元に戻る

お祓いの意味の一部は、元に戻ることだと言われる。お祓いを受けたら、本来の姿に戻るとも言われている。これも重要な役割としたいのだ。

何かの目的があれば、実現に向けて動く。ただし、多くの場合、直接に実現できない。例えば、幸せな家族の構築のために、まず相手を見つけなければならない。そして、家庭で暮らしたら、生活費のための収入も必要になるので、仕事もある。一緒の活動も重要だから、趣味なども共有することも多い。その結果、急に苦しい人生になっていることに気づいて、家族の状態は幸せではない事実を否めなくなる。このような状態は、目的のためにしていることがためになっていない結果であろう。最初は、この手法を選ぶのは間違いではなかったとしても、時間が経ったら、手法の絡み合いなどから問題が発生することは少なくないだろう。

しかし、その手法をすぐに止めることはできない。同じ目的はまだ持っているので、その目的のための手法を捨てるわけにはいかないように感じるのは当然だろう。その上、すべての手法を一気に捨てれば、確かに目的が遠くなってしまう。だからこそ、日常生活の中でこのような問題を解決するのは困難である場合は少なくない。

これでお祓いを使って、その解決の取り組みを可能とできるのではないか。お祓いで、今まで手法として集めた行動や約束を落として、元々の目的しか残す。そして、また一からその適切な手法を探す。儀式を中心とすれば、ただのストレス発散で投げ捨てることにはならないし、考えてから再建するので、さらなる問題を避ける可能性がある。確かに完璧な方法は存在しないので、今の問題の解決と取り組んで、さらに深刻な問題を起こすことはあり得る。それでも、今の問題と取り組まなければ、その問題が発展して、さらに深刻になることは少なくない。慎重に考えて、元々の目的を見つめながら決めたら、リスクを抑えることはできるのではないか。

この役割は、もう不要な束縛のお祓いに似ているが、相違点もある。主に、このようなケースで、束縛自体には問題を感じないこともある。手法を一つ一つ考えれば、特に問題はないと言えることはある。実は、そのようなケースは一番難しい。目的はまだ目指すし、すべての手法は、その手法だけを考えれば、目的の達成を支えている。しかし、すべてを一括で考えれば、目的に達成することはできない状態になっている。その場合、一つの束縛を解くではなく、元に戻って、計画を考え直す。もちろん、束縛を解くことは解決の一部になるが、その決め方は全体像に基づくのは大きな違いである。

つまり、神事ではお祓いは大きな役割を担うが、一般人生でも、この三つの役割を担わせたいと思う。

お祓いと再出発

お祓いで穢れを落とすことは、過去の問題から脱出することも象徴すると言えよう。罪悪感、心の痛みなどは、後遺症として人生を悪化させることは少なくない。お祓いは、このような問題の解決に貢献できるのではないかと思われる。

しかし、この問題はさほど簡単ではない。「その問題を過去に預けて、先へ進もう」というだけで解決できたら、大きな負担になるはずはないが、苦しむ人は少なくない。精神科医の指導や支援を受けて、やっと脱出できる人もいるし、数年間の経過でやっと回復した人もいるようだ。お祓いの儀式には魔法的な力があったら、解決にすぐに繋がるだろうが、その魔法の証拠はないだろう。より実践的に考えなければならない。

これで貢献できることは二つあるのだろう。

一つは、前回の約束の問題のように、儀式を挙げて、心の中の変化を外で表すことだ。このような行動にはある程度の効果があると言われるので、治療の最後として使えるかもしれない。その問題を過去のものとすることを公表して、周りの人の支えを頼む意味も含まれる。人間にとって、象徴的な行動の意味は大きいので、これを軽視すべきではない。

それでも、もう一つの役割の方が重要なのではないかと思う。それは、過去から脱出する許可である。過去の束縛から出られない理由の一つは、そのことをずっと担うべき気持ちになることは多かろう。これは特に罪悪感の場合見えるだろう。

現実的に考えたら、過去を変えることはできない。大きな犯罪であるとしても、いったん犯したら取り消すことはできない。だから、より良い世界を構築するために、その行動を繰り返さない決意も重要だし、被害を償うことも重要だ。このような穢れは、伊邪那岐神の黄泉の国の後の禊より、須佐之男命の高天原からの追放の方に似ている。その場合、罰もあったし、償うものもたくさん取られたが、そうすれば解放されて、また活動に戻れた。八岐大蛇の話はその後である。だから、いかに大きな犯罪を犯したとしても、繰り返さないように決意して、そしてできるだけ償えば、お祓いでそれを過去にして、これからの人生を続くこととする。実は、現在でも神社本庁に包括される神職が犯罪者の立て直しに努める。犯罪の場合はこうであれば、事故の場合はなおさらだろう。繰り返さないのは当然だし、償いは必要ではないと思う人もいるかもしれないが、このような構造があれば、やっと乗り越えるのは常識である環境を整える。

被害者の場合も同じようなことがある。もちろん、被害者には償う義務はないが、心理学的に回復することは難しい。環境として、永遠の苦しみにならないので、応援するというメッセージを組み込むと良いのではないか。これは、お祓いの概念として取り入れることの一つだと思う。

お祓い

神道では「お祓い」は重要な概念であるので、惟神道に取り入れるべきだ。その取り入れ方を、これから考えたいと思う。

お祓いの目的は、穢れを除外することだ。穢れは、「気枯れ」の語源から訛ってきたとも言われるので、ただの汚れだけではなく、自分の力がなくなることも指す。お祓いで、元の状態に戻って、体力も精力も復活する概念がある。その上、日常の付着物を落として、神様に近づける状態を整える。

神社にお参りする前にお祓いをするのは当たり前だろうが、その当日に体を洗うことを基本とするのはよかろう。毎日のお参りも原則としているので、体の清潔の確保になるので、単純な利益もある。同じように、手水を必ずすることも重要だが、これはお参りの作法の一部であるので、特別な意味はあまりない。

お祓いは、問題を起こしている付着物を落とすための儀式であると考えたら、一つの使い道が思い浮かぶ。人間は、長期的に続く企画を実現するために、諦める誘惑を拒否しなければならない。そのため、必ず続くような約束や束縛は必要であるし、役にたつ。一方、状況が変わる場合もあるし、最初から間違えた場合もあるので、その束縛から脱却する方法も必要となる。しかし、その方法は簡単であれば、束縛が意味を失う。約束を破れることを難しくしないと、効果は期待できない。

お祓いは、その約束を捨てる方法として使えるのではないか。つまり、目的は問題になった場合、その事実をちゃんと見つめる必要がある。それでも辞めたほうが良いと判断すれば、お祓いの儀式を計画する。お祓いを行う前に辞めるわけにはいかないが、普段はもう少し続けることで、本当にやめるべきであるかどうかは確認できる。緊急の場合は別だ。緊急であれば、お祓いを後にするが、緊急は「この計画はよくないな」のような気持ちではない。例えば、ダイエットをすれば、すぐに辞めたら意味はない。一方、ダイエットの効果は薄いし、気分に悪影響を与えると思う場合、やめた方が良いのではないか。その場合、お祓いを行ってから辞めたら、その時点のケーキの誘惑のせいで止まない。

このような役割は心理的に効果があると思える。自分に許可を与える方法として使ったら、辞めたくなったら、儀式まで待つことができる。ちょっと待ったら、その計画の目的を思い出して、あきらめない方が良いことも思い出す場合もある。つまり、ある程度考えてから計画を修正する。この考え直しの時間を確保することは、重要な役割になる。