女子神職と男子神職の比較

前回女性と男性の割合を比較すると言ったので、今回、そうする。まず、総合的な割合を表で見せる。

女性 男性
一般神職 25% 67%
実家神職 14% 10%
巫女等 21% 1%
兼職 8% 5%
進学 4% 4%
神社界後退 28% 13%

この表を見ると、不公平である事実は明白である。神職の資格を取得するために数年間(多くの場合、4年間)頑張った女性の28%が神社界で働かないことにする。それは奉職先は見つからないからか、神社界を知って関わりたくなくなるからかはとにかく、問題がある証拠である。それに、男性の67%が一般神職になれるが、女性の25%しかできない。兼務などを合わせたら、神職の資格を目指す男性から見れば、達成すれば神職として働ける確率は82%に登る。兼職することもあるが、それは全体的に珍しくない。一方、女性であれば、神職として働ける確率は47%に過ぎない。実は、この比較のため、実家神職を外した方が良い。実家神職は、大学などに入学する前から資格を取得すれば働けることがわかるからだ。生まれた時点から実家の神社で奉職する宿命を負っただろう。

そうすれば、女性の確率は38%で、男性の確率は80%になる。女性の確率は半分になっている。

そして、神職の資格を持つものの、神社でその資格を活かせない立場にさせられる確率は、女性であれば21%であるのに対して、男性である場合1%に過ぎない。もちろん、この多くは巫女奉職であると思える。巫女として奉仕することは、神社と無関係な仕事よりましであると認める。ただし、男性は神職として奉仕できる。女性には、その機会は少ない。

この数字を見れば、神社界には構造的な男女差別があることは疑えない。構造的な差別とは、個人的に「女性は神職になるべからず」と思う人がいるという意味ではない。構造的な差別は個人の態度と関係しない場合は多い。例えば、神社の潔斎殿では、浴室は一つしかない場合、女性を神職として奉仕させるわけにはいかないと思う神社もあろう。それとも、育児休暇を許さない制度があれば、女性にとって奉職しにくいだろう。このような事態は構造的な差別である。存在するかどうかは、自分の態度を見てわかるではない。統計を見て、あるカテゴリーの昇進は比較的に少ないことを発見してわかることだ。

確かに、神職になりたい女性は少ない可能性もある。資格を取得人の23%は女性である。その割合は低く見えるが、もしかしてそれは自然な割合だろう。すぐにその仮説は否めない。しかし、今回表示した数値は、神職になりたい女性の中の割合である。親は宮司ではなかったら、なりたい女性の38%しかなれる。男性は80%である。このような結末は知られているはずだから、女性が資格を取得することを避けてもわかれるだろう。

この問題を解決するべきだろう。私は解決するべきだと思うが、その理由について次回論じたいと思う。

女子神職の奉職状況

毎年、『神社新報』に神職の養成機関を卒業した新米神職の奉職先についての簡単な統計が掲載される。今年の分は先日発表されたので、2011年以降のデータを纏めて、分析しました。特に、神職の資格を持った女性の奉職について調べてきた。奉職先は次のカテゴリーに分けられている。

  • 神職(実家以外)。親の友人の神社に奉職する神職も含まれていると思われる。
  • 神職(実家)。親の後を継いで神社に奉職する。
  • 巫女や事務。神社で働くが、神職として働かない。この人は皆神職の資格を持っている。
  • 兼職。他の職業に就いて、神職として奉職する。
  • 進学。大学院に進むことは多い。
  • 神社界以外。神職の資格を持っているが、神社関係の仕事をしない。

6年間のデータを総合的に分析すると、下記の通りな結果がわかる。

神職として卒業する人の23%は女性である。そして、実家に奉職する神職の29%は女性である。一方、一般の神社に奉職する神職の女性の割合は10%にしか登らない。それと対照的に、巫女や事務の仕事の担う人の中、女性は87%をしめる。100%を占める年もある(平成26年、27年)。進学する学生の21%は女性である。神社界を出る資格者のうち、女性は39%を占める。

進学と実家での奉職の割合は、卒業の割合とそれほど変わらないと言えよう。しかし、その実家の29%の割合を考えよう。子供は一人いたら、男子はない確率は50%である。2人の場合、男子はない場合は25%。3人なら、12.5%だが、3人子供の家族は最近珍しくなってきた。つまり、その29%を見たら、もしかして息子は存在しない社家の割合とほぼ変わらないと推測できる。要するに、男子がいれば、男子を継続させると思われる。社家でも、女子を神職にさせるのは「仕方がない」場合に限るのだろう。

この統計を見れば、女性の神道での立場には問題があるのではないかと思うだろうが、別な割合を比較するべきであると思う。それは、女性のうち、何パーセントが一般の神職になるか、そして男性のうち、何パーセントであるか、という比較だ。その比較は、次回したいと思う。

分析についての注意:『神社新報』に掲載された数値を書き写した。ただし、出羽三山は平成25年から掲載されたので、含まれていない。人数は少ないので、影響はあまりないと思われる。そして、平成27年の発表で、皇学館大学の「神職(実家)」と「神職(実家以外)の数値は逆になったようだから、直した。他の講座で神職の資格を取得した人も含まれていないので、この結果があくまでも概要を見ることができる。

祝・10周年

では、10周年いなっている。これから、このブログをどのように続けるのだろう。

まず、必ずしも毎日更新することをやめることにした。時間の使用の目的をさらにはっきりすることにしたが、毎日の更新は必要ではないと思う。投稿を待ち兼ねる読者は多かったら別だろうが、そうではない。

そして、テーマを絞る。主に神道についての投稿と短歌の投稿にする。

短歌は、今まで通り、テーマは様々になる。頻度も上がるかもしれない。そうすれば、毎日の更新を維持できるだろう。(10年間以上続けてきたので、なんとなくできれば維持したいなという気持ちはあるね。)

神道のテーマは、単純に勉強した内容を説明することではなく、私の勉強や研究の結果に基づく考えを書くつもりだ。つまり、神道の解釈、神社界の現状についての意見、神産霊神社の構造の描写、神道的な倫理観の提供、神道の神学などの内容になる。これは、正統的で普通の内容ではなく、私の個人的な解釈や見解になる。なぜかというと、日本語で神道について知りたい人は、私のブログを読むべきではないからである。真剣に知りたい人であれば、神社検定の公式テキストを読んだ方が良いし、それはちょっと多ければ、日本語の入門書は多い。要するに、このブログを神道の入門として使う人はいないと思う。このブログである外国出身の人の神道見解を知ることはできる。

英語のMimusubiのブログで神道のことを英語で紹介するつもりだ。英語での神道の入門書は本当に少ないので、英語のブログで私の見解ではなく、一般的に正統性を持っていると思われることを紹介する。そうしないと、無責任である。その過程で、私は賛同できない側面に遭う可能性は高いのだ。実は、ほぼ確実である。(例えば、神社本庁は同性婚に反対しているが、私は賛成するので、反対する立場を神道の中でも取りたくない。)その私が納得しない内容も、英語で紹介するので、日本語でその難点をどう扱うかを考える。

そして、今こそ祝詞作文と挑戦したいと思う。教科書を持っているので、それを見ながら、下手な祝詞から出発してできるのではないかと思う。ブログで宣命書と万葉仮名で表記できるようにも務めるので、それは簡単ではないので、それを可能にするために数日更新を休む可能性もある。

つまり、神道に興味を持っていない方にとって、このブログがさらにつまらなくなると思う。しかし、ここで神道について考えることは、英語の方の神道紹介の企画に貢献するので、そうさせていただく。

宜しくお願い申し上げ致します。