月: 2016年5月

お礼参りの頻度

前回述べたお礼参りの原則は毎日だったが、それは厳しいのではないかと思われるだろう。今回、その基準について論じたいと思う。 まず、ちょっと難しい目標を立てるのは良い。全然努力を感じない場合は、魅力も薄くなるし、達成感もなく […]

お礼参り

惟神道を構成する場合、印は必要であるとも言える。つまり、この道を歩んでいる人であることを、周りに見せるための行動は必要である。同じように、同じ道を歩む人同士で認め合うために、何かの印は必要である。その印はその人によって選 […]

惟神道の輪郭

惟神道はどのような形をとるのだろうか。もちろん、日本語で単数と複数は文法的に区別されていないので、この惟神道は一本道ではないことを言っておく。中心に見据える神様によって詳細は異なるのは当然であるので、私は私が縁を感じる高 […]