神籬は適切である。具体的に考えれば、御幣が動かしやすいし、依代として使われることは少なくないので、御幣を神籬として使ったらどうかと考えてくるだろう。

ただし、記紀を見れば、そして万葉集の祭祀の描写を見れば、より複雑な神籬は伝統的であると言える。根付けの榊を掘って、枝に鏡や勾玉、剣をかけて、そして木綿などで飾って立てることはあるようだ。だから、そのような伝統も受け継いで、取り入れたいと思う。

では、妥協案として、左右の神籬は、御幣とする、中央の神籬は、榊にする。

御幣は、ただ案に載せて、その前に案を設けて新鮮や玉串奉奠に必要な設備を用意する。(案の下に、薦を敷く。)この道具は、普段拝殿で収納しても良かろう。

中央の神籬は、榊たてのような道具には、大きめな榊の枝を立てる。そして、木綿の役割を担う紙垂をつける。それは、『古事記』によると、下の方の枝につけるそうだ。そして、上の方に糸を通した筒玉を飾る。その間に、参拝者に向かう鏡を飾る。そして、神籬の飾りが終わったら、周りに注連縄を巡らす。中央の神籬は、普通に退かさないので、問題にはならない。榊はもちろん毎日新しくしなければならないので、神域には榊を植えなければならない。

こうすれば、中央は明らかに上位になる。まず、正中にあるが、正中は上位の場所だ。そして、神籬も大きいし、飾りも目立つ。それでも、小祭の斎場であることには変わりはない。だから、中祭などの潔斎と直会に参加する余裕はないが、神社と深い関係がある氏子や崇敬者、または多額な初穂料を納める人は、中央の神籬での祭祀を許す。もちろん、そのような人はいなければ、それともある時点で一組しかいなければ、中央の神籬を使う。

このようにすれば、実践も尊重するし、伝統も尊重する。

清め祓え

朝の降神の儀を執り行う前に拝殿を清め祓えなければならない。神道の儀式の常識で、神様の降臨の前に祓えを行うことだ。しかし、その形式についてちょっと考えたい。

氏子祭の投稿で、参列者の祓えについて書いたが、禊祓を中心とした。しかし、拝殿を水に浸すことはできない。そのため、別な方式は使わなければならない。もちろん、大幣を振るうって祓える方法はあるが、それはちょっと平凡であるので、儀式の一部にすると思うが、全てであると薄くなるような気がする。

上棟祭などを見たら、切り紙や麻を撒く方式で建物を祓えることはある。しかし、そうすると紙屑などが部屋に残るはずだ。特に、参拝を開始する直前の儀式で使えば、参拝の前に再度掃除する余裕はないので、神から散らかってる状態で参拝者を迎える。祭祀として適切であると言えても、印象には問題があるのではないかと思うので、この方式は避けたいと思う。

最近、春日祭について読んだが、この祭の準備の一部として、清砂と言うものを土器に盛って置くそうだ。これは、適切な清め祓えになるのではないかと思う。神籬は三つあるので、祭主も3人となる。その3人にはこの清砂を置かせる。拝殿は、横に3部に分けられる。中央は、斎庭に向かうし、左右の方は奥への通路になる。三つも、奥の真中に神籬を設ける。清砂は、この三つの部分の四隅に置くし、正中の奥にも置く。最後の清砂は、中央の神籬の奥にもなる。これで、九つになるので、3人は3個ずつ置く。左右の二人は、外側の奥と手前に、そして中央の方の手前に置く。中央の一人は、中央の奥の三つを置く。順番は、まず端の手前と中央の奥の向かって左、そして端の奥と中央の奥の向かって右、そして最後に中央の手前と奥の真中を同時に置くと良い。

置く前に、その地位に立って、拝殿の中に向かって大幣で祓える。そして、清砂を置いて、穢れの侵入を防ぐ。それに、清砂を置くと、短い祓詞を奏上するのは適切だと思う。これは、普通の祓詞や大祓詞ではない。建物を祓えるので、それに適した言葉は必要である。ちょっと祝詞の作文の練習ができる状態になったら、試してみたいと思う。

もう一つの可能性がある。鈴の音には清める機能があると言われる。そう考えれば、清砂を置く前に、拝殿の中で鳴っている鈴で空間を清めることも考えられる。そうすれば、鈴を神楽に取り入れることはできる。氏神様の白幡八幡大神では、禰宜舞と言う神楽の第一部は祓えのためであるそうだ。ただし、私の神楽の勉強はまだまだ不十分だから、これについて何も言えない。とりあえず、可能性として覚えておく。

拝殿の祓えが終わったら、次は神籬の設置であるが、それは次回の投稿で考える。

降神の儀と昇神の儀

先に氏子祭について書いた時、神産霊神社での小祭は拝殿の神籬の前で斎行すると述べたが、その神籬は常設ではない。中祭以上の場合、参列者が通れるように一時的な昇神があるが、基本的に毎日の降神の儀と昇神の儀があるべきだと思う。この二つは神祭の小祭になる。

神祭は原則として夜間に行う。これも長い伝統があることだが、最近継承するのは、遷座祭ぐらいになっているような気がする。(新嘗祭や大嘗祭はまだ夜間の祭であるが。)この小祭は、夜明けの直前に降神の儀を、日暮れの直後に昇神の儀を執り行うべきだと思う。昼間には一般参拝を認めるので、この儀式でそれを開始したり閉幕したりする。

そのため、昇神の儀は拝殿の扉を閉めることで始まる。日没とともに、一般参拝を終了として、扉を閉める。この時点で参拝者を境内から追い出さないと思う。寧ろ、参拝者は拝殿の外から昇神の儀に立ち会うことができる環境を設ける。秘儀だが、扉越しに何かが聞こえたら、影の動きが見えても良い。

扉が閉まったら、祭祀に入る。別な修祓は必要としない。なぜかというと、この祭に奉仕する神職は、一日中清浄な状況を保つからだ。後日に祓え式の形式について考えたいと思うが、小祭の場合は別に必要としない。

そして、昇神の儀では、いつもとちょっと違う形をとると思う。まず、祝詞奏上をする。祝詞の旨はもちろん昇神してもらうことである。そして、神籬の前に設けられる案などを撤去する。神饌などを供えない。それから、神楽を奉納する。神楽は一人神楽にするが、神籬は拝殿の中で三つ設けるので、実に3人が奉納することになる。神楽が終わったら、警蹕の中で昇神をする。昇神が終わったら、神籬自体を片付けるが、もう依代ではなくなったので、祭は終わっている。

それから、拝殿の掃除はできる。神様はもういないので、特に心配せずに綺麗にできる。

降神の儀は、夜明けの前に斎行する。昇神の儀と同じように、始まる前に参拝者を拝殿の前で集めさせる。扉はまだ閉じているが、漏れる音などを経験することは許される。そして、祭祀は主に昇神の儀の順番の反対になる。まず、拝殿の掃除をするが、降神の儀の前に拝殿を清め祓えすることも必要である。そして、神籬を設置して、神籬を祓える。それから、警蹕とともに降神の儀を執り行う。次は祝詞奏上になる。神霊にこれからどうなるかを報告する必要があるからだ。その後、神楽を奉納して、案を設置する。最後に拝殿の扉を開けて、一般参拝を開始する。一般参拝の開始はおおよそ日の出と同じ時期にする。

これから、この小祭の詳細についてちょっと考えたいと思う。